« コストコ、20年、26店舗、5,000億円! | Main | ウォルマート、クローガー、アマゾン! »

February 02, 2019

マイクロソフト、日本の流通業へ本格支援!

流通業のデジタルトランスフォーメーションを加速する支援策を発表:
・マイクロソフト:1/29
・マイクロソフトは、Walmart や GAP、Kroger、Walgreens Boots Alliance などの米国での流通業各社とパートナーシップを結び、Microsoft Azure をはじめとするクラウド、AI、IoT などを活用した各社のデジタルトランスフォーメーション推進を支援しています。マイクロソフトは、昨年 Adobe や SAP と発表した Open Data Initiative で表明したように、自社だけでなくパートナーによるソリューションを通して、流通業各社と競合することなく、流通業各社がデータを活用した高度な分析や業務の最適化、生産性の向上や新たなサービスが提供できるように、世界各地の市場の状況にあった施策を提供しています。
・日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)は、最新テクノロジとデータを活用してビジネスモデルを変革し、顧客志向で革新的なサービスを提供する次世代店舗モデル「Smart Store」の実現に向けた支援策を提供開始します。今回の支援策は、日本の市場特性を考慮した取り組みを施策にまとめて提供する日本独自の活動です。
・現在、日本の流通業では、急速に変化していくビジネス環境への迅速な対応が求められており、当社ではこうした課題の解決および流通各社が競争力を発揮していくための支援を行います。今回の支援策は、以下の 3 つから構成されます。

1. 「Smart Store」リファレンスアーキテクチャーの提供(無償):

2. 「Smart Store」技術者育成プログラムの提供:

3. 新規ビジネス開発支援:

PI研のコメント(facebook):
・マイクロソフトが1/29、「流通業のデジタルトランスフォーメーションを加速する支援策を発表」とのニュースリリースを公表しました。「日本の市場特性を考慮した取り組みを施策にまとめて提供する日本独自の活動」とのことで、日本の流通業へ特化した本格支援のサービスとのことです。ポイントは3点、1. 「Smart Store」リファレンスアーキテクチャーの提供(無償)、2. 「Smart Store」技術者育成プログラムの提供、3. 新規ビジネス開発支援です。いずれも、Microsoft Azureが基点になっており、クラウドの付加価値化の一環といえます。AmazonのAWSに対抗するマイクロソフトの独自サービスといえます。また、これらの背景には、「Walmart や GAP、Kroger、Walgreens Boots Alliance などの米国での流通業各社とパートナーシップ」で培われたノウハウがあるといえ、そもそも、AWSに対抗するためのアライアンスの延長ともいえます。日本では、「イオン、トライアルホールディングス、ローソンの3社が賛同」とのことで、当面、この3社を主体に動いてい行くことになると思われます。マイクロソフトが日本の流通業に照準を合わせたことにより、Amazonがどう動くか、イオン、トライアルホールディングス、ローソンのライバル企業がどのような選択をするか、いよいよ、日本の流通業も本格的なデジタルシフトの大波に入ったといえそうです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.New、リリース!
    2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_800人! 事務系」(同+8円、+0.7%)など全職種でプラスとなった。

February 2, 2019 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62283/67648667

Listed below are links to weblogs that reference マイクロソフト、日本の流通業へ本格支援!:

Comments

Post a comment