« Amazon、第4四半期決算、時価総額100兆円! | Main | ワークマン、第3四半期、大幅、増収増益! »

February 09, 2020

アマゾン、Highlights、第4四半期決算!

アマゾン第4四半期決算、Highlights:
・Amazon announced that delivery through Amazon Fresh, which was previously $14.99 a month, is now a free benefit for Prime members. Members in more than 2,000 U.S. cities and towns can access free two-hour grocery delivery from Amazon Fresh and Whole Foods Market. Grocery delivery orders from Amazon Fresh and Whole Foods Market more than doubled in the fourth quarter year-over-year.
(Amazonは、以前は月額14.99ドルであったAmazon Freshを介した配送が、プライム会員にとって無料の特典になることを発表しました。米国の2,000以上の都市や町の会員は、Amazon Fresh and Whole Foods Marketから2時間の無料食料品配達にアクセスできます。 Amazon Fresh and Whole Foods Marketからの食料品配達注文は、前年同期比で2倍以上になりました。)

・Fire TV now has more than 40 million active users worldwide. Amazon announced the new Fire TV Edition at CES 2020, which includes a set of tools, features, and services that make it even easier for developers, operators, device makers, and manufacturers to integrate Fire TV into their products. BMW and Fiat Chrysler Automobiles are among the first automakers to introduce Fire TV in their future vehicles.
(Fire TVには現在、世界中で4,000万人以上のアクティブユーザーがいます。 AmazonはCES 2020で新しいFire TV Editionを発表しました。これには、開発者、オペレーター、デバイスメーカー、メーカーがFire TVを自社製品に統合するのをさらに容易にするツール、機能、サービスのセットが含まれています。 BMWとFiat Chrysler Automobilesは、将来の車両にFire TVを導入した最初の自動車メーカーです。)

 

・Amazon pledged to invest $1 billion to help digitize traders and micro, small, and medium-sized businesses (MSMBs) across India, with the goal of bringing more than 10 million MSMBs online by 2025. Today, there are more than 550,000 sellers on the Amazon India marketplace, more than 60,000 Indian manufacturers and brands are exporting their “Make in India” products to customers worldwide on Amazon, and we expect our new $1 billion investment to enable $10 billion in cumulative Indian exports by 2025.
(Amazonは、2025年までに1,000万人以上のMSMBをオンラインにすることを目標に、インド全体のトレーダーと中小企業(MSMB)のデジタル化を支援するために10億ドルを投資することを誓約しました。 Amazon Indiaマーケットプレイスでは、60,000以上のインドのメーカーとブランドが「Make in India」製品をAmazonで世界中の顧客に輸出しています。新しい10億ドルの投資により、2025年までに100億ドルの累積インド輸出が可能になると予想しています。)

 

・Amazon Business launched in Canada and now serves commercial and public sector organizations of all sizes in Canada and eight other countries, including the U.S., U.K., Germany, France, Italy, Spain, Japan, and India. Amazon Business also launched Business Prime in Canada. Business Prime offers member-only benefits to help save time and money, in addition to unlimited fast, free shipping on eligible items for every member on the account.
(Amazon Businessはカナダで立ち上げられ、現在、カナダおよび米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、日本、インドを含む8か国のあらゆる規模の商業および公共部門の組織にサービスを提供しています。 Amazon BusinessはカナダでもBusiness Primeを開始しました。ビジネスプライムでは、アカウントのすべてのメンバーが対象商品を無制限に高速で送料無料にすることに加えて、時間とお金を節約できるメンバー限定の特典を提供しています。)

・AWS announced six new capabilities for Amazon SageMaker, a fully-managed service that removes the heavy lifting from each step of the machine learning process. Amazon SageMaker Studio is the first fully integrated development environment for machine learning that makes it easier for developers to build, debug, train, deploy, monitor, and operate custom machine learning models; Amazon SageMaker Notebooks allows developers to spin up elastic machine learning notebooks in seconds, and automates the process of sharing notebooks with a single-click; Amazon SageMaker Experiments helps developers visualize and compare machine learning model iterations, training parameters, and outcomes; Amazon SageMaker Autopilot allows developers to submit simple data in CSV files and have machine learning models automatically generated, with full visibility to how the models are created so developers can evolve them over time; Amazon SageMaker Debugger provides real-time monitoring for machine learning models to improve predictive accuracy, reduce training times, and facilitate greater explainability; and Amazon SageMaker Model Monitor detects concept drift to discover when the performance of a model running in production begins to deviate from the original trained model.
(AWSは、Amazon SageMakerの6つの新機能を発表しました。これは、機械学習プロセスの各ステップからの負担を取り除く完全に管理されたサービスです。 Amazon SageMaker Studioは、機械学習向けの完全に統合された最初の開発環境であり、開発者がカスタム機械学習モデルを簡単に構築、デバッグ、トレーニング、デプロイ、監視、および操作できるようにします。 Amazon SageMaker Notebooksを使用すると、開発者は数秒で弾力性のある機械学習ノートブックを起動し、シングルクリックでノートブックを共有するプロセスを自動化できます。 Amazon SageMaker Experimentsは、開発者が機械学習モデルの反復、トレーニングパラメーター、および結果を視覚化および比較するのに役立ちます。 Amazon SageMaker Autopilotを使用すると、開発者は単純なデータをCSVファイルで送信し、機械学習モデルを自動的に生成できます。モデルの作成方法を完全に可視化できるため、開発者は時間とともに進化できます。 Amazon SageMaker Debuggerは、機械学習モデルのリアルタイムモニタリングを提供して、予測精度を向上させ、トレーニング時間を短縮し、説明可能性を高めます。 Amazon SageMaker Model Monitorはコンセプトのドリフトを検出して、実稼働環境で実行されているモデルのパフォーマンスが元のトレーニング済みモデルから逸脱し始める時期を検出します。)

・AWS announced five new artificial intelligence (AI) services designed to put machine learning in the hands of more developers — with no machine learning experience required. Amazon Kendra reinvents enterprise search by using natural language processing and other machine learning techniques to unite multiple data silos inside an enterprise and consistently provide high-quality results to common queries instead of a random list of links in response to keyword queries; Amazon CodeGuru helps software developers automate code reviews and identify an application’s most expensive lines of code; Amazon Fraud Detector helps businesses identify online identity and payment fraud in real time, based on the same technology developed for Amazon.com; Amazon Transcribe Medical offers healthcare providers highly accurate, real-time speech-to-text transcription so they can focus on patient care; and Amazon Augmented Artificial Intelligence (A2I) helps developers validate machine learning predictions through human confirmation.
(AWSは、機械学習をより多くの開発者の手に委ねるために設計された5つの新しい人工知能(AI)サービスを発表しました。機械学習の経験は不要です。 Amazon Kendraは、自然言語処理およびその他の機械学習技術を使用して企業検索を改革し、企業内の複数のデータサイロを統合し、キーワードクエリに応じてリンクのランダムリストではなく、高品質の結果を共通クエリに一貫して提供します。 Amazon CodeGuruは、ソフトウェア開発者がコードレビューを自動化し、アプリケーションの最も高価なコード行を特定するのに役立ちます。 Amazon Fraud Detectorは、Amazon.com用に開発された同じテクノロジーに基づいて、企業がオンラインIDと支払い詐欺をリアルタイムで識別するのに役立ちます。 Amazon Transcribe Medicalは、医療従事者に非常に正確でリアルタイムの音声からテキストへの転写を提供するため、患者のケアに集中できます。 Amazon Augmented Artificial Intelligence(A2I)は、開発者が人間の確認を通じて機械学習の予測を検証するのに役立ちます。)

・AWS announced three key initiatives as a part of its plans to help advance quantum computing technologies. Amazon Braket is a new, fully-managed AWS service that enables scientists, researchers, and developers to begin experimenting with computers from quantum hardware providers (including D-Wave, IonQ, and Rigetti) in a single place; AWS Center for Quantum Computing will bring together quantum computing experts from Amazon, the California Institute of Technology (Caltech), and other top academic research institutions to collaborate on the research and development of new quantum computing technologies; and the Amazon Quantum Solutions Lab connects customers with quantum computing experts from Amazon and its partners to develop internal expertise aimed at identifying practical uses of quantum computing, and accelerating the development of quantum applications with meaningful impact.
(AWSは、量子コンピューティングテクノロジーの進歩を支援する計画の一環として、3つの重要なイニシアチブを発表しました。 Amazon Braketは、完全に管理された新しいAWSサービスであり、科学者、研究者、開発者が1か所で量子ハードウェアプロバイダー(D-Wave、IonQ、Rigettiを含む)のコンピューターで実験を開始できるようにします。 AWS量子コンピューティングセンターは、Amazon、California Institute of Technology(Caltech)、およびその他のトップの学術研究機関の量子コンピューティングエキスパートを集めて、新しい量子コンピューティングテクノロジーの研究開発に協力します。また、Amazon Quantum Solutions Labは、お客様とAmazonおよびそのパートナーの量子コンピューティングエキスパートを結び付け、量子コンピューティングの実用的な用途を特定し、意味のある影響で量子アプリケーションの開発を加速することを目的とした社内専門知識を開発します。)

PI研のコメント(facebook)
・アマゾンが1/30に公表した2019年12月期の第4四半期決算には、決算Highlightsが公表されており、この1年間アマゾンが取り組んできたことに加え、今後のAmazonの経営戦略が語られています。ここでは、その中から興味深いテーマを選び、google翻訳を使い日本語に訳してみました。決算Highlightsは50項目を優に超え、じっくり見ていると数時間すぐにたってしまう内容です。まず、Amazon Fresh and Whole Foods Marketの宅配が Prime membersへ無償化したことにより、会員が飛躍的に伸びたとのことです。既に1.5億人という Prime membersが世界中にいるとのことで、これがAmazonの経営基盤となっており、いかにサービスを付加するか重要なポイントといえます。今後、 Prime members拡大のためにFire TVにも力を入れてゆくとのことです。また、これはアメリカ、ヨーロッパ、日本だけでなく、Amazonのビジネスを全世界に広げており、特に、インドは重要拠点となっているとのことです。また、Amazon Businessもカナダで立ち上がり、日本を含め、世界へ拡大してゆくとのことです。AWSですが、この言及は数多く、注目はAmazon SageMakerの6つの新機能と5つの新しい人工知能(AI)サービスの発表です。いよいよ、本格的にDL(ディープラーニング)をはじめ、AIに取り組むとのことで、クラウド=AIの時代の到来といえます。さらに、「AWSは、量子コンピューティングテクノロジーの進歩を支援する計画」と、量子コンピュータへの取り組みもはじまったとのことです。時価総額100兆円を超えたAmazon、2020年度はどのような経営戦略を打ち出すのか、今年もAmazonの動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Amazon 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.POSデータ分析の基本_セミナー:2/21/2020
 2.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 3.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 4.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

February 9, 2020 |

Comments

Post a comment