« Amazon、約300坪のレジ無し食品スーパー、オープン! | Main | Zaimトレンド、ポストID-POS分析へ! »

February 28, 2020

AI需要予測システム、NEC、リオンドールで実証!

NEC、AIを活用した小売業界向け需要予測型自動発注システムを
提供開始、発注業務の効率化・ロス削減に貢献:

・NEC:2/21
・NECは、小売業界向けにAIを活用した需要予測と、それに基づく自動発注システムを提供開始します。本システムは、様々なデータから客数や各商品の需要予測を行います。また、予測に基づいて発注業務を自動化することにより、発注業務の効率化・標準化およびロスや欠品の削減に貢献します。なお、本システムは先行して株式会社リオン・ドール コーポレーション(本社:福島県会津若松市、代表取締役:小池信介、以下 リオン・ドール)が福島県を中心に展開するスーパーマーケットに採用され、千石店で今月より稼働開始し、今後各店舗に順次展開予定です。
・小売業界は人手不足に対応した働き方改革、食品ロスの削減といった課題に直面しており、ICTを活用した業務変革が求められています。NECは、AI需要予測システム(DCMSTORE-DF)と、それを用いた需要予測型自動発注システム(DCMSTORE-EOB)を開発し、この2つの課題の解決に取り組みます。本システムは、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(注1)の1つである「異種混合学習」(注2)を活用しており、天候や曜日、過去実績などのデータを元に客数と販売数を高精度に予測します。牛乳や練り物など日持ちのしない日配品を対象に販売数を予測し、適正量を自動発注することで、発注業務の効率化・標準化を実現し、ロスや欠品を防止します。
・リオン・ドールでは、本システムの導入に先立ち、複数店舗において予測モデルを用いた3か月間のシミュレーションを実施し、人手による発注実績と比較した結果、対象製品の欠品日数6.5%改善、ロス金額25~40%低減を確認しています。
・今回活用するNECの「異種混合学習」は、多種多様なデータから複数の規則性を自動で発見し、その規則に基づいて状況に応じた最適な予測を行います。店舗ごと、商品ごとに規則性を自動で検出して予測することで、きめ細かく精度の高い自動発注が可能となります。また、本システムは予測結果の根拠まで説明可能なホワイトボックス型AIであるため、複雑な分析についても解釈性の高い予測結果を得ることが可能となります。予測の理由が示されることで、予測の納得感が増し、問題発生時には原因解明を容易にします。

PI研のコメント(facebook)
・いよいよ、AIの需要予測システムの本命、NECの異種混合技術のサービスがはじまりました。2/21、NECが「NEC、AIを活用した小売業界向け需要予測型自動発注システムを提供開始、発注業務の効率化・ロス削減に貢献」とのニュースリリースを公表しました。満を持してという表現がはまるニュースリリースといえ、恐らく、業界標準のAI需要予測のシステムになってゆくのではないかと思います。ポイントは異種混合技術であり、しかも、ホワイトAIといえます。従来のDL(ディープラーニング)での需要予測は原則モデルがひとつ、しかもブラックボックスAI(中身がブラックボックス)でしたが、今回のNECのAI、異種混合技術はAIを組み合せ、さらに、ホワイトボックス化したところにあります。結果、複雑な発注環境をそれぞれの段階に応じてAIを適用、しかも、その変動要因を視覚化し、ホワイトボックス化したところが売りといえます。リオンドールでの実証実験でも、「対象製品の欠品日数6.5%改善、ロス金額25~40%低減を確認」とのことですので、効果も確認できたとのことです。また、「今後各店舗に順次展開予定」とのことですので、リオンドール側の評価も高いと思われます。AIによる需要予測、これまでの自動発注の時代が大きく変わる時代を切り開きつつあるといえ、異種混合技術の今後の動向にも注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #NEC 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

February 28, 2020 |

Comments

Post a comment