« 消費者物価指数(CPI)、2月、0.7%! | Main | AIによる個人向け株式投資支援サービス! »

April 02, 2019

LINE、ダイエーと脱チラシの実証実験!

【LINE】ダイエーと共同で位置情報を活用した店外集客施策の実証実験を開始
・LINE株式会社:3/29 ・デジタルチラシを店舗利用者の属性別にターゲティング配信、閲覧者の来店・購買傾向を検証、「イオンフードスタイル港南台店」の実証実験専用LINE公式アカウント上で配信と計測を開始
・LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」および「LINE」関連サービスを活用した店頭販促ソリューション「LINE Sales Promotion」において、株式会社ダイエー(本社:東京都江東区、代表取締役社長:近澤 靖英、以下 ダイエー)と共同で、位置情報を活用した店外集客施策の実証実験を、 明日30日より「イオンフードスタイル港南台店」にて実施いたしますのでお知らせいたします。
・LINEでは、「LINE」および「LINE」関連サービスを活用することで、店頭オペレーションの軽減や店頭POPの削減、キャンペーン参加の促進、購買行動の把握といった店頭販促における課題を解決することを目的に、店頭販促に特化したソリューション「LINE Sales Promotion」を提供しております。
・この度、新たな販促ソリューションとして、位置情報を活用した店外集客施策の実証実験を、「イオンフードスタイル港南台店」にて実施いたします。

ポイント:
・リーチ力に課題を抱える折込チラシにかわる集客手段として、LINEと位置情報を活用した集客施策の実証実験を実施
・店舗利用者の属性別に「デジタルチラシ」をターゲティング配信、閲覧者の来店・購買傾向を検証
・印刷コストや新聞非購買層へのリーチなど、従来のチラシの課題を解消、ユーザーデータに紐づけた効果測定も可能に
・今後は、2018年3月より「LINE」アプリ内に設置された「LINEウォレット」内にデジタルチラシを設置するなどの展開も視野に、「LINE」を活用した販促ソリューションの 「店外」「店内」「購買」の3つの接点の中で、「店外(集客メディア)」の柱として展開してまいります。

PI研のコメント(facebook):
・3/29、LINEが「ダイエーと共同で位置情報を活用した店外集客施策の実証実験を開始」とのニュースリリースを公表しました。3月30日(土)〜4月7日(日)と短期間ですが、LINEがイオンフードスタイル港南台店にてデジタルチラシを発行し、紙媒体のチラシの代替を目指したデジタルチラシの効果検証の実証実験を行うとのことです。すでに、約3,000名の位置情報を把握できる対象者を確保したとのことで、これらの顧客の詳細な消費者の購買データを取得するのが目的だそうです。そして、その成果を活かし、「「店外」「店内」「購買」の3つの接点の中で、「店外(集客メディア)」の柱として展開」してゆく方針とのことです。チラシ市場は、「2008年以降10年連続で1世帯あたり1部を割り込み、2018年では1世帯あたり0.70部まで減少」とのことで、急激に対象世帯が減少しており、これを補い、さらには、とってかわれるかどうかが今回の実証実験の目的といえます。LINEは「月間利用者数7900万人」とのことですので、この顧客をチラシに代わる販促手段に活用することができるか、今回のLINEの実証実験の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_830人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

April 2, 2019 |

Comments

Post a comment