« いよいよ、食品スーパーにAI、JAXA! | Main | コスモス薬品、第1四半期決算、1,000店突破! »

October 17, 2019

求人ビジネス、ミスマッチ解消、信用がポイント!

給料は「前払い」 信用スコアは求人サービスを変えるか:
・日経XTREND:10/15
・個人の信用全般を測る”総合型”ではなく、用途を限定した信用スコアとして、働きたい個人と求人企業をつなぐワークシェアリングサービスでの活用が検討されている。信用スコアをベースに、働く前に給料を支払う「前払い」サービスの構想もある。その狙いとは?
・応募や面接なしで、最短1時間からすぐに働いてすぐにお金を得られる――。こんなユニークな単発アルバイトのマッチングサービスを展開するスタートアップが、タイミー(東京・渋谷)だ。アルバイトの急な欠勤や業務の集中などで、「この日、この時間だけ働いてほしい」という事業者と、空いた時間を使って効率よくお金を得たいワーカーのニーズをうまく取り込み、急成長している。
・2018年8月のサービス開始以来、登録ワーカーは10万人を超え、うち約半数が18歳以上の学生、残りは主婦やフリーターが占める。また、タイミーを利用する求人企業は約7割が飲食系となっており、大戸屋や串カツ田中、ダイナックといった大手チェーンを含め、首都圏を中心に全体で2500店舗に拡大。現在、仕事依頼の確定までは平均3時間、最短8秒というスピード感で、マッチング率は実に90%に達するという。
・その秘訣は、求人に対するスキルのミスマッチを防ぐ仕組みにある。求人企業は「飲食店経験1年以上」など必要なスキルを登録しておき、ワーカーは案件のマッチング時にそのスキルがあるかどうかを自己申告する。また、アルバイトが終了した後、ワーカーと求人企業の間で相互評価(Good、Badの2択とレビュー)を行う仕組みも備える。ワーカー側からは、募集内容と実際の内容に違いがなかったか、仕事が時間通りに終わったか、再びこの店舗で働きたいかといった項目で評価。求人企業からは、ワーカーが募集項目に対して十分なスキルを有していたかなどを評価している。
・ゲーム感覚で信用の“レベル上げ”:
・「連帯責任」でスコアが変動?:
・個人に依存した評価には課題も:

PI研のコメント(facebook)
・求人ビジネスに異変が起きているとの記事が10/15、日経XTRENDで公開されました。タイトルは「給料は「前払い」 信用スコアは求人サービスを変えるか」です。「アルバイトのマッチングサービスを展開するスタートアップ、タイミー」をベースにした内容ですが、求人の今、何が課題か、最新のビジネスのポイントがつまった内容です。小売業でいえば、過剰在庫と欠品の問題ともいえ、この問題を求人ビジネスで解消した、しつつあり、さらに、新たなビジネス、ここでは信用、前払い、連帯保証の現代版の創造につながっており、興味深い記事です。一見、中国のアリババなどが取りくんでいるAIによる個人信用スコアに近いですが、給人企業、求人、双方の人が評価する点をベースにし、さらに、連帯保証という視点も入れ、前払いも組み込む可能性も検討しているとのことで、日本独自のビジネスへ発展してゆくのではないかと思われます。このビジネス、現時点では求人に焦点が当たっていますが、需要供給の法則が成り立つビジネスへの応用が可能といえます。小売業では過剰在庫と欠品、視点を変えて環境問題の無駄、フードロスなどにも応用が効くといえ、今後の展開が楽しみです。日本のスタートアップ、このような企業が次から次へ登場しており、彼らが展開、構想する唯一無二、独自のビジネスに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #タイミー  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,010人

October 17, 2019 |

Comments

Post a comment