« 大黒天物産、第1四半期決算、増収増益! | Main | 食べられるバーコード、実用化へ! »

October 24, 2019

AI入門セミナー、棚割をAIで俯瞰、顧客と商品の因果関係を解明!

第8期第3回AI入門セミナー:
AIによる棚割、品揃えのノウハウ公開!

・AI&ID-POS協働研究フォーラム主催:
・2019年11月12日(火):14:00~16:00(13:30受付開始)
・ダイヤモンド・リテイルメディアでは、POS・ID-POSデータ分析の専門家、株式会社IDプラスアイ 鈴木聖一氏の協力のもと、POS・ID-POSデータの分析や、売場の仮説立案などを会員のみなさまと研鑽する『AI&ID-POS協働研究フォーラム』を実施しております。今回は、これまでの当フォーラムで実践して得られた学習データを、AIで検証することをテーマにAI入門セミナーを開催いたします。

第1部:AIによる棚割、品揃えの分析事例公開
・AI&ID-POS協働研究フォーラムでの研究成果、第1弾を公開!

第2部:AIによるクラスター構築法、さらに、AIによるクラスター分析手法の試み
・AIの組み合わせによるクラスター(カテゴリー)構築、その分析手法とは?

第3部:ID-POSデータにAIを適用し、顧客と商品の因果関係を解明する技術解説
・顧客視点で商品との親子関係を視覚化するAIの技術とは?

PI研のコメント(facebook)
・11/12、第8期、AI&ID-POS協働研究フォーラム主催のAI入門セミナー、今期、第3回目を開催します。今回は、「AIによる棚割、品揃えのノウハウ公開!」というテーマ、サブタイトルは、「棚割をAIで俯瞰、顧客と商品の因果関係を解明!」となります。これまで取り組んできたフォーラムの研究成果、商品と顧客との関係をAIで解明し、棚割り、品揃え、商品開発、リコメンド等の改善に活用しようという試みです。AIに本格的に取り組みはじめて約2年となりますが、AIの研究成果をはじめて公開するAI入門セミナーです。AIの実践活用もここへ来て完成度が飛躍的にアップし、この時点で十分、実務に耐えられるところまで来たといえ、今回のセミナーを機に公開することにしました。AIは様々なアルゴリズムがありますが、今回のアルゴリズムはべジアンネットワークの技術です。ID-POS分析との相性も抜群であり、しかも、これまでフォーラムで取り組んできたF(頻度)の概念、SABZ分析をほぼそのまま活用でき、F(頻度)の視点で商品と顧客との関係を視覚化し、どの商品とどの商品に因果関係があるかをAIが分析、さらに、出来上がったモデルから様々な因果推論が可能となります。一目で棚割りの現状が顧客視点で把握でき、何が課題か、どこに顧客の関心が集まっているか、どこを強化すればさらに品揃えが充実し、どのくらい効果が期待できるかまでシミューションできます。ここまでID-POS分析とAIが融合した事例はまだ、まれといえ、今回はその研究成果のはじめての一般公開となります。AIとID-POS分析の研究はまだ始まったばかりです。今回の研究成果を踏まえ、今後、第2弾、第3弾と研究を深めてゆくつもりです。乞うご期待!

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #AI #棚割 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,020人

October 24, 2019 |

Comments

Post a comment