« ウエルシア、第1四半期、大幅、増収増益、株価上昇! | Main | 大黒天物産、増収、大幅減益! »

July 12, 2019

セブン-イレブン・沖縄、国内全都道府県でのチェーン展開!

7月11日(木)沖縄県内に14店舗同時開店 セブン‐イレブン沖縄県への出店開始:
・セブン‐イレブン・沖縄:7/10 ・株式会社セブン‐イレブン・沖縄(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:久鍋 研二)は、2019年7月11日(木)に沖縄県内へ初出店し、那覇市内に7店舗、糸満市内に3店舗、豊見城市内に2店舗、北谷町1店舗、八重瀬町内に1店舗、合計14店舗を同日午前7時にオープンいたします。
セブン‐イレブンは「既存中小小売店の近代化と活性化」「共存共栄」の実現を創業の理念とし、地域に根ざしたコンビニエンスストアとして、製造・物流インフラの整備に伴う出店を、積極的に推進してまいりました。このたびの沖縄県出店に際しては、沖縄県浦添市、うるま市に新設されたセブン‐イレブン専用工場を中心に製造体制を整え、オリジナル商品の開発や質の高い商品の製造を通じ、地域のお客様のニーズにお応えできるコンビニエンスストアを目指します。
・セブン‐イレブンは、本年6月末現在、46都道府県に合計20,973店を展開しております。 今回の出店によって、国内全都道府県でのチェーン展開となり、沖縄県内においては、今後2024年7月末までに約250店舗の出店を目指してまいります。
・今後の新規出店についても、地域のお客様のニーズに即した、皆様に愛されるセブン‐イレブンを目指してまいります。


国内合計 20,385(18/5) 20,876(19/2) 20,965(19/5) +89
・ セブン&アイ・ホールディングス:決算補足資料:7/4
・北海道 1,000 1,009 1,010 +1 青森 74 91 94 +3 岩手 144 149 148 -1 宮城 405 407 410 +3   秋田 99 108 108 ±0   山形 181 183 183 ±0 福島 433 450 452 +2 茨城 640 645 649 +4 栃木 437 445 447 +2 群馬 463 468 471 +3 埼玉 1,196 1,218 1,220 +2 千葉 1,094 1,120 1,123 +3 東京 2,659 2,731 2,749 +18 神奈川 1,408 1,438 1,454 +16 新潟 421 429 430 +1 富山 131 133 134 +1 石川 132 138 138 ±0 福井 68 69 69 ±0 山梨 210 210 210 ±0 長野 456 467 468 +1 岐阜 186 199 197 -2 静岡 715 740 745 +5 愛知 1,055 1,064 1,063 -1 三重 162 173 175 +2 滋賀 238 242 240 -2 京都 338 354 357 +3 大阪 1,209 1,251 1,262 +11 兵庫 700 712 710 -2 奈良 142 141 141 ±0 和歌山 78 84 84 ±0 鳥取 27 34 34 ±0 島根 55 61 60 -1 岡山 301 308 306 -2 広島 588 594 599 +5 山口 323 332 333 +1 徳島 88 87 86 -1 香川 106 102 102 ±0 愛媛 112 119 125 +6 高知 41 41 41 ±0 福岡 992 1,013 1,016 +3 佐賀 192 192 192 ±0 長崎 194 200 202 +2 熊本 337 349 350 +1 大分 166 175 177 +2 宮崎 195 198 198 ±0 鹿児島 194 203 203 ±0

PI研のコメント(facebook):
・国内での小売業最大のチェーン、セブン-イレブンが45年かけて、全都道府県の最後の出店地、沖縄に7/11、新店をオープンしました。「6月末現在、46都道府県に合計20,973店を展開」と、2万店をこえる店舗数であり、単純計算で年商約5兆円となります。食品スーパー、ドラックストアが年商1兆円を目指し、激しいM&Aを繰り広げていますが、セブン-イレブンは1兆円を優に超え、5兆円の規模を達成しており、小売業から製造小売業へと業態を進化、ますます、セブンプレミアムを起点にPB化を推し進めているといえます。小売業としてのひとつの到達点ともいえます。ただ、ここへきて、フランチャイズビジネスのひずみが表面化してきていますが、今後、小売業態の進化とともに、ビジネスモデルをどう見直してゆくかも課題といえます。沖縄セブン-イレブンの今後ですが、このオープンでは、14店舗ですが、今後、「2024年7月末までに約250店舗の出店を目指し、・・・」とのことです。2019年2月期の本決算の数値を見ると、47都道府県、全店での年間増加店舗は89店舗ですので、率にして、0.4%増です。したがって、国内での新店による成長は沖縄を除き、期待できず、今後の成長戦略は国内から海外、既存店の客単価アップ=ラインロビングが課題となります。セブン-イレブン、今後、どのような成長戦略を打ち出すのか、フランチャイズのビジネスモデルの再構築を含め、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #セブンイレブン 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 New!【無料】小売業・メーカー・卸売業様限定緊急セミナー
        「進化するID-POSデータ分析」:7/18
 1.Slack開設、「POS分析」_4人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_930人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

July 12, 2019 |

Comments

Post a comment