« コープさっぽろ、サツドラH、業務提携の協議開始! | Main | くら寿司、Kura Sushi USA, Inc.ナスダック上場! »

August 09, 2019

決算分析2019、食品スーパー、業界再編!

2018年度上場スーパーマーケット決算分析 再編対象となる企業はココだ!
・ダイヤモンド・チェーンストア:柳平孝(いちよし経済研究所):8/6
・決算分析にはいくつか手法があるが、多くの企業をざっくりと概観する見方として、筆者が用いるのは、企業業績を企業規模の拡大と投資効率改善の視点から、増収率(=規模拡大)と総資産経常利益率(ROA)の改善幅(=効率改善度)とで4ポジションに分類するものだ。効率改善と規模拡大を両立させているか、という成長の健全性を示している。拡大路線を歩み効率を悪化させている企業群、負け組候補となりつつある規模縮小・効率悪化企業群、そしてオペレーション改善や商品開発に注力し、粛々と効率改善を果たす企業群に分類できる。
・具体的には、【Ⅰ】「拡大再投資」(増収+ROA改善)、【Ⅱ】「先行投資負担」(増収+ROA 低下)、【Ⅲ】「リストラ体質改善」(減収+ROA改善)、【Ⅳ】「縮小均衡(縮小&収益率低下)」(減収+ROA低下)である。
・『図表2は決して“予言の書”ではない。しかし、「縮小均衡」ポジションに陥ったSM企業の経営者が相当の危機感を有し、思い切った戦略転換や抜本的な構造改革、あるいは大同団結に打って出る可能性が高いかもしれないことは容易に想像できる。

独自_参考分析:2019年度本決算のROA vs 売上高伸び率
・平均値:ROA(2.6%)、売上高伸び率(1.25%)
・右上:ROA<2.6%、売上高伸び率<1.25%
・PLANT88,468(売上高:百万円)2.1%(売上高伸び率)7.3%(ROA)、アークランドサカモト109,913 4.4% 5.8%、エコス118,663 3.3% 4.6%、オーケー394,251 10.1% 6.0%、サンエー177,938 1.9% 6.3%、ダイイチ40,347 3.3% 4.4%、ハローズ123,949 4.8% 4.9%、ベルク222,880 6.7% 5.6%、マックスバリュ九州177,499 1.3% 2.8%、ヤオコー417,709 4.9% 5.2%、ヨークベニマル437,201 1.9%、4.1%、ライフコーポレーション678,211 3.0% 2.9%
・左下:ROA>2.6%、売上高伸び率>1.25% ・Olympic96,851 -3.4% 0.4%、USMH679,276 0.2% 2.0%、イオン九州 207,429 -3.3% 0.1%、いなげや242,967 -1.2% -1.3、オークワ255,027 -1.7% 0.1%、マックスバリュ西日本268,634 -0.5% 1.0%、マックスバリュ東北101,373 -1.9% 0.7%、マルヨシセンター38,795 -1.1% -3.0、ヤマザワ110,688 -3.1% -0.4、ヤマナカ 91,946 -3.0% 1.3%、関西スーパーマーケット121,662 0.8% 2.3% 東武ストア75,829 -4.1% 1.5%、北雄ラッキー41,132 -1.3% 0.5%

PI研のコメント(facebook):
・ダイヤモンドCSで興味深い記事が掲載されました。「2018年度上場スーパーマーケット決算分析 再編対象となる企業はココだ!」というテーマの内容です。柳平孝 氏(いちよし経済研究所)の食品スーパーの決算分析であり、業界再編に焦点を当てた経営分析です。ROAと売上高の2軸をもとに散布図を作成すると、昨年対比を基準に4つの象限に分かれ、左下のROA、売上高の双方の伸び率が低い企業が業界再編の対象になりやすいという分析です。記事の中では、「【Ⅳ】「縮小均衡(縮小&収益率低下)」(減収+ROA低下)」となります。「アークスとリテールパートナーズがバローホールディングスとともに資本業務提携を締結」、「マックスバリュ(MV)東北・西日本も前年度に引き続き、当該ポジションに位置」など、実事例とも連動し、実証しているという内容です。参考に、少し視点を変え、昨年対比ではなく、業界平均値を基準にして分析してみると、左下にマックスバリュ(MV)東北・西日本はプロットされましたが、アークス、リテールパートナーは、左上、すなわち、伸び率では左下ですが、業界平均はROAが高い位置にポジションされた点が気になりました。昨対だけでなく、業界平均も加えると、さらに、分析が深まるのではないかと思います。ちなみに、右上の業界最高水準の企業は。オーケー、ベルク、ヤオコーであり、これは納得です。経営指標、昨対(時間)、業界平均(空間)、さらには、記事にもありましたが、数年という視点も重要であり、経営分析は奥が深いといえます。今後、これまでの経営分析の追従に加え、様々な経営分析指標を検討してみたいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #決算分析  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_970人!

August 9, 2019 |

Comments

Post a comment