« 無印良品、食の新業態2号店オープン、京都山科! | Main | 小売業、10月度、▲7.1%の減少、商業販売額! »

November 29, 2019

食品スーパー、売上速報、既存店98.3%!

一般社団法人 全国スーパーマーケット協会、2019年10月度:11/21

•キーワード TOP3:
•1. 日曜日が一日少ない、2. 好天・気温が高い、3. 青果相場高(前年比)

総売上高:100.0% (全体)、98.3%(既存店)
・1. 青果 DI:-19.2(不調): 14.2% (構成比)97.2% (全体)95.8% (既存店) •青果相場が安値で推移し単価が大きく下落した影響に加え、月を通じて気温が高く、葉物や根菜類、 キノコ類などの鍋用野菜の動きが悪かった。また台風の影響でトマト類に入荷に影響が出た地域もあっ た。サラダ関連は好調で、特にカット野菜の動きがよかった。果物類ではシャインマスカットや梨は相場高のなか動きがよかったが、みかんは不調だった。輸入果物ではキウイフルーツは好調が一巡し動向 にやや陰りがみられるとのコメントもみられた。

2. 水産 DI::-8.1(やや不調):8.6% 100.0% 98.5%
•前年やや漁獲量が回復したサンマだったが、今年は記録的な不漁となり高値で大きな落ち込みとなっ た。スルメイカの不漁による影響も受けた。また高い気温により鍋物用食材(牡蠣やタラなど)は動き が悪かった。一方で秋鮭は入荷が安定しており好調となった。また刺身類や海藻類は好調に推移した店 舗が多かった。

3. 畜産 DI:-5.7(やや不調): 12.2% 102.0% 99.9%
•牛肉は相場高が続いており、平年より高い気温により、焼肉・ステーキ用の動きはよかったものの 全体的に伸び悩んだ。一方で鍋物需要低迷の影響を受けたが、CSF(豚コレラ)の影響で単価が上昇 しており前年並みとなった。鶏肉はから揚げ用を中心に好調となった店舗が多い。台風接近による備蓄需要の追い風を受け加工肉が好調となった店舗もみられた。

4. 惣菜 DI:-3.5(やや不調) : 10.3% 100.9% 99.7%
• 好天に恵まれた地域では行楽需要が高まり、米飯類、唐揚げなどの動きがよく好調となった店舗がみ られた。一方で台風の影響を受けた地域では、買いだめ需要もみられたものの、イベントの中止などで 大きな打撃を受けた店舗もあり、好不調わかれる状況となっている。全般的に気温が高く推移したこと から、サラダ類や寿司類の動きがよかった。

5. 日配 DI::-7.8(やや不調):19.8% 102.2% 99.6%
•気温が高めで推移したため、和日配では鍋物やおでん商材、また麺類などのホット商材の動きが悪か った。一方でアイスや牛乳、ヨーグルトは好調となった店舗が多かった。台風の影響により、パン類や 冷凍食品に特需がみられた地域があった。

6. 一般食品:-8.4(やや不調) : 26.0% 100.6% 99.2%
•気温が高めに推移した影響で鍋用調味料や麺類やシチューなどホット商材は不振となった。台風の影 響があった地域では、飲料やインスタント食品、缶詰などに特需が発生した。アルコール類は増税前の 買いだめ需要の反動により不振となった。新米は伸び悩んだ店舗が多かった。

7. 非食品 DI:-16.8(不調):6.7% 95.0% 94.5%
•駆け込み需要の反動により不調となった。一方で台風の影響を受けた地域では、乾電池、ゴミ袋、カ セットコンロなどに特需が発生した。前年値上げ後の反動減があったたばこは好調となった。他業態と のポイント競争の厳しさを指摘するコメントもみられた。

PI研のコメント(facebook)
・(一社)全国スーパーマーケット協会が11/21、全国、8,003店舗の10月度の食品スーパーの売上速報を公表しました。この月のキーワードは、「1.日曜日が一日少ない、2. 好天・気温が高い、3. 青果相場高(前年比)」だそうですが、結果は既存店が98.3%となる厳しい結果となりました。全部門の既存店の数値がマイナスとなり、特に、青果は95.8% (既存店)と、売上構成比が14.2%だけに、その影響が大きかったといえます。青果は「青果相場が安値で推移し単価が大きく下落」、「台風の影響でトマト類に入荷に影響」等、苦戦したようです。売上構成比は青果ほどではないですが、6.7%の非食品も94.5%と大きく下がっています。「駆け込み需要の反動により不調」だったそうです。ただ、部分的には、「台風の影響を受けた地域では、乾電池、ゴミ袋、カ セットコンロなどに特需が発生」、「前年値上げ後の反動減があったたばこは好調」と、好調なカテゴリ―もあったとのことです。食品スーパー、消費増税、初月は厳しいスタートとなり、今後、さらに厳しい経営環境が継続してゆきますが、この年末商戦、そして、来期へ向けて、どう経営を立て直してゆくのか、各社の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #食品スーパー 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,050人

November 29, 2019 |

Comments

Post a comment