« ウォルマート、 “Urban Supercentre Concept”、カナダ! | Main | レジ袋、有料化法案、環境省、着手! »

June 05, 2019

信頼を数値化、顧客をどう評価するか?

ブロックチェーン技術で信頼を見える化し、
個人同士のコラボレーションを促進するSNS『bajji(バッジ)』:

・株式会社bajji:
・ブロックチェーン技術を活用したサービスを企画・開発する株式会社bajji(所在地:東京都中央区、代表:小林 慎和)は、新規サービス第一弾『bajji』をリリースいたします。(6月予定)
・ 『bajji(バッジ)』は、物理的に人と出会った記録と、信頼の証(bajji)を贈った/もらった記録をブロックチェーンに刻むことで、人と人との信頼を可視化していく新しいSNSです。「この人が信頼できるかどうか」の判断は人によって違ってくるものですが、『bajji』はブロックチェーンを活用し、『bajji』ならではの仕組みを通して信頼を見える化します。既存のSNSでは分からない「実際に誰と会ったか」「誰から信頼を得ているか」を可視化し、個人同士のコラボレーションを促進していきたいと考えています。

リアル対話で得た「信頼」「共感」をブロックチェーンで見える化。
仮想通貨c0ban創業者が生み出した新サービス:

・BUSINESS INSIDER:5/30
・リアルに人と会う。そして、会った人には「信頼の証し」を贈る。ブロックチェーン上で、人が動いた記録を残すSNS「bajji(バッジ)」の開発が進んでいる。「信頼の証し」は無制限には贈れず、日本円で買う。出会った人が信頼できると考えたとき、その証しとして「bajji」を購入して贈るという考え方だ。bajjiのネットワークでより多くの信頼を集めた人は、リワード(報酬)も得られる。プロジェクトを率いるのは、みなし仮想通貨交換業者LastRootsのファウンダー小林慎和さん。2019年4月に同社の代表取締役を退任し、新会社bajjiを立ち上げた。「信頼を見える化できれば、それは資本主義の次の形になるはず。サービスを通じて、新しい時代の生き方をデザインしたい」と、小林さんは話す。
・無制限の「いいね」の強みと弊害:
・リアルに会い、ブロックチェーンに記録: ・同じ2人が100回会い、エンカウントを記録してもいいが、100人と2回ずつ会った人の方が、高いスコアが記録される。スコアは時間が経つと減っていく。3年前に仕事の打ち合わせでエンカウントを記録したが、それきりという場合は関係性は細くなる。動き回って、たくさんの人に会い、しかも定期的に会うことで「太い関係性」をたくさん築くと、スコアが高くなる仕組みととらえていいだろう。
・みなし仮想通貨取引所が遭遇した荒波:
・取引所の代表を退任し、再出発。:

PI研のコメント(facebook):
・SNSの時代が終わるかもしれません。フェイスブックの次、ポストSNSが登場しつつあります。bajjiが「ブロックチェーン技術で信頼を見える化し、個人同士のコラボレーションを促進するSNS『bajji(バッジ)』」とのニュースリリースを公表、次世代のSNSがこの6月から立ち上がります。興味深いのはこの基本コンセプト、技術はそのままID-POS分析、特に、顧客の評価に応用ができる点です。これまでID-POS分析は顧客の評価としては、RFM分析が主な評価手法といえましたが、bajjiはbajjiスコア(Proof of Maylife)を開発し、これをブロックチェーン(書きかけできない、永遠に残る)から自動計算し、顧客一人一人の評価が誰でも確認できるSNSを開発したといえます。そのままID-POS分析に応用できれば、ID-POSデータをブロックチェーンに乗せれば、顧客一人一人の評価がbajjiスコア(Proof of Maylife)で判断できることになり、顧客との関係を再評価し、新たな信頼関係を気づくことができるといえます。bajjiスコアの評価は数式が開発されていますが、そのポイントは時間と頻度と価格、この3つがキーワードですので、すべてID-POSデータから計算可能です。今回のbajjiスコアはこの6月からスタートするとのことですが、SNSの新たな行くへに加え、いずれ、ID-POS分析への活用にも発展してゆくことを期待したいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_880人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

June 5, 2019 |

Comments

Post a comment