« 大人のための粉ミルク、新たな市場、位相差! | Main | 食品スーパー、売上速報、4月度、既存店99.0%! »

May 27, 2019

サミット、カンブリア宮殿でオンエア!

楽しくなければスーパーじゃない! 買い物でワクワクさせる…リアル店舗の逆襲
・カンブリア宮殿:5/23
・ コンビニやドラッグストア、ネット宅配が近年、食品販売を強化。その影響で、売り上げが伸び悩んでいるスーパー業界。そんな“スーパー冬の時代”にありながら、既存店の「売上高」と「客数」の伸び率で、2年連続の日本一を達成した驚きのスーパーがあった。それが、都内を中心に115店舗を展開する「サミット」だ!3年前に社長に就任した竹野は「サミットが日本のスーパーマーケットを楽しくする」というビジョンを掲げ、社内改革を推し進め、サミットを生まれ変わらせたという。業界の牽引役を目指す、リアル店舗の挑戦を追った!
#サミット

カンブリア宮殿でも話題!絶好調サミットの秘策 「成長ストーリー」とは:
・ダイヤモンド・チェーンストア:5/23
・2019年3月期決算(単体)は売上高、各利益ともに過去最高を達成、過去3年で客数は8%増、既存店売上高は10%増--。出店競争が激化するなかこの驚異的な数字を叩き出しているのが東京都を中心に115店を展開するサミット(東京都/竹野浩樹社長)だ。
事業ビジョンに「日本のスーパーマーケットを楽しくする」を掲げ、洗練されたマルシェの雰囲気を取り入れた店づくりや、従業員参加型のユニークなチラシ販促など、さまざまな施策を講じ、業界で今最も注目を集めている食品スーパーの1つと言っていい。同社はなぜ好調なのか。その裏側では何が起きているのか――。
・成長のための施策をストーリー化: ・モデル店は売上高客数ともに2割増!: ・現在、サミットのなかでも成長ストーリーをよく回せているモデル店舗されるのが、17年3月にオープンした「王子桜田通店」(東京都北区)だ。同店の19年3月期の売上高は対前期比27.7%増、客数は同21.4%増という驚異的な数値を叩き出している。
・好循環を加速させる重要人物とは:

参考:サミット決算:2018年度(官報)
・B/S:総資産:104,414百万円、自己資本比率:34.28%、利益剰余金 :28,546百万円
・P/L:売上高:265,831百万円 、原価:72.14%、売上総利益:27.86%、経費:29.95%、MD力:-2.09%、その他営業収入:4.75%、営業利益:+2.66

PI研のコメント(facebook):
・5/23、カンブリア宮殿でサミットが特集されました。「楽しくなければスーパーじゃない!買い物でワクワクさせる...リアル店舗の逆襲」というタイトルです。番組は、3本柱、「買い物で客を楽しくさせる サミットのワクワク新戦略!」、「平凡スーパーを脱却させた、竹野流・社員改革の全貌!」、「スーパーの未来は“地域のコミュニティー”」です。サミットがカンブリア宮殿で取り上げられた理由は、「既存店の「売上高」と「客数」の伸び率で、2年連続の日本一を達成」が大きいといえます。既存店がポイントであり、一般に食品スーパーの既存店、特に、客数を伸ばすのは至難の技であり、サミットは竹野浩樹社長の体制になり、既存店の客数アップに成功、その秘訣を様々な角度から探ったのが今回のテーマです。現在、サミットのモデル店は「王子桜田通店」であり、ダイヤモンド・チェーンストアの取材によれば「19年3月期の売上高は対前期比27.7%増、客数は同21.4%増という驚異的な数値」とのことです。サミットはそれだけ大きく売場が変革されつつあるといえ、商圏内の顧客に大きなインパクトをあたえつつあるといえます。食品スーパー業界が中々既存店の活性化に苦労している中、大きく変貌しつつあるサミットに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_875人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

May 27, 2019 |

Comments

Post a comment