« コンビニ、130万枚レシート分析、ソフトブレーン・フィールド! | Main | 家計調査、10月度、実質5.1%の減少! »

December 09, 2019

クローガー、第3四半期、減収減益!

Kroger Reports Third Quarter 2019 Results:12/5

CF関連:キャッシュの配分:In millions
・営業活動によるキャッシュ・フロー:4,048(昨年 3,733)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:(1,824)(45.06%:昨年(630))
  ⇒Payments for property and equipment, including payments for lease buyouts :(2,363)(昨年(2,257))
・財務活動によるキャッシュ・フロー:(2,108)(昨年(3,021))
  ⇒Treasury stock purchases:(34)(昨年(1,996))
・現金及び現金同等物の増減額116(昨年82)

B/S関連:キャッシュの蓄積:In millions
・総資産:45,393
・自己資本比率:19.23%(昨年19.96%)
・現金及び預金: 417(総資産比 0.92%)
・有利子負債:20,766(総資産比 45.75%)
・買掛金:6,867(総資産比 15.13%)

P/L関連:キャッシュの創出:In millions
・売上高:93,393(△0.18%)、営業利益:1,714(△22.96%)
・当期純利益 1,591 (△56.54%)
・原価:77.94%(昨年 78.18%):-0.24、売上総利益:22.06%(昨年 21.82%):+0.24
・経費:20.23%(昨年 19.45%):+0.78
・営業利益:1.83%(昨年2.37%):-0.54

Comments from Chairman and CEO Rodney McMullen
・"Kroger's customer obsession and focus on operational excellence continued to generate positive results in the third quarter. Identical sales were the strongest since we started Restock Kroger and gross margin rate, excluding fuel and pharmacy, improved slightly in the quarter. At the same time, we continued to reduce costs as a percentage of sales.
・We are using the power of Kroger's stable and growing supermarket business to create meaningful incremental operating profit through the alternative profit stream businesses, which adds up to a business built for long-term growth that generates consistently attractive total shareholder returns. Kroger continues to generate strong and durable free cash flow as reflected by the fact that the company has reduced debt by $1.5 billion over the prior four quarters and continues to increase its dividend to create shareholder value.
・Restock Kroger is the right framework to reposition our business to create value for all of our stakeholders, both today and in the future."

クローガーの株価:12/5
・時価総額 21,483,453千ドル(12/5) =26.80ドル(12/5) × 801,621,398株(12/5)
・株価26.80ドル(12/5)=PER(会社予想):7.05倍(12/5)×EPS 3.8ドル2019/2)
・株価26.80ドル(12/5)=PBR(実績): 2.71倍(12/5)×BPS 9.88ドル(2019/2)

PI研のコメント(facebook)
・クローガーが12/5、2019年度の第3四半期決算を公表しました。結果は四半期のみでは増収減益となりましが、四半期累計では減収減益となる厳しい決算となりました。株価も-0.84ドル(-3.04%)と下落しており、投資家は売りと判断したようです。減益となった要因ですが、原価は改善していますが、それを上回る経費の増加が大きく、これが利益に影響したといえます。クローガー自身は、「Kroger continues to generate strong and durable free cash flow」とP/Lよりもキャッシュフローの増加を強調しており、キャッシュは安定しているとのことです。さらに、「 Identical Sales without fuel grew 2.5% and digital sales grew 21% 」と、既存店は堅調であり、ネットは21%増と大きく伸びているとのことで、ネットの好調さを強調しています。実際、ネットスーパーはイギリスのオカド(Ocado)と資本業務提携をし、この11月には6カ所目のフルフィルメントセンターをオープン、今後、全米でのネットスーパーの展開を目指してゆくものといえ、さらに、ネットの成長は続くと思われます。クローガー、この第3四半期の結果を踏まえ、今期、どこまで収益の改善を図ってゆくのか、次の四半期の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Kroger 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,050人

December 9, 2019 |

Comments

Post a comment