« 食良品館、食品スーパーとダイソーが融合! | Main | ペプシコ、インドラ・ヌーイCEO退任! »

December 08, 2018

ペプシコ、PEPWORXでクローガーのMD支援!

Using data to help retailers get closer to customers:
PepsiCo’s Pep Worx data and analytics platform used by such chains as Kroger, Dollar General

・SUPERMARKET NEWS:Aug 31, 2018
・An advanced data platform from PepsiCo is helping supermarkets and other food and beverage retailers get to know their customers better.
・Called Pep Worx, the cloud-based data and analytics solution assists retailers in making more informed decisions on PepsiCo product assortments, merchandising and other point-of-sale areas by identifying valuable shoppers by location.
・Purchase, N.Y.-based PepsiCo — whose brands include Pepsi, Frito-Lay, Quaker, Lipton, Tropicana, Gatorade, Mountain Dew, 7Up and Aquafina, among others — uses Pep Worx in-house to zero in on valuable shoppers and then works with its retail partners to bring its brand programs and innovations to life at the store level.
For example, Pep Worx helped PepsiCo identify 24 million households from its data set of 110 million U.S. households that were the best fit for Quaker Overnight Oats, a single-serve cup of dry oats soaked overnight in milk or yogurt in the refrigerator to provide a healthy, cold breakfast cereal by the morning. The company then mapped these households against shopping venues — both brick and mortar and online — where these consumers were most likely to shop.

PEPWORX :Trademark Information:
・Last Applicant/Owner:Frito-Lay North America, Inc.Plano, TX 75024
・Status/Status Date:FIRST EXTENSION - GRANTED:6/15/2018

PI研のコメント(facebook):
・ペプシコが6/15、PEPWORXの商標登録を取得し、クローガー、ダラーストア等、食品を扱う小売業へのマーチャンダイジング支援サービスをはじめました。SUPERMARKET NEWSの8/31号の配信記事に詳細が報道されています。同様な仕組みは数10年前のウォルマートのリテールリンクに近いといえますが、ID-POS分析を駆使し、全米の菓子、飲料関連を網羅していますので、市場調査機能も兼ね備えており、新時代のマーチャンダイジング支援サービスといえます。ちなみに、その規模ですが、「24 million households from its data set of 110 million U.S. households 」とのことですので、2,400万世帯/全米1億1千万世帯のID-POSデータとのことですので、規模、精度ともに高いといえます。さらに、「both brick and mortar and online」と、サイバー&フィジカルにも対応しているとのことです。事例ではシリアルについて、冷蔵庫で一晩、牛乳やヨーグルトに漬け、朝食にする世帯の分析結果などを上げていますが、このような様々な分析支援がクローガーではじまったとのことです。これまでは小売業がデータをメーカーに公開し、提案をもらうというスタイルが一般的だったといえますが、ペプシコは逆、オンラインも含め、自らデータを収集し、小売業に提案といえ、メーカーから小売業支援の新たな動きがはじまったといえます。いわゆるMD研究会の終焉ともいえ、いずれ、日本でも同様な動きが起こるのではないかといえます。日本のメーカー、自ら商標登録をし、どこがその一歩を踏み出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_830人!
 3.2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

December 8, 2018 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ペプシコ、PEPWORXでクローガーのMD支援!:

Comments

Post a comment