« 食品スーパー、売上速報、既存店99.6%! | Main | ワークマンプラス、自動発注とPB! »

July 02, 2019

AIって何?日経XTRENDで特集スタート!

【AI基礎講座】気付いていますか? あなたのすぐそばにいるAI:
・日経XTREND:6/28
・ AI(人工知能)は遠い存在ではない。普段身近に使っているソフトウエアやWebサービスにも組み込まれており、誰もが利用している。そうした身近な技術を見直すことで、AIで何が実現でき、どんな新ビジネスを生み出せるかも見えてくる。AIの広がりについて、博士が新人の助手に指南する。
・ メールの言葉解析で「迷惑」スコアを診断: ・身近に利用しているAIの代表と言えば、迷惑メールの自動振り分け機能。ベイズ推定といわれるAIの一種が使われている
・クレカや株価分析もAIが担う:
・高度な対話チャットボットも登場:
・ディープラーニングは映像認識に強み:
・ディープラーニングで機械翻訳の精度向上:

【AI基礎講座】何が違う!? 機械学習とディープラーニング:
・日経XTREND:6/14
・今やあらゆる業界でAI(人工知能)を活用することが当たり前になりつつある。誰もがAIを使って新しいビジネスを創り出す時代。そのときに必要となるのは、何が得意で何ができるのか、今後はどう進化していくのかを見通す「AIの新常識」だ。仕組みと勘所を、博士が新任助手にやさしく指南する。
・1950年代から存在していたAI:
・データに基づき推論する機械学習:
・人間の神経を模したディープラーニング:
・「強いAI」と「弱いAI」って何が違うの?:

PI研のコメント(facebook):
・AIの基礎を理解するための「文系でもスイスイ分かる AIの新常識 第1回/全7回」が日経XTENDでスタートしました。全7回の内、2回目までは現在公開されています。AIの歴史と現状をザクっと知る上では、わかりやすい内容です。AIは約60年の歴史があること、ディープラーニングはつい最近のAIで第3次AIブームの花形であること、極身近なAIの代表格がGメール等で実践活用されている迷惑メール振り分け機能であること、そのAIはベイズの定理が根底にあることなど、わかりやすい解説がなされています。実際、この1年、AIのアルゴリズムを3つ購入し、マーケティンング、特にID-POS分析に活用をはじめましたが、現時点で最も活用範囲が広く、実践的なのは迷惑メールでも活用されているベイジアンネットワークです。ディープラーニングは確かに需要予測、画像認識等には優れていますが、マーケティングに応用するには用途が限定されるのと、算出された結果の要因説明ができないため、実践投入して良いか判断に迷うのが実態です。また、この連載ではまだ登場していませんが、判別のAI、PLSAもお薦めです。特に、ベイジアンネットワークと組み合せると様々なマーケティング戦略に活用できるといえ、興味深いAIです。この連載、次の第3回目、そして、全7回がどのように展開されてゆくのか、その内容に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #AI 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━

 New!【無料】小売業・メーカー・卸売業様限定緊急セミナー
        「進化するID-POSデータ分析」:7/18
 1.Slack開設、「POS分析」_4人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_920人!
      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングで公開

July 2, 2019 |

Comments

Post a comment