« イオン、Ocadoと独占パートナーシップ契約! | Main | デカトロン、ICタグで無人決済、在庫管理! »

December 03, 2019

クローガー、全米初、Infarmと提携、野菜工場!

Kroger Partners with Europe's Infarm to Offer In-store Living Produce Farms:
America's favorite grocer first in North America to offer the innovative vertical farming solution
・Kroger:11/19
・BERLIN and CINCINNATI, Nov. 19, 2019 /PRNewswire/ -- The Kroger Co. (NYSE: KR), America's largest grocery retailer, and Infarm, the world's fastest growing urban farming network, today announced a partnership that will bring modular living produce farms to North America, delivering produce picked so fresh you can see the roots. The partnership between Kroger and Infarm marks the first-of-its-kind in the United States.
「ベルリンとシンシナティ、2019年11月19日/ PRNewswire /-アメリカ最大の食料品小売業者であるThe Kroger Co.(NYSE:KR)、および世界で最も急速に成長している都市農業ネットワークであるInfarmは本日、モジュール式の生農産物をもたらすパートナーシップを発表しました 北米に農場を開き、新鮮なものを選んで、根を見ることができます。 KrogerとInfarmのパートナーシップは、米国で初めてのものです。(google翻訳)」

米食品スーパー最大手のクローガーが垂直農場ソリューションを店舗に導入:
・ TECHABLE:11/30 ・米国最大手の食品スーパーKroger(クローガー)は、2019年11月、米国で初めて、傘下のチェーン店QFCに独ベルリンのスタートアップ企業Infarm(インファーム)が開発した垂直農場ソリューションを導入すると発表した。
スーパーの店舗に垂直農場ソリューションを導入:
・Infarmの垂直農場ソリューションが導入されるのは、米ワシントン州ベルビューとカークランドにあるQFCの2店舗で、今後、さらに13店舗にも導入をすすめる。Infarmの垂直農場ソリューションは、IoT(モノのインターネット)や機械学習(ML)を活用し、空間の温度や湿度、光、pHなどを最適に制御して、1年中、ハーブやレタスなどの葉野菜を効率的に栽培できるのが特徴。

infarms:
・Our infarms are modular and can stack to fit any given space. You’ll find them in supermarkets, restaurants and distribution centers, where the produce is harvested and offered fresh, living and full of flavor, right in your neighborhood.We remotely control all infarms through our cloud-based farming platform, that learns, adjusts and improves itself continuously, so each plant grows better than the one before.

PI研のコメント(facebook)
・クローガーが11/19、「Kroger Partners with Europe's Infarm to Offer In-store Living Produce Farms」とのニュースリリースを公表しました。スタートアップ、Infarmと業務提携、植物工場を店舗に導入するとの内容です。Infarmはドイツ、ベルリンの企業であり、ITと機械学習を駆使し、クラウドで食品スーパー等の植物工場を管理、ハーブやレタスを生産し、店舗での販売が可能な一連のシステムを提供する企業です。すでに、「世界中の店舗と流通センターに500以上の農場を持ち、ドイツ、フランス、スイス、ルクセンブルク、デンマーク、英国、米国の7か国の+25の主要小売店と提携」しており、北米の食品スーパーではクローガーとは初の業務提携だそうです。クローガーも「Infarmとのパートナーシップにより、画期的な店内農業技術と、新鮮で地元の農産物とエコロジーソーシングへの情熱を組み合わせる」とコメントしており、今後は地元の農家との連携もはかり、青果物の差別化をはかってゆくとのことです。食品スーパー、これまでは直売、バイローカルが主な差別化でしたが、今後は植物工場も加わる様相を呈しはじめたといえ、Infarmの動向に注目です。いづれ、日本にも参入すると思われ、外食、食品スーパー、どこが業務提携するか、気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Kroger 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━

      *食品スーパー・ドラッグストア、全上場企業約100社を対象!
      *分析事例:eラーニングでサンプル分析を公開

 1.Slack開設、「POS分析」_13人!
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,050人

December 3, 2019 |

Comments

Post a comment