« セブン-イレブン、レジ無しデジタル店舗の開発に着手! | Main | Amazon、セグメント売上推移、プライム、AWS、好調! »

November 01, 2019

Amazon、第3四半期決算、大幅、増収増益!

Amazon 、2019年、第3四半期決算:10/24

CF関連:キャッシュの配分:In millions
・営業活動によるキャッシュ・フロー:18,855(昨年(14,246))
・投資活動によるキャッシュ・フロー:((20,745) :110.03%) (昨年(8,797))
  ⇒Purchases of property and equipment:(11,549) (昨年(9,693))
  ⇒Acquisitions, net of cash acquired, and other:(1,684)(昨年(1,855))
・財務活動によるキャッシュ・フロー:(6,495)(昨年(5,925))
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):(8,619)(昨年 (824))

B/S関連:キャッシュの蓄積:In millions
・総資産:199,099
・自己資本比率:28.39%(昨年26.78%)
・現金及び預金:23,255(総資産比 11.68%)
・有利子負債:59,530(総資産比 29.90%)
・買掛金:35,794 (総資産比 17.98%)
・利益剰余金 :27,952

P/L関連:キャッシュの創出:In millions
・売上高:109,866 (113.02%)、営業利益:10,662(123.48%)
・当期純利益9,923(125.44%)
・原価:101.54%(昨年 97.08%):+4.46、売上総利益:-1.54%(昨年 2.92%):-4.46
・経費:
  ⇒Fulfillment:25.53%(昨年 24.69%):+0.84
  ⇒Marketing:11.57%(昨年 9.16%):+2.41
  ⇒Technology and content:23.84%(昨年 21.78%):+2.06
  ⇒General and administrative:3.45%(昨年 3.32%):+013
  ⇒Other operating expense, net:0.13%(昨年0.22%):
マーチャンダイジング力:-66.05%(昨年-56.22%):-9.83
・Net service sales:75.75%(昨年65.11%):+10.64
・営業利益:9.70%(昨年8.89%):+0.81

Amazonのコメント:
・SEATTLE--(BUSINESS WIRE)--Oct. 24, 2019-- Amazon.com, Inc. (NASDAQ: AMZN) today announced financial results for its third quarter ended September 30, 2019.
・Operating cash flow increased 33% to $35.3 billion for the trailing twelve months, compared with $26.6 billion for the trailing twelve months ended September 30, 2018. Free cash flow increased to $23.5 billion for the trailing twelve months, compared with $15.4 billion for the trailing twelve months ended September 30, 2018. Free cash flow less principal repayments of finance leases and financing obligations increased to $14.6 billion for the trailing twelve months, compared with $8.1 billion for the trailing twelve months ended September 30, 2018. Free cash flow less equipment finance leases and principal repayments of all other finance leases and financing obligations increased to $10.5 billion for the trailing twelve months, compared with $5.4 billion for the trailing twelve months ended September 30, 2018.
・“We are ramping up to make our 25th holiday season the best ever for Prime customers — with millions of products available for free one-day delivery,” said Jeff Bezos, Amazon founder and CEO. “Customers love the transition of Prime from two days to one day — they’ve already ordered billions of items with free one-day delivery this year. It’s a big investment, and it’s the right long-term decision for customers. And although it’s counterintuitive, the fastest delivery speeds generate the least carbon emissions because these products ship from fulfillment centers very close to the customer — it simply becomes impractical to use air or long ground routes. Huge thanks to all the teams helping deliver for customers this holiday.”

Amazonの株価:
・時価総額873,946,718千ドル(10/29) =1,762.71ドル(10/29) × 495,797,220(10/29)
・株価1,762.71ドル(10/29)=PER(会社予想):85.24倍(10/29)×EPS 20.68ドル(2018/12)
・株価1,762.71ドル(10/29)=PBR(実績):19.87倍(10/29)×BPS 88.69ドル(2018/12)

PI研のコメント(facebook)
・Amazonが10/24、2019年12月期の第3四半期、9/30時点の決算を公表しました。結果は大幅、増収増益、好決算です。ただ、これまでの勢いは下がったことに加え、各種の経費が増加しており、投資家は厳しい見方をしているようです。それにしても、この経営構造はすごいことになっており、物を売る企業からサービスをを売る企業へと大きく転身している様相が見てとれます。Amazonの物対サービスの比率は、サービス比率が急激に増加しており、昨年の65%から75%へと跳ね上がっています。いかにサービス化が進展しているかがわかります。結果、利益は物ではなく、サービスで稼ぐ段階に入ったといえ、ここがAmazonの利益の源泉となりつつあります。また、経費構造を見ると、FulfillmentとTechnology and contentに大半を配分しており、これがAmazonの成長及び利益を支えているといえます。特に、Technology はAIともいえ、新技術への投資は並々ならぬ意欲を感じます。Amazon、やや成長が鈍ったとはいえ、今後、サービスの収益が急増し、いずれ物から逆転、これまでの企業構造が根本的に変わる段階に近づいているといえ、今後、どのような成長戦略をサービスを主体に打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Amazon 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,030人

November 1, 2019 |

Comments

Post a comment