« ウォルマート、静かに閉店、15店舗、同日? | Main | スギH、ココカラファイン、経営統合へ! »

June 02, 2019

ドラックストア、1兆円の時代へ、PBが決めて!

元王者マツキヨ、再編始動 1兆円連合でPB磨く:
・日本経済新聞:5/28
・ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス(HD)が同業のココカラファインと資本業務提携の検討を始めた。実現すれば1兆円規模の企業連合が誕生する。3年前に最大手の座から陥落しても業界再編とは距離を置いてきたマツキヨHDが動いたのは、収益源のプライベートブランド(PB)にさらに磨きをかけるためだ。
・PBの販売・開発、医薬品の仕入れの協力を模索し、準備委員会を立ち上げて、どの程度の出資額で相乗効果を発揮できるかを検討する。2018年度の売上高を単純合算すると9765億円、店舗数は3008店のドラッグストア首位連合となる。
・商品開発も強化した。処方薬と同等の成分を含む大衆薬の保湿クリーム「ヒルメナイド油性クリーム」など、アジアからの訪日客も含めて延べ6千万人超の顧客データを活用して作り出した商品だ。アルジェランブランドは累計1千万個を販売するなどヒット商品に育ち、PBの売上高構成比率は11%に達した。ウエルシアHD(5.6%)やツルハHD(6.4%)を大きく上回る水準だ。
・PBで収益力を高めてきたマツキヨHDは新規出店を18年度まで4年連続で減らしてきた。さらなるPBの成長に新規出店ではなく、規模拡大のために選んだのがココカラとの提携だった。

株式会社マツモトキヨシホールディングスとの
    資本業務提携に関する検討及び協議開始のお知らせ:

・ココカラファイン:4/26
・当社は、本日開催の取締役会において、株式会社マツモトキヨシホールディングス(以下、「マツモトキヨシホールディングス」という)との資本業務提携に関する検討及び協議を開始することを決議し、マツモトキヨシホールディングスとの間で覚書を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
・今後の日程等につきましては、今後決定後必要に応じてお知らせいたしますが、2019 年度上期中 の最終契約の締結、2019 年 12 月末日までの資本提携のクロージング及び業務提携の開始を目指し てまいります。

PI研のコメント(facebook):
・ドラックストア業界のM&Aが本格化しそうです。4/26に「株式会社マツモトキヨシホールディングスとの資本業務提携に関する検討及び協議開始のお知らせ」と、ココカラファインとマツモトキヨシHの資本業務提携の検討のニュースリリースが流れました。また、5/28の日本経済新聞で、その続編ともいうべき「元王者マツキヨ、再編始動 1兆円連合でPB磨く」との見出しの記事が配信されました。本格的なM&Aに発展するか、まだ協議が続いていますが、今回の狙いがPB開発、販売であることが明確になったといえます。しかも、規模は1兆円がポイントであり、小売業にとってのひとつの経営目標といえそうです。PB開発は多額の開発費がかかるため、販売ルートが最大のテーマとなり、その規模も1兆円がひとつの目安であるといえます。この条件を満たして、はじめて売上構成比も10%を超え、収益に大きな恩恵をもたらすといえます。ところが、現在のドラックストア、食品スーパーも1兆円の規模を超える企業はなく、必然的にM&Aが必須といえ、今回はその条件をクリアーするチャンスと両企業は判断したといえます。「2019 年 12 月末日までの資本提携のクロージング及び業務提携の開始を目指し、・・」とのことですので、予断はできませんが、小売業の必然的な経営戦略といえますので、何らかの結論はでると予想されます。小売業、ドラックストアに限らず、食品スーパーも含め、PB、1兆円の時代へ大きく動き始めたといえ、両企業の今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_880人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

June 2, 2019 |

Comments

Post a comment