« 小売業、投資家から厳しい評価! | Main | エフピコ、第3四半期決算、増収増益、「生から惣菜」好調! »

February 20, 2019

「生から惣菜」、新ジャンル?

中食で静かなブーム、「生から惣菜」って何?
・東洋経済ONLINE:2/17
・激戦続きの中食市場に、意外なジャンルから新商品が登場した。耐熱性の高い容器に生の肉や魚を入れ、電子レンジだけで調理することを可能にした「生から惣菜」シリーズだ。これを開発したのは、食品トレーや弁当・総菜容器の最大手・エフピコ。同社の佐藤守正社長は「調理済みの総菜を温めて食べる時代ではない」と語る。メニュー提案もしながら、食品メーカーやスーパーに「生から惣菜」シリーズとして売り込んでいる。容器はエフピコが提供し、食品メーカーが総菜を作り、スーパーで販売する。この3者が共同で総菜を開発することもある。寒さが厳しい今の季節、プラスチック容器で煮込んだ鍋料理が人気を集めそうだ。
・110度まで耐えるプラスチック容器:
・このレンジ調理品に使用されているのは、どこにでもあるプラスチック容器ではなく、エフピコが開発したマルチFP容器と呼ばれる高耐熱容器だ。従来のプラスチック容器は耐熱性が低く、高温で長時間レンジにかけると変形したり、溶けたりしていた。また、料理を温めることは可能でも、煮込むことはできなかった。しかし、マルチFP容器は110度までの熱さに耐えられるので、レンジにかけても容器が変形することはない。断熱性にも優れており、加熱直後に容器を手で持っても熱くない。
・1人暮らし世帯の増加が追い風に:
・1人暮らし世帯や高齢世帯は、調理をするよりも総菜を買ってきて食べることが多い。こうした世帯が「生から惣菜」の主要顧客になりうる。今のところ、スーパーでの販売が多いが、2018年にはローソンやセブン-イレブンが試験販売を行った。今後、コンビニでも正式に採用されれば、さらなる販売増につながる。
・目標は売り上げ5倍増:
・今後の目標について同社ストア支援事業部の前田知司ジェネラルマネージャーは「『生から惣菜』がどの店でも当たり前に売られている状況を目指す」という。

エフピコ、2019年3月期 第3四半期決算短信:
・特にマルチFP容器は、惣菜容器や弁当容器などとして採用され、特徴である断熱性を生かした「生から惣菜」などの電子レンジ加熱による今までにない商品開発が可能となったことで、食品小売店での新しい売り場づくりの提案に合わせて採用が広がっております。

PI研のコメント(facebook):
・「生から惣菜」、これは食品スーパーの新たなラインロビング、新部門となる可能性を秘めている動きといえます。食品スーパーの歴史はラインロビングのの歴史と言っても過言ではなく、現在、青果、精肉、鮮魚、日配、加工食品、雑貨、・・等、10部門を超えています。ここ最近、酒、薬等が加わり、さらにラインロビングが拡大していますが、いずれも売上構成比約10%前後と、これがそのまま部門別管理となり、事業全体のポートフォリオを構成しています。ここに、今回の「生から惣菜」という、新たなラインが加わる可能性を秘めた動きといえます。すでに、成城石井では、これが部門確立されたといってもよいくらい品揃えが充実、日々、新たな商品が生み出されているといえます。特に、この「生から惣菜」は、エフピコの「マルチFP容器」という技術革新が生み出した新部門といってもよく、食品スーパーでは生鮮食品、加工食品を統合、さらに、惣菜をも組み込み、本来、食品スーパーが目指すべき、食生活の完結、完成商品といってもよく新ジャンルといえます。しかも、創意工夫次第で商品開発は無限といえます。しかも、「エフピコは2014年より、「生から惣菜」シリーズの営業を開始」と、まだ、数年前にはじまった動きですので、今後、さらなる進化が期待できます。「生から惣菜」、今後、どのように普及していゆくのか、食品スーパーはもちろん、コンビニ、ドラッグストア、百貨店、そして、ネット、外食等、食を扱う業種、業態の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_830人!
 3.2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

February 20, 2019 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「生から惣菜」、新ジャンル?:

Comments

Post a comment