« 消費増税、小売業界団体、混乱懸念! | Main | ドラッグストア、RFIDの実証実験、2月! »

February 07, 2019

いよいよ、PALTAC支援、レジ無し1号店、薬王堂へ!

「Amazon Go」型店舗一気に普及へ 米AIベンチャー日本に3000店
・日経XTREND:2018/10/12
・「Amazon Go」型店舗が日本で一気に普及しそうだ。AI(人工知能)を活用した無人店舗の構築サービスを手掛ける米スタンダード・コグニションは2019年夏、同社のシステムをドラッグストアチェーンの薬王堂の仙台泉館店に導入する。日経クロストレンドは米国でオープンした実験店舗をいち早く体験した。
・スタンダード・コグニションが薬王堂の仙台泉館店に導入するシステムでは、入店して商品を手に取り、退店するだけで決済が完了する。提携先である医薬品などの卸売業大手のPALTACと協力して同社の取引先にシステムを導入していく。実験の結果から、2019年中旬までに郊外の大型店舗でのシステム実用化を狙う。その後、20年夏までに国内3000店舗への導入を目指す。
・店内にある商品は形状やパターンをAIが学習する。膨大な商品数を学習しなければならないが、「特許を取得する方針のため詳しくは話せないが、迅速に学習できる技術を開発した」とサスワル氏は話す。商品の入れ替わりが激しい大型店でも、随時学習して対応できるという。
・必要なカメラの台数も3000~5000台といわれるAmazon Goに比べて、非常に少ない。「日本の一般的なコンビニであれば、25~30台のカメラで実現可能だ」とサスワル氏。スタンダード・コグニションが米サンフランシスコに出店するレジなしコンビ二は27台のカメラを設置しているという。
・米での実験店舗は1人ずつの入店:
・ウォルマートなど、省人化へ異なるアプローチ:

PI研のコメント(facebook):
・昨年7月にPALTACが公表した「画像認識及び無人レジ技術の知見獲得に向け契約を締結」の話が具体化してきたようです。日経XTRENDにて「「Amazon Go」型店舗一気に普及へ 米AIベンチャー日本に3000店」との記事が10/12に公開され、薬王堂の仙台泉館店にて1号店が今年、中旬にオープンするとのことです。Amazon GOのライバル企業、スタンダード・コグニション社が手掛ける仕組みであり、同じ画像認識で商品を判別することになりますが、「必要なカメラの台数も3000~5000台といわれるAmazon Goに比べ」、「日本の一般的なコンビニであれば、25~30台のカメラで実現可能」とのことで、2桁違うとのことです。ただ、「膨大な商品数を学習しなければならない」点は同様で、事前に大量の画像データを学習させる必要は変わらないとのことです。PALTACにとっては日本での1号店となり、計画では、今後、「20年夏までに国内3000店舗への導入を目指す」とのことですので、この店舗での実験が成功するかどうかが大きなカギを握っているといえます。まだ、薬王堂のオープン日は公表されていないようですが、いつ、オープンするか、今後のスケジュールが気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース!
    2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_800人! 事務系」(同+8円、+0.7%)など全職種でプラスとなった。

February 7, 2019 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67666716

Listed below are links to weblogs that reference いよいよ、PALTAC支援、レジ無し1号店、薬王堂へ!:

Comments

Post a comment