« AI与信、日本でも浸透、後払い、ネット通販! | Main | ドラックストア、40万枚のレシートから俯瞰! »

September 18, 2019

レシート分析から食品スーパーを俯瞰!

変革期を迎える食品・総合スーパー、116万枚のレシートから分析~
「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」
2018年以降の食品・総合スーパー購買行動:

・ソフトブレーン・フィールド株式会社:9/17
・[調査結果のポイント]
・エリア別POB会員のレシート購入金額から、食品・総合スーパー売上シェアをみると、全国チェーン展開されていない地場の食品スーパーが上位にランクインする傾向があった。一例として北海道エリアの上位5社は、1位「イオン(19.1%)」、2位「マックスバリュ(12.2%)」、3位「コープさっぽろ(11.4%)」、4位「アークス(6.2%)」、5位「ビックハウス(5.1%)」であった。各エリアの購買コメントには、各社の特徴や施策が表れていた。
・食品スーパー「ライフ」・「サミットストア」と、総合スーパー「イオン」・「イトーヨーカドー」の4社をセレクトし、カテゴリ構成を比較すると、「食品」カテゴリ比率に大差はなく、「生鮮・惣菜」カテゴリ比率は<38.2%~52.1%>と差があり、同じ総合スーパーである「イオン(38.2%)」、「イトーヨーカドー(48.0%)」の間でも9.8ポイントの大きな差があり、購入されるカテゴリに違いがあることがわかった。
・「イオン」・「イトーヨーカドー」・「オーケー」・「西友」・「ライフ」をセレクトし、19年下期におけるレシート1枚あたりの平均購入金額および、平均購入点数をみると、「オーケー」が、他4社の平均購入金額<1,396~1,743円>および、平均購入点数<7.2個~7.9個>を大きく上回り、平均購入金額《2,157円》、平均購入点数《11.8個》であった。
・首都圏エリアPOB会員の曜日別レシート購入購入金額シェアをみると、食品・総合スーパー各社平均して、土日に購入金額がピークとなる。
・中でも「西友」は、土曜日の購入金額シェアが29.3%と約3割を占め、「セゾンカード(クレディセゾン発行)」利用で、毎月「第1・第3土曜日5%OFF」のキャンペーンの効果が表れていた。また、平日の月曜~金曜までは、10%前後のシェアとなる中、「イオン」は火曜日に20.0%のシェアがあり、曜日ごとに対象商品を変えて特売する「曜日市」が来店・購買に寄与していた。

マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ:
・フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」(以下POB)から、アンケートモニターから独自に収集する「食品・総合スーパー」の購買データ(レシート総枚数:約116万枚)から、18年下期(7月~12月)から19年上期(1月~6月)における食品・総合での購買行動を分析します。
・当事業の特長:
・– 日本初のレシートによる購買証明付き購買理由データ – 「セゾンポイントモール」会員と、「Ponta Web」会員、「履歴書情報」のある当社登録会員「キャスト」で構成された約20万人のネットワークに基づく本人認証度の高いデータを提供。 700企業以上のチェーン情報を公開 – ビジネスモデル特許による全チェーン共通オリジナルブランドマスター(※JICFS/IFDBベース)を生成

PI研のコメント(facebook)
・9/17、ソフトブレーン・フィールド株式会社が興味深い調査結果を公表しました。「変革期を迎える食品・総合スーパー、116万枚のレシートから分析~」とのタイトルで「「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」2018年以降の食品・総合スーパー購買行動」とのことです。通常、ID-POSデータは小売業から取得しますが、ここでは消費者から直、「約20万人のネットワークに基づく本人認証度の高いデータ」とのことです。すでに、特許も取得とのことで、「日本初のレシートによる購買証明付き購買理由データ –」とのことです。今回はその中で、「レシート総枚数:約116万枚」をもとに分析したとのことです。通常、食品スーパーのレシートは1日約2,000枚は発生しますので、1店舗の580日分ですので、量は絞られていますが、「購買証明付き」と、質が高く、価値が高いID-POSデータといえます。その調査結果ですが、「全国チェーン展開されていない地場の食品スーパーが上位にランクインする傾向」、「「生鮮・惣菜」カテゴリ比率は<38.2%~52.1%>と差があり」、「「オーケー」が、他4社の平均購入金額」が高く、「土日に購入金額がピーク」、特に、「「西友」は、土曜日の購入金額シェアが29.3%と約3割」、「「イオン」は火曜日に20.0%のシェア」とのことです。ID-POSデータ、量に関しては機械的に取得することができますが、質に関しては、今回のケースのように特許を含めた対応があって初めて可能といえ、今後、量に加え、質も重要な段階に入るといえ、今後の調査結果、サービス開発に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #食品スーパー #ID-POS 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,000人

September 18, 2019 |

Comments

Post a comment