« マックスバリュ東海、第3四半期、増収増益、統合効果! | Main | 食品スーパー、売上速報、12月度、既存店99.0%! »

January 24, 2020

コンビニ、売上速報、12月度、店舗数減拡大!

JFAコンビニエンスストア統計調査月報:
・2019年1月度:1/20
・今月は、クリスマス商材等のデザート類が好調に推移したことに加え、温かい調理麺、冷凍食品、サラダ等が引き続き好調だったこと等から、全店売上高が前年を上回る結果となった。

店舗売上高:
・全店は3ヶ月連続のプラス・既存店は3ヶ月ぶりのマイナス:
   ⇒全店969,732(百万円:0.1%)、既存店 915,565(百万円:-0.3%)

店舗数:
  ⇒55,620(店舗:-0.2%)

来店客数:
・全店・既存店はともに3ヶ月連続のマイナス:
  ⇒ 全店1,479,656 (千人:-0.6%)、既存店 1,388,828(千人:-1.1%)

平均客単価 :
・全店・既存店はともに3ヶ月連続のプラス:
  ⇒全店(円)655.4(0.7% )、既存店659.2(0.7%)

商品構成比および売上高前年同月比(既存店ベース)
  ⇒日配食品 36.0% 0.2%、加工食品 27.4% 1.4%、非 食 品 29.6% -1.3%、サービス 7.0% -5.2%

非食品:
たばこ、雑誌、書籍、新聞、衣料品、袋物類、文具類、玩具、雑貨、ペットフ ード、乾電池、テープ、CD、フィルム、電球・蛍光灯、電卓、燃料、サングラ ス、園芸用品、ゲームソフト、花火、洗剤、化粧品、医薬品、医薬部外品栄 養ドリンク、紙製品、切手・はがき・収入印紙、装身具等

対象企業:7社
・(株)セイコーマート、(株)セブン-イレブン・ジャパン、(株)ファミリーマート、(株)ポプラ、 ミニストップ(株)、山崎製パン(株)デイリーヤマザキ事業統括本部、(株)ローソン

PI研のコメント(facebook)
・全国のコンビニ、55,620店舗の売上速報が1/20、日本フランチャイズチェーン協会から公表されました。結果は「全店は3ヶ月連続のプラス・既存店は3ヶ月ぶりのマイナス」と、既存店がマイナスです。また、全店はプラスですが、わずか0.1%ですので、厳しい数値です、特に、成長の原動力、店舗数の増加がストップしたといえます。この12月度は-0.2%、前回の11月度は-0.03%ですので、その比率は拡大しており、コンビニの成長は転機を迎えたといえそうです。ただ、これに反すように客単価は「全店・既存店はともに3ヶ月連続のプラス」と上昇しており、来店客数の「全店・既存店はともに3ヶ月連続のマイナス」とは対象的な動きとなっています。一般に、売上高=客数×客単価ですので、この両指標は反比例の関係にあります。これまでコンビニは新店による客数増で売上を伸ばしてきましたが、いまや新店は望めなくなり、客単価に力点がシフトしています。ただ、その伸びも客数をカバーするまでにはいたっておらず、特に、既存店は厳しい局面に入ったといえます。部門別で見ると、特に、29.6%の構成比の非食品が -1.3%が大きく、特に、たばこは深刻な状況といえそうです。コンビニ、今後、客数アップの時代は終わったといえ、いかに、客単価アップをはかってゆくか、そのためには全国約5万店の活性化策が必須ですが、各社どのような政策を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #コンビニ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.POSデータ分析の基本_セミナー:2/21/2020
 2.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 3.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 4.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,080人

January 24, 2020 |

Comments

Post a comment