« タブローでPOS分析、セミナーへ活用! | Main | ダイエー、レジなし店舗、実証実験! »

July 20, 2019

マイクロソフト、本決算、時価総額100兆円!

マイクロソフト、2019年6月期、本決算:7/18

CF関連:キャッシュの配分:In millions
・営業活動によるキャッシュ・フロー:52,185(昨年43,884)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:((15,773) :30.23%) (昨年 (6,061) )
  ⇒Purchases of property and equipment:(57,697)(昨年(137,380))
・財務活動によるキャッシュ・フロー:(36,887)(昨年(33,590))
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):(590)(昨年4,283)

B/S関連:キャッシュの蓄積:In millions
・総資産: $286,556
・自己資本比率:35.71%(昨年31.96%)
・現金及び預金:$11,356(総資産比 3.97%)
・有利子負債:$72,178(総資産比 25.19%)
・買掛金:$9,382(総資産比 3.28%)
・利益剰余金 :$24,150

P/L関連:キャッシュの創出:In millions
・売上高:$125,843(114.03%)、営業利益:$ 42,959(122.54%)
・当期純利益$39,240(236.80%)
・原価:34.10%(昨年 34.76%):-0.66、売上総利益:65.90%(昨年 65.24%):+0.66
・経費:
  ⇒General and administrative:3.89%(昨年 4.31%):-0.42
  ⇒Research and development:13.41%(昨年 13.35%):+0.06
  ⇒Sales and marketing:14.48%(昨年 15.83%):-1.35  
・営業利益:34.12%(昨年31.75%):+2.37

マイクロソフトのコメント:
・Microsoft Corp. today announced the following results for the quarter ended June 30, 2019, as compared to the corresponding period of last fiscal year:
・“It was a record fiscal year for Microsoft, a result of our deep partnerships with leading companies in every industry,” said Satya Nadella, chief executive officer of Microsoft. "Every day we work alongside our customers to help them build their own digital capability - innovating with them, creating new businesses with them, and earning their trust. This commitment to our customers’ success is resulting in larger, multi-year commercial cloud agreements and growing momentum across every layer of our technology stack.”
Revenue in Productivity and Business Processes was $11.0 billion and increased 14% (up 17% in constant currency), with the following business highlights:
・Revenue in Intelligent Cloud was $11.4 billion and increased 19% (up 21% in constant currency), with the following business highlights:
Revenue in More Personal Computing was $11.3 billion and increased 4% (up 6% in constant currency), with the following business highlights:

マイクロソフトの株価:
・時価総額1,045,361,621千ドル(7/18) =136.42ドル(7/18) × 7,662,817,920株(7/18)
・株価136.42ドル(7/18)=PER:63.45倍(7/18)×EPS 2.15ドル(2018/6)
・株価136.42ドル(7/18)=PBR:12.67倍(7/18)×BPS 10.77ドル(2018/6)

PI研のコメント(facebook):
・マイクロソフトが快走を続けています。7/18に公表した2019年6月期の本決算では売上高:$125,843(114.03%)、営業利益:$ 42,959(122.54%)と2桁増、ナデラCEOも「過去最高(の売上高と純利益)を記録し、力強く1年を終えた」とコメントしています。投資家もこの業績を高く評価、時価総額は、1,045,361,621千ドル(7/18)と100兆円を超えました。日本の国家予算に匹敵します。好調な要因ですが、Revenue in Intelligent Cloud was $11.4 billion and increased 19%、クラウドがいまやマイクロソフトの柱となったことが大きいといえます。マイクロソフトは現在3事業体で運営されていますが、このクラウド事業がProductivity and Business Processes事業、More Personal Computing事業を抜き、トップとなっています。それだけ、クラウド事業が好調といえ、トップのアマゾンのAWS、コミュケーションツールのSLACK等を猛追しており、業績を飛躍的に向上させています。それにしても、この数年間でビジネス環境が激変したといえ、その激変に対応したのがナデラCEO率いるマイクロソフトだったといえます。ビジネスはクラウドにシフト、今後、キャッチアップから新たな価値をこのクラウドからどう生み出すのか、パワーポイントのAI化も議論しているとのことですが、マイクロソウトの今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Microsoft 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_930人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

July 20, 2019 |

Comments

Post a comment