« Slack、近畿大学で本格採用! | Main | Facebook、第1四半期決算、投資先行! »

June 20, 2019

Facebook、暗号資産、Libra、White Paper公表!

「Calibra」:
新しいグローバル通貨のためのデジタルウォレット、2020年に登場:

・Facebook:6/19
White Paper:
・Facebookは6月18日(米国時間)、利用者の皆様がLibraネットワークにアクセス・参加するための金融サービスの提供を目的として設立した新会社「Calibra(カリブラ)」(以下Calibra)と同社の計画について発表しました。
・ Calibraが提供開始する最初のプロダクトは、ブロックチェーン技術を活用した新しいグローバル通貨であるLibra向けのデジタルウォレットです。デジタルウォレットはMessenger、WhatsApp、および専用アプリで使用することができ、2020年のサービス開始を予定しています。
Calibraは、ブロックチェーン技術によって実現する新しいグローバル通貨であるLibraの貯金や送金、使用ができるデジタルウォレットです。Libraの詳細については、Libra協会のウェブサイトをご確認ください。
・ Calibraのサービス開始時より、利用者の皆様はテキストメッセージを送るのと同じくらい簡単・気軽に、スマートフォンからほぼ誰にでも、無料あるいは少額でLibraを送ることができます。また、将来的には、代金の支払いをボタン一つで可能にしたり、コードをスキャンするだけで飲み物の購入や公共交通機関を利用できるようになるなど、現金や定期券を持たずにできるサービスを利用者や企業に提供したいと考えています。
・Calibraの開発はまだ初期段階にあり、幅広い分野の外部専門家と相談しながら、安全でプライベートな、誰もが使用できる製品開発を行っていきます。

The Vision: ・Libra is a global, digitally native, reserve-backed cryptocurrency built on the foundation of blockchain technology. People will be able to send, receive, spend, and secure their money, enabling a more inclusive global financial system.
・The Currency: ・The unit of currency is called Libra. The aim is to make Libra as widely accepted and as easy to use as possible to create a currency that people can use with confidence and convenience in their everyday lives.
・The Blockchain: ・The Libra Blockchain is operated by a network of validator nodes. The evolution of the blockchain will be overseen by the Founding Members of the Libra Association, and each member will be responsible for running a validator node. As the network grows and becomes more self-sustaining, the Libra Association will work to gradually transition to a permissionless mode of operation.

PI研のコメント(facebook):
・6/19,facebookが2020年を目途に暗号資産、Libraのデジタルウォレット(財布)を管理する新会社Calibra(カリブラ)を設立したとのニュースリリースを公表しました。このニュースリリースの内容を理解するのはかなり難しいです。一見、facebookが暗号資産、Libraを発行するようにとれてしまいますが、Libraは、スイスに本部を置く、facebookとは、独立した組織「Libra Association」が管理し、ここでブロックチェーン技術を活用して暗号資産、Libraが発掘され、管理されることになるようです。ここには、1社10億円単位の参加料を払った「MasterCard、Visa、PayPal、Stripe、eBay、Uber、Lyft、Spotify」など、錚々たる企業が参加しており、Facebookも他のメンバーと同等の権利でLibra Associationの一員として参加するそうです。Libra発行までには100社ぐらいになるとのことですので、1千億円規模で運営する組織となると思われます。残念ながら、現時点では日本の企業は入っていないようです。したがって、暗号資産、Libraはブロックチェーンを通じて「Libra Association」が管理し、その活用については、facebookが設立したCalibra(カリブラ)が発行するデジタルウォレット(財布)、Calibrとなるようです。実際にどのようなサービスができるのかはまだ未知数ですが、facebookのニュースペーパーを見ると、政府発行のIDがあれば、誰でもデジタルウォレット(財布)、Calibrを持つことができ、こを活用して、海外送金、自国内でのショッピング、サービスの利用ができるようになるようです。結果、facebookという世界の人々をつなぐコミュニケーションツールが金融(決済)を含む新たな付加価値の高いインフラとなるといえます。子会社のインストラグラムでも活用できるようになるとのことですので、デジタルコミュニケーション=ブロックチェーン=暗号資産という構図が生まれるといえます。その意味で、2020年はコミュニケーションが激変する年となるといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #libra

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 New!Slack開設、「POS分析」_4人!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_890人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

June 20, 2019 |

Comments

Post a comment