« AR(拡張現実)が日経ヴェリタスに登場! | Main | ペプシコ、PEPWORXでクローガーのMD支援! »

December 07, 2018

食良品館、食品スーパーとダイソーが融合!

食品スーパーと「ダイソー」融合ひらせい、食良品館新津店開業:
・新潟日報:12/5
ひらせいホームセンター(新潟市西区)は、運営する食品スーパーと100円ショップ「ダイソー」を融合させた店舗づくりを進める。4日に両店の売り場を一つにまとめた「食良品館」の新津店(同市秋葉区)を新築オープン。食品売り場に100円の生活用品を充実させて、買い回りにつなげる。将来的にはダイソー商品の売り上げを現状の20億円から30億円に引き上げる狙いだ。
・食品とダイソー商品の融合店舗は昨秋、長岡市内に初めて本格導入し、今回は2件目。日用品への節約志向が続くことを背景に、増改築などの際に融合店舗を増やしていく。同社はダイソー商品とHCとの連携なども進めている。清水泰成副社長は「食品と日用品をワンストップで買える売り場は利便性が高く、顧客の需要も多い」と話した。

ひらせいHC 全店に「農業女子」向けコーナー:
・日本経済新聞:2016/11/11
・ホームセンター県内大手のひらせいホームセンター(HC、新潟市、清水泰明社長)は店舗戦略の見直しを進める。農作業を楽しむ女性「農業女子」を対象にしたコーナーを全店舗に設け、カラフルな女性向け商品数を増やす。今後の新規出店では、同一の建物内に複数の業態を集約して「ついで買い」を増やし、売り上げアップを狙う。出店を加速するドラッグストアなどとの競争が激化する中、機動的なテコ入れ策を講じる。
・出店戦略も見直す。これまでは主に幹線道路沿いの広い敷地に、ホームセンターや食品・飲料の「食良品館」、100円ショップ「ザ・ダイソー」などの店舗を独立した建物として並べて展開。今後はこうした複数の業態を同じ建物に集め、同一のレジを用意する。 店ごとに会計をする必要がなくなることに加え、「同一建物にすることで様々な店舗で買い物を楽しむ客が増える」(清水社長)見込み。今年度に新形態の2店舗ほどを出店する方針だ。

PI研のコメント(facebook):
・ドラッグストアが食品を取り込み、成長著しい中、食品スーパーはどうドラッグストアに対応するか、その答えのひとつが12/5にオープンした食良品館、新津店といえます。 「ひらせいホームセンター(新潟市西区)は、運営する食品スーパーと100円ショップ「ダイソー」を融合させた店舗づくり」とのことで、「食品とダイソー商品の融合店舗は昨秋、長岡市内に初めて本格導入し、今回は2件目」とのことです。食品スーパーは以前は雑貨売場もそれなりに充実を図っていましたが、ここ最近はドラグストアの隆盛により、競合の激しい店舗は大幅に雑貨売場を縮小、その分、生鮮、日配を増やす傾向がありました。食品スーパーに雑貨は必要なのか、収益を生むことができるのか、ここは大きな課題であったといえます。ひらせいホームセンターはこれに対して、ひとつの回答を出したといえます。平均100円という食品スーパーの1/2の平均価格に絞った雑貨であれば可能ではないかという視点です。通常、雑貨は食品スーパーの2倍の平均価格ですので、全く逆の発想です。実際、ダイソー他、キャンドゥなどと共存する食品スーパーは多いといえ、相性は良かったといえます。ひらせいホームセンターはこれをさらに踏み込み、新業態へ挑戦したといえます。今回の新津店が2号店とのことですので、今後、さらに、この新業態に磨きがかかるといえ、今後の展開に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース!
    2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_800人! 事務系」(同+8円、+0.7%)など全職種でプラスとなった。

December 7, 2018 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67457219

Listed below are links to weblogs that reference 食良品館、食品スーパーとダイソーが融合!:

Comments

Post a comment