« コンビニ、売上速報、2019年6月、既存店-0.02%! | Main | コカ・コーラ、中間決算、好調、利益2桁増! »

July 25, 2019

コカ・コーラ、檸檬堂(れもんどう)、全国展開!

コカ・コーラ社から、レモンサワー専門ブランドが登場!
日本の酒文化に学んだ新製品「檸檬堂」のすべて

・コカ・コーラ:5/28
・5月28日、コカ・コーラシステム初のレモンサワー専門ブランド「檸檬堂(れもんどう)」が、九州地区限定でコンビニエンスストア、スーパーマーケット、量販店にて先行発売されます。日本のコカ・コーラ社は、世界のコカ・コーラ社の中でも年間で発売する新製品の数がもっとも多く、イノベーションを牽引する役割を果たしています。これまでの数々のチャレンジ、そして新しいアイデアを実現してきた同社ですが、右肩上がりで成長を続けている缶チューハイ市場の動向を踏まえ、レモンサワー専門ブランドの導入を決断しました。今回は、「檸檬堂」のブランドマネージャーであるパトリック・サブストローム、製品開発を担当した横山明幸、パッケージのグラフィックデザインを担当した原田朋子に、この画期的な新製品ができあがるまでの裏側を聞きました。
・開発は「居酒屋めぐり」からスタート:
・レモンを「丸ごと」すりおろして使用:
・缶チューハイ好きの多様なニーズに応えるラインナップ:
・製品名やデザインは「日本の酒文化」をイメージ:
・後発だからこそ「レモンサワーの歴史と文脈」を大事に:

コカ・コーラ、酒類全国展開 酎ハイを秋に:
・日本経済新聞:7/22
・日本コカ・コーラは10月をめどに酒類市場に本格参入する。これまで九州で試験販売していた缶酎ハイを全国のスーパーやコンビニエンスストアを通じて販売する計画で、世界のコカ・コーラグループでも唯一、酒類に取り組むことになる。消費者の嗜好が多様化し世界規模の有力ブランドを抱える企業も、市場に応じた事業展開の必要性が増している。
・缶酎ハイはキリンビールなどのビール4社のほか、宝酒造なども力を入れている。日本コカは競争が激しい市場に後発で参入するが、小売店データを集計する日経POS情報によると九州での試験販売では、発売後の1年間で4種類の商品の一つが缶酎ハイの350ミリリットル缶の中の首位となった。こうした実績も踏まえて、日本コカでは全国展開に踏み切る。

PI研のコメント(facebook):
・コカ・コーラが九州で限定発売している檸檬堂(れもんどう)をこの10月から全国展開するとのことです。日経新聞によれば、「世界のコカ・コーラグループでも唯一、酒類に取り組む」とのことで、コカ・コーラにとっては世界的視点での酒分野への新規参入となります。すでにテスト販売している九州では「日経POS情報によると九州での試験販売では、発売後の1年間で4種類の商品の一つが缶酎ハイの350ミリリットル缶の中の首位」とのことですので、滑り出しは好調、リピート購入に入っている時期ですので、この数値が判断材料のひとつになったと思われます。コカ・コーラ自身も「右肩上がりで成長を続けている缶チューハイ市場の動向を踏まえ、・・」とコメントしており、この部門は成長市場であり、ここでシェアをとれるとの経営判断といえます。酒部門は食品部門の中でも、限定された顧客、閉じられた世界での領域ですので、既存の飲料市場とも競合する可能性が低いといえますので、既存市場にプラスオンを狙えるといえます。九州でのテスト販売は好調とのことですので、10月以降、全国の食品スーパー、コンビニでどのような売場が展開され、CM等、どのようなキャンペーンが展開されるか、コカ・コーラの新商品のマーケティング、4P戦略に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #コカ・コーラ

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_940人!

 

July 25, 2019 |

Comments

Post a comment