« エフピコ、第3四半期決算、増収増益、「生から惣菜」好調! | Main | ウォルマート、本決算、財務改善にシフト! »

February 22, 2019

株式、個人取引にAI、松井証券、Smart Tradeに出資!

株式会社 Smart Trade との業務・資本提携に関するお知らせ:
・松井証券株式会社:1/28
・松井証券(以下「当社」)は、株式会社 Smart Trade(本社:東京都千代田区、代表取締役:内田 友幸、以下「Smart Trade」)と資本提携を伴う業務提携を行うことを決定しましたのでお知らせいたします。
・業務提携・資本提携の目的および内容 :
・Smart Trade は、株式投資アルゴリズムの開発、販売のプラットフォームである「QuantX(ク オンテックス)」の提供を主たる事業としています。「QuantX」は、エンジニア向けの売買アルゴ リズム開発プラットフォーム、および開発したアルゴリズムを個人投資家に販売するプラットフ ォームです。これまでに 600 人以上のエンジニアが 1,400 を超える売買アルゴリズムを開発して おり、継続的に新たなアルゴリズムを提供しています。個人投資家は、「QuantX」を通じて売買 アルゴリズムを購入すると、株価予測に基づく「買い銘柄」「売り銘柄」の売買シグナルを受け取 り、株式取引に活用することができます。
・この度の業務提携では、まず、当社顧客向けに「QuantX」を紹介するサービス連携を開始しま す。同サービスを当社顧客の株式取引に有用な情報ツールのメニューとして提供することにより、 取引の活性化を通じて当社業務の拡大を図ってまいります。今後も、当社顧客向け専用サービス や新しい金融商品・サービスの開発等に両社が協働して取り組み、取扱商品・サービスの拡充を 図ってまいりたいと考えております。
・また当社は、本業務提携の推進力を高めるため、Smart Trade への資本参加を行うこととし、 2019 年 1 月 25 日に業務提携契約、同 1 月 28 日に株式投資契約を締結いたしました。上記のサ ービス連携につきましては、2019 年 2 月 2 日(予定)より開始いたします。

松井証券、スマートトレードに出資:
・日本経済新聞:1/28
・松井証券は28日、フィンテックのスタートアップ企業、スマートトレード(東京・千代田)に出資すると発表した。出資額は1900万円。2月2日からスマート社が提供する株式の自動取引プログラム開発ツールを顧客に紹介し、松井での株取引の拡大につなげる。
・個人が金融商品を自動で取引できるサービスは高度化している。ネット証券では2018年、楽天証券やマネックス証券が自社の取引ツールに、機関投資家が活用するような株取引プログラムを導入した。

PI研のコメント(facebook):
・松井証券がAIの株式取引に本格参入です。1/28、「株式会社 Smart Trade との業務・資本提携に関するお知らせ」を公表、この中で、「当社顧客向けに「QuantX」を紹介するサービス連携を開始」、「今後も、当社顧客向け専用サービス や新しい金融商品・サービスの開発等に両社が協働して取り組み、取扱商品・サービスの拡充を 図って」とのことです。QuantXはSmart Tradeが運用するAIの株式選定のアルゴリズムを開発、販売する会社であり、資本金は3,249 万円、ここに松井証券が 19 百万円の第三者割当増資をすることになりますので、約40%近い株式比率となりますので、本格的な資本業務提携といえます。ユニークなのは誰でもQuantXを通じ、日本株と中国株について、独自にAIでの株価選定のアルゴリズムの開発ができ、それを販売することもできることです。すでに、数10種類のアルゴリズムが数千円から数万円で販売されており、AI関連、バイオ関連、先端技術関連など多数があります。ここでは株価とAIですが、ポイントは、この組み合わせは何にでも応用可能であり、たとえば、ID-POS分析とAIも、同様に可能である点です。QuantXは株式取引で活用されている約200種類の評価指標も提供していますので、仮に、これをID-POS分析に応用し、AIのアルゴリズムを開発できれば、株式取引のように流通業界の商品、顧客の評価が可能となりますので、株式、ID-POS分析だけではなく、すべての商品取引、顧客との関係にこの構造は応用がきくといえます。松井証券、今後、どのような新サービスを生み出してゆくのか、その動きと同時に、このようなAIの活用がどう流通業界を含め、社会に広がってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_830人!
 3.2018年度版、食品スーパー・ドラッグストア財務3表連環分析!
    *お申し込みはこちら:
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

February 22, 2019 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 株式、個人取引にAI、松井証券、Smart Tradeに出資!:

Comments

Post a comment