« ポイント還元、キャッシュレス参加店舗、3割? | Main | Amazon、需要予測を身近に、Amazon Forecast! »

September 09, 2019

東京都、独自デジタル通貨、実証実験へ!

令和元年第三回都議会定例会 知事所信表明
・東京都 小池百合子知事:9/3
・東京のさらなる成長に繋がる「Society5.0」の社会実装:
・AIやIoTなど、日進月歩の先端技術が引き起こす変化の波は、日々の生活のあらゆる場面に急速に広がり、私たちの社会に新たな活力と豊かさをもたらします。世界の都市がしのぎを削る中、東京がさらなる成長を遂げるためには、この変化の波を的確に捉え、新たな価値を生み出していかねばなりません。その鍵となる「Society5.0」の実現に向け、未来を輝かせる成長戦略に果敢に踏み出してまいります。
・キャッシュレス化の促進は、都民や外国人旅行者の利便性向上はもとより、決済データを活用した新たなサービスの創出等に繋がる、重要な成長戦略であります。今年度より開始するモデル事業では、SDGsの推進に貢献された皆様に、民間の決済サービスで利用できる都独自のデジタル通貨を発行し、キャッシュレス決済の拡大に繋げてまいります。

東京都「デジタル通貨」発行へ
元ヤフー社長に副知事としてICT政策のリードを期待:

・CoinDesk Japan:9/6
・東京都は独自のデジタル通貨を発行する。小池百合子都知事が9月3日の所信表明演説で明らかにしたもので、2019年度内に開始するモデル事業の一環で実験的に発行する考えだ。
・小池知事は成長戦略の要として「Society5.0」の実現を掲げており、キャッシュレス化の促進、デジタル通貨構想もその文脈で明らかにした。Society5.0とは、内閣府によれば、サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する社会構想という。東京新聞によると、都はデジタル通貨構想について、都内2ヵ所で実験を行い、数年後には都内全域で発行する方針。通貨の名称は未定で、1億円の費用を見込むという。
・また小池知事は9月6日の定例記者会見で、元ヤフー社長の宮坂学氏を副知事にする方針について、「5GやSociety5.0などICT(情報通信技術)の施策を担当していただく。副知事として陣頭指揮を執ってもらいたい」などと述べた。

PI研のコメント(facebook)
・東京都が独自のデジタル通貨を発行する方針が9/3の小池知事の所信表明で明らかになりました。「キャッシュレス化の促進は、都民や外国人旅行者の利便性向上はもとより、決済データを活用した新たなサービスの創出等に繋がる、重要な成長戦略であります。」と言及しており、さらに、「都独自のデジタル通貨を発行し、キャッシュレス決済の拡大に繋げ」と踏み込んでいます。詳細は今後明らかにされてゆくと思いますが、まずは、年度内に都内2ケ所で実証実験が実施されるとのことです。また、「元ヤフー社長の宮坂学氏を副知事にする方針」も記者会見で表明しており、本格的な「Society5.0」の実現に向け、東京都が動きだすといえます。この10月からはキャッシュレス社会実現へ向けて、国も本格的に動きだしますが、東京都は独自にキャッシュレス社会を目指すことになります。まずは、いつ、東京都のどこで、実証実験がスタートするか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #東京都 #デジタル通貨 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,000人

September 9, 2019 |

Comments

Post a comment