« 冷凍チャーハン、人気、急上昇! | Main | プロ野球、AI、ダイナミックプライシングへ! »

September 06, 2019

Slack、第2四半期決算、好調、攻めの経営!

Slack Technology、2019年1月度、第2四半期決算:9/4

CF関連:キャッシュの配分:In thousands
・営業活動によるキャッシュ・フロー:(13,805)(昨年4,921)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:344,591:( %) (昨年 (45,749) )
   ⇒Maturities of marketable securities:(268,951)(昨年(347,191))
   ⇒Sales of marketable securities:166,074 (昨年6,633)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:4,719(昨年7,931
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):335,505(昨年 (32,897))

B/S関連:キャッシュの蓄積:In thousands
・総資産:1,175,714
・自己資本比率:63.78%(昨年70.20%)
・現金及び預金:498,275(総資産比 42.38%)
・有利子負債:0.00(総資産比 0.00%)
・買掛金:8,476(総資産比 0.72%)
・利益剰余金 :(1,058,457)

P/L関連:キャッシュの創出:In thousands
・売上高:279,794(161.79%)、営業利益:(402,088)
・当期純利益(391,497)
・原価:17.76%(昨年 12.41%):+5.35、売上総利益:82.24%(昨年 87.59%):-5.35
・経費:
   ⇒Research and development:96.10%(昨年 40.82%):+55.28
   ⇒Sale of Marketing:72.64%(昨年 55.35%):+17.29
   ⇒General and administrative:57.22%(昨年 26.13%):+31.09
・営業利益:-143.72%(昨年-34.71):-109.01

Slack Technologyのコメント:
・SAN FRANCISCO, September 4, 2019—Slack Technologies, Inc., (NYSE: WORK) the leading global collaboration hub that makes people’s working lives simpler, more pleasant and more productive, today reported financial results for its fiscal quarter ended July 31, 2019.
Management Commentary:
・“This is an entirely new category of software enabling a once-in-a-generation shift in the way people work together. We believe channel-based collaboration is so superior to email-based communication for work, that this shift is inevitable,” said Stewart Butterfield, Chief Executive Officer and Co-Founder at Slack. “Customers are choosing Slack because we offer a great user experience, a rich application platform and ecosystem, and a growing network for inter-company collaboration via shared channels.”
・“Revenue growth was 58% year-over-year, despite a one-time revenue headwind from credits issued in the quarter related to service level disruption,” said Allen Shim, Chief Financial Officer at Slack. “We remain focused on expansion within existing customers and growing our large enterprise customer base, and ended the quarter with 720 Paid Customers greater than $100,000 in annual recurring revenue, which is up 75% year-over-year.”
・Second Quarter Highlights:
・Ended the quarter with over 100,000 Paid Customers, up 37% year-over-year.Net dollar retention rate was 136%.The number of Paid Customers greater than $100,000 in annual recurring revenue was 720, up 75% year-over-year.

Slack Technologyの株価:
・時価総額6,030,286千ドル(9/4) =31.07ドル(9/4) × 194,087,103株(9/4)
・株価31.07ドル(9/4)=PER(会社予想): 倍( )×EPS -1.16ドル(2019/1)
・株価31.07ドル(9/4)=PBR(実績):4.73倍(9/4)×BPS 6.57ドル(20198/1)

PI研のコメント(facebook):
・9/4、Slackが2020年1月期の第2四半期の決算を公表しました。6//20、ニューヨーク証券取引所に上場しての初の決算発表となります。日本でもSlackはほぼ定着、様々な企業で自社だけでなく、プロジェクトを共有する企業間で情報共有ができ、いまや、メールの代替サービスとして顧客を増やしているといえます。決算結果ですが、売上高161.79%と、急成長です。一方、営業利益は(402,088千ドル)、約400億円の赤字です。今期は赤字覚悟で、成長戦略を貫く方針であり、ヴェンチャーならではの経営戦略といえます。その中身ですが、Research and development:96.10%(昨年 40.82%):+55.28、調査、開発費に売上のほぼすべてを充て、しかも、昨年よりも加速しており、これが成長の原動力となっています。その資金を支えるのが自己資本比率:63.78%、資本であり、これが上場した目的ともいえます。それにしても、利益剰余金 :(1,058,457千ドル)と、約1,000億円であり、途方もない金額です。アメリカならではのダイナミズムであり、ヴェンチャー経営の凄さ、それを支える投資家がいるということであり、企業とは何か、その存在の原点を体現しているともいえます。Slack、売上高は好調ですので、当面、成長戦略を堅持すると思われますが、いつ、どのように利益確保に踏み切るのか、今後の経営陣の経営決断に注目です。それにしても、Slackを使い始めて約1年になりますが、実際、メールの約9割が削減され、その効果にびっくりです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Slack 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,000人

September 6, 2019 |

Comments

Post a comment