« ドラックストア、財務3表2019から俯瞰、その2! | Main | 食品スーパー vs ドラックストア、経営比較2019、その2! »

July 31, 2019

食品スーパー vs ドラックストア、経営比較2019、その1!

営業収益(売上高):ベスト10
・食品スーパー:5,310,470百万円
・1 イズミ 732,136 2 ライフコーポレーション 698,693 3 USMH 694,323 4 バローホールディングス 565,930 5 アークス 512,246 6 ヨークベニマル 445,296 7 平和堂 437,635 8 ヤオコー 435,084 9 トライアルホールディングス 394,876 10 オーケー 394,251
・ドラックストア:7,133,319万円
・1 ツルハホールディングス 782,447 2 ウエルシアホールディングス 779,148 3 コスモス薬品 611,137 4 サンドラッグ 588,069 5 マツモトキヨシホールディングス 575,991 6 スギホールディングス 488,464 7 ココカラファイン 400,559 8 クリエイトSDホールディングス 286,299 9 アインホールディングス 275,596 10 カワチ薬品 264,926

売上総利益:ベスト10
・食品スーパー:29.3%
・1 サンエー 31.3% 2 Olympic 31.0% 3 アルビス 29.9% 4 平和堂 29.5% 5 いなげや 28.9% 6 ライフコーポレーション 28.8% 7 USMH 28.7% 8 アクシアルR 28.6% 9 東武ストア 28.1% 10 イオン九州 28.1%
・ドラックストア:27.8%
・1 マツモトキヨシホールディングス 31.2% 2 ウエルシアホールディングス 30.4% 3 スギホールディングス 29.1% 4 クスリのアオキホールディングス 28.6% 5 ツルハホールディングス 28.6% 6 クリエイトSDホールディングス 27.6% 7 ココカラファイン 27.0% 8 キリン堂ホールディングス 26.6% 9 サンドラッグ 25.0% 10 サツドラホールディングス 24.3%

経費比率(昇順):ベスト10
・食品スーパー:19.4%
・1 トライアルホールディングス 8.0% 2 オーケー 17.2% 3 アオキスーパー 18.4% 4 PLANT 18.6% 5 大黒天物産 21.3% 6 イズミ 21.9% 7 リテールパートナーズ 22.0% 8 ベルク 22.2% 9 アークス 22.3% 10 マックスバリュ北海道 22.4%
・ドラックストア:15.1%
・1 メディカル一光 7.1% 2 アインホールディングス 10.6% 3 総合メディカルホールディングス 12.0% 4 ファーマライズホールディングス 13.0% 5 日本調剤 14.3% 6 コスモス薬品 15.9% 7 サンドラッグ 19.0% 8 薬王堂 19.1% 9 Genky DrugStores 19.6% 10 カワチ薬品 20.1%

営業利益率:ベスト10
・食品スーパー:4.4%
・1 サンエー 7.9% 2 イズミ 5.1% 3 オーケー 4.6% 4 ベルク 4.4% 5 ヤオコー 4.3% 6 アクシアルR 4.0% 7 ハローズ 4.0% 8 平和堂 3.3% 9 エコス 3.3% 10 アルビス 3.2%
・ドラックストア:5.2%
・1 マツモトキヨシホールディングス 6.3% 2 サンドラッグ 6.0% 3 アインホールディングス 5.8% 4 クスリのアオキホールディングス 5.6% 5 ツルハホールディングス 5.3% 6 スギホールディングス 5.3% 7 クリエイトSDホールディングス 5.0% 8 薬王堂 4.2% 9 コスモス薬品 4.1% 10 Genky DrugStores 3.9%

PI研のコメント(facebook):
・食品スーパーとドラックストアの違いを財務3表から探ってみました。その1はP/Lの違いです。まずは、規模、営業収益’(売上高)ですが、ベスト10を見ると、ドラックストアが圧倒しています。7兆円対5兆円ですので、ドラックストアの寡占化が進んでいることがわかります。ちなみに、店舗数では約12,000店舗対3,000店舗とドラックストアは数でも圧倒しているといえます。営業利益率ではドラックストアが5.2%、食品スーパーが4.4%ですので、1%弱の差があります。その中身ですが、粗利よりも、経費比率の差が大きいといえそうです。食品スーパーとドラックストア、食品スーパーでは雑貨、ドラックストアでは食品、ここが双方の接点となる領域ですが、食品スーパーは雑貨を圧縮、ドラックストアは食品を拡大と、対照的な動きであり、ドラックストアが食品スーパーを押し込んでいる市場構造といえます。今後、この両業態がどのような棲み分け、あるいは、融合をはかってゆくのか、特に、双方のトップ企業の今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #食品スーパー #ドラックストア 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_10人!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_950人!

July 31, 2019 |

Comments

Post a comment