« 新日本スーパーマーケット 同盟、始動! | Main | ウォルマート、買い物の音を収集分析する特許取得! »

December 27, 2018

無印良品、冷凍食品に本格参入、ヒット!

無印、初の「冷凍食品」が大ヒットした舞台裏:
・東洋経済 ONLINE:12/25
・韓国風のり巻きのキンパに小松菜の白和え、もち麦を使ったおにぎり――。無印良品が2018年9月末に50品目をそろえて発売した冷凍食品。発売直後から複数の店舗で品薄の状態となり、商品の発注頻度を一時的に増やすなど、想定以上の売れ行きとなっている。(無印良品の冷凍食品の中で、売り上げナンバー1の韓国風のり巻きの「キンパ」。一口サイズに切り分けられているため、食べる分量だけを解凍できる。)
・カレーとお菓子頼りだった食品分野:
・化学調味料は使わない:
・その1つが化学調味料を使わないこと。通常、冷凍食品は濃い味付けにするため、化学調味料で味を調整することが多い。化学調味料を使わずにどう味をまとめるか、委託先のメーカーとレシピの協議を重ねた。
・中身が見える透明パックに対するこだわりも強かった。「封を開けたら、想像よりも量が少なかった」「イメージと違った」といった客の失望を防ぐため、品質管理の面で支障がないかぎり、無印では食品の包装に透明パックを採用している。冷凍食品は出来上がりのイメージを全面に載せたアルミ包装を使うことが多く、その点でもメーカー側の理解を得る必要があった。
新たな顧客獲得につなげる:

SEJ:食の外部化ニーズへの対応(新レイアウト拡大):
・セブン&アイH:中間決算より
・SEJ:食の外部化ニーズへの対応(新レイアウト拡大)
・冷凍食品 111.0%(既存店) 139.1%(新型店) +28.1% 麺類・その他 107.9% 112.2% +4.3% FFフライヤー 108.8% 111.6% +2.8% 調理パン 105.1% 110.9% +5.8% デリカテッセン 106.0% 108.8% +2.8% 生活デイリー 104.9% 108.6% +3.7%

PI研のコメント(facebook):
・無印良品を展開する良品計画が冷凍食品を本格展開、ヒットとの記事が12/25、東洋経済 ONLINEでリリースされました。タイトルは、「無印、初の「冷凍食品」が大ヒットした舞台裏」です。約50種類の冷凍食品を展開、ポイントは、「化学調味料を使わないこと」と「 中身が見える透明パックに対するこだわり」の2点だそうです。冷凍食品の情報誌、冷凍食品エフエフプレスによれば「9月新発売の「無印良品」冷凍食品! 直近1カ月の売れ行きベストテン」を公表していますが、No.1は「第1位 もち麦ごはんの枝豆塩昆布おにぎり:80g×5個、税込490円」、おにぎりだそうです。冷凍食品はコンビニでも本格強化がはじまっており、特に、セブンイレブンでは冷凍食品を強化した新レイアウトの数字は冷凍食品が既存店111.0%に対し、新型店は139.1%だそうです。冷凍食品強化はその意味で重要な成長戦略商品となったといえ、良品計画もその流れにのり、さらに、差別化を鮮明にしたことにより、ヒットにつながったと思われます。良品計画、店舗の内、まだ11店舗とのことですが、今後、急激に店舗数が拡大すると思われます。店舗数の拡大とともに、品揃えがどう変化してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_830人!
 3.2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

December 27, 2018 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無印良品、冷凍食品に本格参入、ヒット!:

Comments

Post a comment