« ウォルマート、新業態、Health Center、オープン! | Main | クスリのアオキH、第1四半期、増収減益! »

September 27, 2019

スギホールディングス、中間決算、増収、大幅増益!

スギホールディングス、2020年2月期、第2四半期決算:
・スギホールディングス:9/24

CF関連:キャッシュの配分:百万円
・営業活動によるキャッシュ・フロー:35,046(昨年15,187)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△8,626(24.62%:昨年△12,068)
  ⇒有形固定資産の取得による支出 :△7,602(昨年△8,855)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△2,271(昨年△11,282)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):24,148(昨年△8,163)

B/S関連:キャッシュの蓄積:百万円
・総資産:301,504
・自己資本比率:58.0%(昨年62.7%)
・現金及び預金:89,459(総資産比 29.67%)
・有利子負債:0.00(総資産比 0.00%)
・買掛金:80,690(総資産比 26.77%)
・利益剰余金 :143,959

P/L関連:キャッシュの創出:百万円
・売上高:263,701(8.1%)、営業利益:14,776(14.8%)
・経常利益:15,664(16.1%)、当期純利益:10,461(16.9%)
  ⇒売上高:520,000(6.5 %:進捗率50.72%)
  ⇒営業利益:28,000 (8.5%:進捗52.78%)
・原価:70.47%(昨年 71.30%):-0.83、売上総利益:29.53%(昨年 28.70%):+0.83
・経費:23.93%(昨年 23.44%):+0.49
・営業利益:5.60%(昨年5.26%):0.34

スギホールディングスのコメント:
・ドラッグストア業界におきましても、競合他社との出店競争や業界の垣根を越えた販売競争の激化、人手不足や人件費の高騰等、当社グループを取り巻く経営環境の厳しさは継続しております。
・このような環境の中、当社グループは、お客様の健康維持・予防から介護・終末期のケアまでを一貫してサポー トする「トータルヘルスケア戦略」の実現を目指し、強みであるカウンセリングを中心とした接客体制の強化、お 客様の利便性向上に向けた電子マネーによる決済サービスの多様化、調剤事業の更なる成長に向けたクリニック併設店舗の拡大、調剤業務支援機器及び医療事務の活用による調剤業務の生産性向上等に積極的に取り組みました。 加えて、訪日外国人向けのマーケティング強化及び品揃えの拡充を図ることで、収益の底上げに努めてまいりまし た。
・店舗の出退店等につきましては、ドミナント構築に向けた関東・中部・関西エリアへの集中出店を強化し、その結果として、50店舗の新規出店、5店舗の中・大型改装、3店舗の閉店を実施いたしました。これにより、当第2四半期末における店舗数は1,237店舗(前期末比47店舗増)となりました。

スギホールディングスの株価:9/26
・時価総額378,718百万円(9/26) =5,980(9/26) ×4,266,115,111株(9/26)
・株価5,980(9/26)=PER(会社予想):20.20倍(9/26)×EPS 296.05円(2020/02)
・株価55,980(9/26)=PBR(実績): 2.11倍(9/26)×BPS 2,830.63円(2019/02)

PI研のコメント(facebook)
・スギHが9/24、2020年2月期の中間決算を公表しました。結果は増収、大幅増益、特に、利益はいずれの段階でも2桁増の好決算となりました。利益が特に好調であった要因は経費は増加しましたが、それを大きく上回る原価の改善が寄与したことによります。コメントにもあるように、「「トータルヘルスケア戦略」の実現を目指し、強みであるカウンセリングを中心とした接客体制の強化」と、原価率の低い部門の強化が利益の改善につながったと思われます。やや気になるのは、投資キャッシュフローが営業キャッシュフローのわずか24.62%と、投資を抑制し、現金及び現金同等物の増減額が24,148百万円と、キャッシュを蓄積したことです。ここは投資よりも内部留保を重視し、今後に備えたと思われます。ドラッグストア業界は、「競合他社との出店競争や業界の垣根を越えた販売競争の激化、人手不足や人件費の高騰等」と厳しい経営環境の中にありますので、ここは攻めよりも守りを優先したと思われます。スギH、この好業績を背景に、後半、そして、中長期的にM&Aを含め、どのような成長戦略を打ち出すのか、今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #スギホールディングス

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!

 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,000人

September 27, 2019 |

Comments

Post a comment