« 平和堂、中間決算、減収減益! | Main | ベルク、中間決算、増収減益! »

October 07, 2019

サンエー、中間決算、増収減益!

サンエー、2020年2月期、第2四半期決算:10/4

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:17,975百万円(昨年10,010百万円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△14,762百万円(82.13%:昨年 △15,694百万円)
  ⇒有形固定資産の取得による支出 :△14,470百万円(昨年△15,685百万円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△2,041百万円(昨年△1,984百万円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):1,172百万円 (△7,668百万円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:169,415百万円
・自己資本比率:70.9%(昨年79.1%)
・現金及び預金:27,855百万円(総資産比 16.45%)
・有利子負債:0.00百万円(総資産比 0.00%)
・買掛金:19,031百万円(総資産比11.24%)
・利益剰余金 :112,541百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・営業収益:100,259百万円(4.3%) 、営業利益:5,777百万円(△21.6%)
・経常利益:6,569百万円(△13.1%)、当期純利益:4,185百万円(△13.2%)
・通期予想:
  ⇒営業収益:202,133百万円(6.5%:進捗率49.60%)
  ⇒営業利益: 11,248百万円(△20.2%:進捗51.36%)
・原価:68.29%(昨年68.77%):-0.48、売上総利益:31.71%(昨年31.23%):-0.48
・経費:32.90%(昨年29.71%):+3.19
・マーチャンダイジング力:-1.19%(昨年+1.52%):-2.71
  MD力って何?
・その他営業収入:7.37%(昨年6.66%):+0.71
・営業利益:+6.18%(昨年8.18%):-2.00

サンエーのコメント:
・当第2四半期連結累計期間(2019年3月1日~2019年8月31日)におけるわが国経済は、雇用情勢・所得環境の改善が続くなか、各種政策の効果もあり景気は緩やかな回復基調で推移しましたが、米中間の貿易摩擦の動向が世界経済に与える影響や、消費税増税による消費の落ち込みが懸念されるなど、先行きは不透明な状況が続いております。
・このような環境の中、当社は人財力や仕組み力、商品力の向上に取り組むとともに、引き続き企業理念の浸透、七大基本の徹底、既存店の活性化、効率化を図り、お客様満足度の向上に努めてまいりました。店舗展開につきましては、6月に大型商業施設「サンエー浦添西海岸PARCOCITY」(沖縄県浦添市)を新規出店いたしました。
・その結果、当第2四半期連結累計期間における営業収益(売上高及び営業収入)は1,002億59百万円(前年同期比4.3%増)、営業利益は57億77百万円(同21.6%減)、経常利益は65億69百万円(同13.1%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は41億85百万円(同13.2%減)となりました。

サンエーの株価:10/4
・時価総額152,872百万円(10/4) =4,780円(10.4) ×31,981,654株(10/4)
・株価4,780円(10.4)=PER(会社予想):20.92倍(10/4)×EPS 228.51円(2020/2)
・株価4,780円(10.4)=PBR(実績):1.29倍(10/4)×BPS 3,694.05円(2019/2)

PI研のコメント(facebook)
・サンエーが10/4、2020年2月期の中間決算を公表しました。結果は増収、減益、特に、利益はいずれの段階でも2桁減となる厳しい決算となりました。原価は-0.48ポイント改善しましたが、それを大きく上回る経費が+3.19ポイントと異常値となり、経営を圧迫したのが要因です。その中身ですが、人件費が約10%上昇したことに加え、新店等により減価償却費が70%弱上昇したことが大きいといえます。これまでの食品スーパーの中間決算の結果はほぼこの構図であり、こと利益に関しては、昨対は意味をなさなく、業界全体の経費の構造変化が起こっているといえます。今期は昨年対比では減益は避けられず、この経費比率を前提として、今後の経営計画を立てざるをえない状況といえます。その意味では、食品スーパー業界は経費の構造変化の段階にはいったといえ、今後、経費の上昇をどこで歯止めをかけ、原価の改善をどのようにはかってゆくかが課題になるといえます。これを受けてサンエーの通期予想ですが、営業収益は6.5%と増収ですが、営業利益は△20.2%と減益予想であり、今期は減益が前提となったといえます。サンエー、後半戦に入り、消費増税も踏まえ、どのように経費増を抑え、数値予想の達成をはかるか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #サンエー

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,010人

October 7, 2019 |

Comments

Post a comment