« LINE、ダイエーと脱チラシの実証実験! | Main | 個人情報、法改正へ、2020! »

April 03, 2019

AIによる個人向け株式投資支援サービス!

日本初、AI(人工知能)を活用した個人向け株式提案サービスの提供開始:
・HEROZ:3/25 ・SMBC日興証券株式会社(代表取締役社長:清水 喜彦、以下「SMBC日興証券」)は、HEROZ株式会社(代表取締役CEO:林 隆弘、以下「HEROZ」)とともに開発したAIを活用した投資情報サービス「AI株式ポートフォリオ診断」(以下「本サービス」)をダイレクトコース※1のお客さま向けに3月29日より提供開始いたします。
・本サービスは、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(執行役社長グループCEO:國部 毅、以下、グループを総称して「SMBCグループ」)が運営する共創プログラムであるSMBC BREWERYから創出した初のサービスとなります。
・昨今のデジタル化の流れにより、ご自身で情報収集等を行い、株式投資を行うお客さまは増加傾向にあります。しかし、株式投資は、時に高度な情報分析を求められることがあり、資産運用を始めたばかりのお客さまにとって、難しく感じる一因となっています。 
・本サービスは、現代ポートフォリオ理論に基づく、効率的な複数銘柄での運用を、HEROZの持つ最新のAI技術を活用し、実用化することで、インターネットを通じ、幅広くお客さまにご利用いただき、一人一人に寄り添う、お客さま本位の業務運営を具現化するサービスとして開発いたしました。

【本サービスの特徴】
1.AIによる個別株式ポートフォリオ提案: 
お客さまのご資金や保有株式、リスク許容度に合わせて、より効率的なポートフォリオを提案 

2.AIによる銘柄スコア予測: 
ディープラーニング(深層学習)手法を用いて学習させた、株価予測AIによる期待収益性のスコア化
なお、個人のお客さま向けに、AIを用いて個別株式のポートフォリオ提案を行うサービスは日本初となり、間もなく特許を取得する予定となっております。

PI研のコメント(facebook):
・BonanzaのAIの将棋ソフトを開発したHEROZが3/25、「日本初、AI(人工知能)を活用した個人向け株式提案サービスの提供開始」とのニュースリリースを公表しました。サービス内容は2点、「AIによる個別株式ポートフォリオ提案」と「AIによる銘柄スコア予測」です。興味深いのはいずれもID-POS分析Iに応用が可能であり、株式投資だけでなく、様々な顧客と商品(サービス)を扱う業種に活用可能なことです。1つ目の「AIによる個別株式ポートフォリオ提案」は併売分析の活用であり、2つ目の「AIによる銘柄スコア予測」は顧客スコア、商品スコアへの応用です。今回のAIサービスは、SMBC日興証券のみでの限定ですが、是非、流通業をはじめ、様々な分野で活用を広げて欲しいと思います。今回のAIサービスが日本初とのことですので、今後、AIは日本初のサービスがあらゆる分野で開発されてゆくと思われます。HEROZのAI、今後、どのような課題を詰め将棋のように解いてゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_830人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

April 3, 2019 |

Comments

Post a comment