« February 2020 | Main | April 2020 »

March 31, 2020

米、食品スーパー、レジ、アクリル板設置、全店へ!

米大手スーパー各社、店頭レジにアクリル板設置 飛沫感染を防止:
・CNN:3/27
・ニューヨーク(CNN Business) 米国のスーパーマーケットチェーン大手が相次いで、新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染を防ぐアクリル板を店頭のレジに設置する計画を発表した。アクリル板で客と従業員を隔て、感染を防ぐ一助とする。最大手のウォルマートは米国内の4700店舗と傘下のサムズクラブ600店舗で3週間以内にアクリル板を設置する。床にはステッカーを張り、レジに並ぶ客が米疾病対策センター(CDC)の勧告に従って互いに1.8メートル以上の間隔を保てるようにする。ショッピングカートは従業員がバックパック式のスプレーを使って消毒する。

Walmart, Albertsons, Kroger and Whole Foods are adding sneeze guards to checkout lanes:
・CNN Business:3/25
・New York (CNN Business)The checkout aisles at a number of the United States' largest grocery chains are going to look a little different.Walmart, Kroger and Albertsons are installing plexiglass sneeze guards in the coming weeks to help protect their employees from the spread of coronavirus as they continue to work on the front lines of a public health pandemic.It's part of a growing number of changes the companies are implementing as they continue to remain open, including enforcing social distancing guidelines.
・Walmart:
・Walmart (WMT), which is America's largest grocer, is adding the sneeze guards at its 4,700 US stores and at its 600 Sam's Club locations within the next three weeks. It's also adding floor decals at the checkout lines reminding people of the six-foot social distancing recommendations from the Centers for Disease Control.
・Albertsons:
・Kroger:
・Target:
・Whole Foods:

PI研のコメント(facebook)
・CNN.co.jpが3/27、「米大手スーパー各社、店頭レジにアクリル板設置 飛沫感染を防止」との見出しのニュースを報じました。アメリカでは3/25に「Walmart, Albertsons, Kroger and Whole Foods are adding sneeze guards to checkout lanes」の見出しで報じられたものの日本語版です。アメリカの主要食品スーパーでレジにアクリル板を設置し、新型コロナウイルスの感染症から従業員を救おうという試みです。記事に上がっている企業はウォルマート、アルバートソンズ、クローガー、ターゲット、ホールフーズです。ウォルマートの場合は、全店、3週間以内に設置するそうです。アメリカでは3/29現在、12万人が新型コロナウイルスに感染、死者も2千人を超えており、深刻なパンデミックになっていますので、食品スーパー業界もその対応に待ったなしの状況といえます。今回、全店のレジにすばやくアクリル板を設置することは飛翔による感染を防ぐことが最優先であるとの結論と思われます。また、同時に、「the six-foot social distancing recommendations 」、約2mの距離をとることも実践されるとのことですので、この2つが食品スーパーにとって最優先での新型コロナウイルスへの感染対策と思われます。いずれも、ウォルマート傘下の西友でもこのような対応がなされると思われます。日本の食品スーパーも、感染爆発が真近に迫ったいま、どのような対応策が有効か、アメリカでの実践事例が日本の食品スーパーにとっても、参考になる事例かと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #ウォルマート 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,120人

March 31, 2020 | | Comments (0)

March 30, 2020

アークランドサカモト、本決算、増収減益、外食好調!

アークランドサカモト、2020年2月期、本決算:3/23

CF関連:キャッシュの配分:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:8,487百万円(昨年110,386百万円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△8,453百万円(99.60%:昨年△6,979百万円)
  ⇒有形固定資産の取得による支出 :△6,974百万円(昨年△5,402百万円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:1,678百万円(昨年174百万円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):1,710百万円 (3,577百万円)

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:105,608百万円
・自己資本比率:69.7%(昨年72.6%)
・現金及び預金:20,127百万円(総資産比 19.06%)
・有利子負債:5,810百万円(総資産比 5.51%)
・買掛金:5,077百万円(総資産比4.81%)
・利益剰余金 :60,657百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:112,684百万円(2.5%) 、営業利益:9,575百万円(△3.3%)
・経常利益:10,394百万円(△2.4%)、当期純利益:4,846百万円(△14.8%)
・通期予想:
  ⇒売上高:15,000百万円(2.1%:進捗率  %)
  ⇒営業利益:9,800百万円( 2.3%:進捗  %)
・原価:61.03%(昨年62.15%):-1.12、売上総利益:38.97%(昨年37.85%):+1.12
・経費:30.48%(昨年28.84%):+1.64
・マーチャンダイジング力:+8.49%(昨年+9.01%):-0.52
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:0.00%(昨年0.00%):+0.00
・営業利益:+8.49%(昨年+9.01%):-0.52

アークランドサカモトのコメント:
・当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境や企業収益の改善を背景に、緩やかな回復基調が続いているものの、米中貿易摩擦や英国のEU離脱問題等に加え、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、先行きは依然として不透明な状況が続いております。
当社グループの主力であるホームセンター業界におきましては、業種・業態の垣根を越えた競争の激化、消費者の節約志向の継続、記録的な暖冬が影響し、依然として厳しい環境が続いております。
・小売事業:売上高68,644百万円(△0.1%)、営業利益3,134百万円(△17.0%)
・ホームセンター部門の売上高は、61,581百万円(前期比1.2%減)となりました。期初2月の住デポ新発田店、7月のニコペット京都八幡店及び8月のホームセンタームサシ久喜菖蒲店・ニコペット久喜菖蒲店のオープンが寄与した一方で、前期2月にホームセンタームサシ新発田コモ店及び住デポ厚木店が閉店したこと並びに既存店売上高が前期比3.8%減となったことによるものです。既存店売上高については、消費税増税前の駆け込み需要があったものの、その後の反動、春の低温、夏到来の遅れ及び記録的な暖冬が影響したことによるものです。
・外食事業:売上高33,327百万円(8.9%)、営業利益4,486百万円(9.0%)
・外食事業は、主力のとんかつ専門店「かつや」(国内・海外)のFCを含む店舗数が今年度純増29店舗の461店舗、「からやま」・「からあげ縁」も純増23店舗の117店舗となるなど、積極的な事業展開を行いました。

アークランドサカモトの株価:3/27
・時価総額41,340百万円(3/27) =999円(3/27) ×41,381,686株(3/27)
・株価999円(3/27) =PER(会社予想):7.79倍(3/27)×EPS 128.21円(2021/2)
・株価999円(3/27) =PBR(実績):0.55倍(3/27)×BPS 1,814.60円(2020/2)

PI研のコメント(facebook)
・アークランドサカモトが3/23、2020年2月期の本決算を公表しました。いよいよ、小売業の2月期の本決算の公表がスタート、今後、続々と本決算の公開が続いてゆきます。その結果ですが、増収、減益、売上高は堅調であったものの、利益が伸び悩んだといえます。アークランドサカモトはホームセンター、スーパーセンターが主力業態ですが、ここ数年、外食産業が急成長、いまや、全体の約30%の構成比なっています。今期本決算でも特に営業利益は小売業よりも高く、しかも増収増益、特に利益は9.0%という好決算です。主力のかつやも461店舗と、国内外で展開しています。さて、今期増収減益、特に、利益が減益になった要因ですが、原価は-1.12ポイントと大きく改善しましたが、経費がそれを上回る+1.64ポイントの増加となり、これが利益を圧迫したためです。外食事業は増収増益ですので、ホームセンター、スーパーセンターでの経費増が原因と思われます。アークランドサカモト、来期は増収増益予想ですので、好調な外食事業にさらに力を入れてゆくと思われます。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が先が読めない展開だけに、どうホームセンター、スーパーセンター等、小売事業とのバランスをとってゆくのか、すでにスタートした新年度の経営戦略に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #アークランドサカモト 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,120人

March 30, 2020 | | Comments (0)

March 29, 2020

ネットスーパー、店頭買いだめ、休止相次ぐ!

ネットスーパー相次ぎ休止 買いだめで店の在庫品薄に:
・日本経済新聞:3/27
・東京都などでの外出自粛要請を受けた食品の買いだめの影響で、ネットスーパーが相次いで休止している。アマゾンジャパン(東京・目黒)は28日から、スーパー大手のライフコーポレーションと組んで提供しているネットスーパーの受注を一時的に休止する。楽天と西友が運営するネットスーパーも受注を停止した。スーパーの店舗での販売急増でネット通販向けの商品の在庫が不足している。
・ただ、楽天と西友が専用の物流センターを構えている千葉県柏市周辺に在住する利用者からの受注は受け付けている。柏市の物流施設は27日昼時点でも稼働しているという。

3/28(土)お届け分より受注再開いたしました:
・Rakuten SEIYUネットスーパー:3/27
・いつも楽天西友ネットスーパーにご愛顧賜り誠にありがとうございます。新型コロナウイルス拡散防止に関する各自治体からの発表等の影響により、ご注文が急増したことを受け、3/26(木)から東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県でのご注文の承りを一時停止しておりましたが、3/28(土)お届け分よりご注文の承りを再開いたしました。一方、需要の急激な高まりの影響を受け、出荷店舗における更なる品薄状態が続いていることから、マスク・紙製品に加え、冷凍食品・お米・レトルト食品などの加工品やお肉、お魚の一部につきましては販売の一時中止、または購入数量に制限をかけさせていただいております。
・日々ご利用いただいているお客様には、これまでも品揃えやお届け体制が不十分な状況のまま、サービスをご提供することについて、大変なご不便、ご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。弊社の使命は、地域のお客様のライフラインとして、皆様の生活を支え続けることです。この使命を果たすため、新型コロナウイルス感染が拡大している中でも、できる限り営業を続ける所存でございます。また、ご注文の出荷店舗においても、清掃・消毒を行い、お客様に安心して商品をお届けできるようにしております。
・非常に困難な時期がしばらく続きますが、弊社は、お客様、地域の皆様、取引先等の関係者の皆様、そして従業員(アソシエイト)の健康を守ることに全力を尽くしてまいります。引き続きご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

PI研のコメント(facebook)
・3/27、日本経済新聞が「ネットスーパー相次ぎ休止、買いだめで店の在庫品薄に」との見出しの記事を配信しました。アマゾンとライフコーポレーションのネットスーパー、楽天、西友のネットスーパー、ロハコがあいついでネットスーパーの休止、取扱い制限に入ったとの内容です。ネットスーパー、特に、店舗型の場合は店頭在庫が豊富にある場合は成立しますが、今回の新型コロナウイルスの影響による一時的な顧客の買い付けが起こるとネットスーパーへ回す店頭在庫が不足し、事業そのものが成立しなくなるといえます。一般的に店頭が10%から20%、予想とズレるとネットスーパーへ大きな影響がでるといわれていますが、今回はそれ以上のズレが起こったため、ネットスーパーの休止にまで追い込まれたといえます。ただ、「3/28(土)お届け分より受注再開いたしました」と、Rakuten SEIYUネットスーパーが3/27にはニュースリリースを公表しており、一次的な休止で済んだといえます。気になるのは「マスク・紙製品に加え、冷凍食品・お米・レトルト食品などの加工品やお肉、お魚の一部につきましては販売の一時中止、または購入数量に制限」と、依然としてこれらの商品は在庫が不足しているとのことで、完全再開にはもう少し時間がかかりそうです。ネットスーパー、「地域のお客様のライフライン」として、店舗とともにどう地域を支え続けることができるか、「お客様、地域の皆様、取引先等の関係者の皆様、そして従業員(アソシエイト)の健康を守ることに全力を尽くし、・・」と、その真価が問われるステージに入ったといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #ネットスーパー 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,120人

March 29, 2020 | | Comments (0)

March 28, 2020

食品スーパー、新型コロナウイルスの影響調査!

新型コロナウイルスの影響に関する実態調査:
・全国スーパーマーケット協会:3/24
・全国スーパーマーケット協会としましては、地域の「食のライフライン」を守るスーパーマーケ ットが、これからも安定して食品の提供を実施できるよう、従業員の不安を取り除くための「休業補償」や「業務用のマスクや衛生用品の安定供給」を求めるとともに、「感染者発生時の、保健所 による対応の標準化」「中小企業の資金繰り支援」などを求め、スーパーマーケットの事業継続、 国民の食生活維持に寄与してまいる所存です。

調査結果要旨:
●感染拡大防止に向け、約9割が試食販売を中止、約8割が惣菜などのバラ売りを中止。アルコー ル消毒液の設置、従業員のマスク着用を義務付け、トングやバスケット、カートの消毒実施、従業 員の健康チェック強化などに取り組んでいる
●営業面での影響については、マスクや輸入食品など商品の欠品、チラシ休止やイベント中止による需要減のほか、開店前の行列対応や点数制限を守らない過度な買い占めへの対応、商品の入荷問合せや苦情対応などに従業員の時間が割かれる点を挙げる回答が目立っている
●小中高の一斉休校により、約半数の企業で従業員確保に影響。小さいお子さんのいる家庭への対 応だけでなく、高校生アルバイトの出勤停止措置を行った企業も。シフトの調整や、本部からの応 援、営業時間の短縮などを行うも、もともと人手不足が続いており、対応に苦慮している
●UAゼンセン様ご協力による従業員からの声では、子どもの世話のための休業に対する周囲の視 線や収入面の不安、欠品クレーム対応による精神的疲労感、電車通勤に対する不安などが大きい
●そのほか、従業員用のマスクやアルコール消毒液など衛生用品の不足、従業員が感染した場合な どの対応、商品の安定供給への懸念、仕入先の資金繰り悪化など事業継続への懸念などが回答とし て寄せられている

調査期間:
・2020 年 3 月 11 日(水)~19 日(木)、調査対象件数:966 社(スーパーマーケット名鑑掲載企業)、回収件数:222 社(回答率:23.0%)、調査方法:FAX・WEB 併用調査

調査項目:
Q.新型コロナウイルスにより、スーパーの営業面にはどの程度影響が出ていますか。(単一回答)(営業時間・商品販売方法・商談)
Q.営業面で影響が出ていることがあればお書きください。(自由記述)
Q.新型コロナウイルス対策に伴う学校の一斉休校により、従業員確保にどの程度影響が出ていますか。当てはまるものをお選びください。(単一回答)
Q.従業員確保のために取り組んでいることがあれば具体的な内容をお書きください。(自由記述)
Q.新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、顧客向けに店舗で実施していることがありましたら具体的にお書きください。(自由記述)
Q.仮に新型コロナウイルスの流行が長期化した場合、貴社が懸念されていることがあればお書きください。(自由記述)
Q.新型コロナウイルスに関連して、政府や行政に対策を講じてほしいこと、支援が必要なことなどがあればお書きください。(自由記述)

PI研のコメント(facebook)
・全国スーパーマーケット協会が3/24、新型コロナウイルスの影響に関する実態調査を公表しました。調査対象件数は966 社(スーパーマーケット名鑑掲載企業)に3/11-19にかけて実施したものです。内、222 社(回答率:23.0%)から回収した結果をまとめています。質問項目は、スーパーの営業面への影響、学校の一斉休校による従業員確保の影響、顧客への感染対策、長期化した場合の懸念、政府への要望等です。調査結果要旨を見ると、「約9割が試食販売を中止、約8割が惣菜などのバラ売りを中止」とのことで顧客が感染しないような売方へ大半のスーパーマーケットが変更しているそうです。また、「約半数の企業で従業員確保に影響」と、従業員の確保が難しい状況にあるとのことです。さらに、「従業員が感染した場合などの対応」も懸念されることだそうです。新型コロナウイルス、日本では感染爆発の前兆も出はじめており、今後、どのような事態に発展するか予断を許さない状況にあるといえます。この調査、今後、数週間後が山ですので、継続的に実施して欲しいと思います。そして、その結果をもとにスーパーマーケットが対応策をたて、「地域の「食のライフライン」」の維持につなげて欲しいと願います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #新型コロナウイルス 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,120人

March 28, 2020 | | Comments (0)

March 27, 2020

イギリス、アズダ、対新型コロナウイルス対策を公表!

Steps we have taken in response to the Coronavirus outbreak:
(コロナウイルスの発生に対応して私たちが取った措置:googole翻訳)
・Asda(アズダ):3/24
・We want to keep you fully informed of everything we’re doing to protect you and our colleagues in response to the spread of Coronavirus.
(コロナウイルスの蔓延に対応するために、私たちがあなたと私たちの同僚を保護するために行っているすべてのことを十分に知らせておきたいと思います。)We are staying close to the government on the latest information and advice to ensure we are doing the right thing for both you and our colleagues.
(私たちはあなたと私たちの同僚の両方のために正しいことをしていることを確実にするために、最新の情報とアドバイスに関して政府の近くにいます。)

How we’re implementing social distancing in our stores to keep you and our colleagues safe:
(あなたと私たちの同僚を安全に保つために、私たちの店でどのように社会的距離をとっていますか)
・It is vital that we implement measures in our stores which will help keep you and our colleagues safe and to ensure they maintain social distancing requirements. Although these measures will drastically change how people shop in our stores, this is the right thing for us to do to help limit the spread of infection.
(私たちが店舗で施策を実施することは、あなたと私たちの同僚を安全に保ち、彼らが社会的距離の要件を維持することを保証するのに役立つことが重要です。これらの措置は、人々が私たちの店で買い物をする方法を劇的に変えますが、これは、感染の拡大を制限するのを助けるために私たちが行うべき正しいことです。)
・If you need to visit our stores, from tomorrow (Wednesday) you will see colleagues at the doors to maintain safe customer numbers to help with social distancing, and there will be additional hand sanitiser available when entering and leaving. There will also be clear signage, directional barriers and floor markings to help you move around our store easily and maintain a 2-metre distance from other customers and our colleagues.
(当店を訪問する必要がある場合は、明日(水)から、ドアに同僚が安全な顧客番号を維持し、社会的な距離を保つのを助けます。また、出入り時に追加の手指消毒剤が用意されます。また、明確な標識、方向性バリア、フロアマーキングがあり、店舗内を簡単に移動でき、他の顧客や同僚から2メートルの距離を保つことができます。)
・We’re asking customers to only touch items they intend to purchase and to use cashless payment wherever they can to minimise contact. To make this even easier, as of 1st April, our contactless limit will be increasing to £45.
(購入を意図しているアイテムのみに触れ、連絡をできるだけ少なくするために可能な限りキャッシュレス決済を使用するようお客様にお願いしています。これをさらに簡単にするために、4月1日以降、非接触型の制限は45ポンドに引き上げられます。)
・There will be regular announcements on Asda radio to remind customers of their responsibility to apply social distancing rules whilst they shop, and to help you do this we are closing every other self-checkout till. We are also in the process of installing Perspex screens at our checkouts, pharmacies and service desks to help minimise contact and keep social distancing in place.
(Asdaラジオでは、買い物中に社会的距離ルールを適用する責任を顧客に思い出させるための定期的な発表があり、これを行うために、私たちは他のすべてのセルフチェックアウトを締めくくっています。また、チェックアウト、薬局、サービスデスクにPerspex画面を設置して、連絡を最小限に抑え、社会的な距離を保つことを支援しています。)
・Our colleagues are working extremely hard and under huge pressure, and we are immensely grateful to them. We’re making every effort to protect our colleagues and their health, and are providing additional hand sanitiser and gloves for them, as well as increasing opportunities to step away from the shop floor to wash their hands.
(私たちの同僚は非常に懸命に働いており、大きなプレッシャーの下にあり、私たちは彼らに非常に感謝しています。私たちは、同僚とその健康を守るためにあらゆる努力を払っており、追加の手指消毒剤と手袋を提供しているほか、現場から離れて手を洗う機会を増やしています。)
・In line with Government advice around protecting clinical workers, we are providing our pharmacists and optometrists with face masks, however, this is not something that is being advised for all colleagues. We simply ask that everyone maintains social distancing.
(臨床従事者の保護に関する政府のアドバイスに従い、薬剤師と検眼医にフェイスマスクを提供していますが、これはすべての同僚に助言されているものではありません。私たちは、すべての人が社会的距離を維持することを求めています。)
・Store opening times:
・How we’re working to deliver online shopping:
・Why we’ve introduced product limits:
・How we’re looking after our colleagues:
・How we’re looking after our communities:

PI研のコメント(facebook)
・イギリスのウォルマート傘下のアズダが新型コロナウイルスへの対策を3/24、公表しました。今後の食品スーパー業界がとるべき対策の参考となる内容であり、思い切った政策が目白押しです。アズダはイギリス政府のアドバイスを取り入れ、最新の新型コロナウイルスの情報をもとに、今回の対応策をまとめ、実行に移したとのことです。キーワードは「maintain a 2-metre distance」、2mです。すでに店内のレジカウンター付近には2mのラインが敷かれており、顧客同士、そして、従業員が2m以上の距離をとって買い物するように売場づくりがなされています。写真を見ると、2mラインが明確にひかれているのがわかります。これ以外にも、入店制限、入店チェック、出入り口の制限、衛生チェック、そして、商品購入の際の制限もあり、多岐に及びます。従業員も衛生を徹底、さらに、感染した場合の対応等も公表されています。また、実店舗だけでなく、オンラインも同様な対策が公表されており、企業全体の対応にも配慮しており、徹底した対策といえます。恐らくこれがモデルとなり、本体のウォルマート、関連企業、西友等も今後様々な対策が取られてゆくのではないかと思います。新型コロナウイルス対策、食品スーパーも抜本的な対策をする時期に来たといえ、今後の各社の対応に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #asda 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 27, 2020 | | Comments (0)

March 26, 2020

食品スーパー、売上速報、2月度、内食需要、特需!

一般社団法人 全国スーパーマーケット協会、2020年2月度:3/23
・キーワード TOP3:
・1. 新型コロナウイルスによる内食需要の高まり、2. うるう年により一日多い、天皇誕生日により祝日が一日多い、3. 気温が高い

総売上高:87,185,852万円 106.9% (全体) 105.5%(既存店)
・1. 青果 DI:-1.6(やや不調):13.5%(構成比) 102.4%(全体)101.1%(既存店)
・新型コロナウイルスの影響による内食需要が売上を底上げした。中旬にかけて暖冬となった前年と 比べてもさらに気温が高く、菌類や相場安が続く白菜などの鍋物関連野菜の動きが悪かった。サラダ 関連野菜は動きがよく、なかでもトマトは相場高も追い風となり好調となった。備蓄として土物類の 販売数量は増加しているが、相場安が続き伸び悩んだ。果物類では、輸入果物のバナナやオレンジな どが好調、国産柑橘類やイチゴ類は不振とするコメントが多かった。りんごは好不調が分かれた。

2. 水産 DI:9.4(やや好調):8.5% 105.6% 104.1%
・新型コロナウイルスの影響による内食需要による来客数増が売上を底上げした。相場が低下傾向にあ るマグロやカツオなどの刺身類が好調となった。一方、高い気温の影響で鍋物用食材(牡蠣、タラなど) の不振が続いた。春商材である海藻類やアサリが好調とのコメントが多かった。サラダ向け商品の動き がよかった。節分当日は平日となり伸び悩んだが、週末にちらし寿司用商材が好調だった。

3. 畜産 DI:18.5(好調): 11.9% 108.5% 106.9%
・新型コロナウイルスの影響による内食需要により来客数が増加したことが売上を底上げした。牛 肉は価格が低下傾向にあるなか、焼肉用やひき肉が好調となった。輸入牛や大容量の販売が好調だ った。豚肉は特に動きがよく、切り落としや小間切れが好調となった。鶏肉も引き続き好調。備蓄 用として、冷凍肉や、味付き商品やハムやソーセージなど加工肉も好調となった。

4. 惣菜 DI:13.0(好調):10.5% 107.3% 105.8%
・ 新型コロナウイルスの影響による内食需要増が売上を底上げした。外食の代替需要として弁当類や天 ぷら、フライ、高い気温によりサラダ類や冷惣菜が好調となった。一方で、ばら売りを中止して個包装 を行うなど、オペレーションが増えている。節分の恵方巻は、平日であり、食品ロス削減のため製造・ 販売を減少させた店舗が多かったが、一方でチャンスロスが発生した店舗も見られた。

5. 日配 DI:15.9(好調):19.6% 108.0% 106.2%
・新型コロナウイルスの影響による内食需要増が売上を底上げした。学校給食の代替需要として、麺類 やパン類、冷凍食品が好調で月末には買いだめも発生した。メディアで健康報道のあった納豆やヨーグ ルトに特需がみられ、納豆は店頭欠品も発生した。高い気温で推移したことで、牛乳をはじめとする飲 料類やアイスなどの動きもよかった。一方、暖冬により鍋関連の和日配は引き続き不振となった。

6. 一般食品:16.3(好調) :26.7% 107.7% 106.5%
・新型コロナウイルスの影響による内食需要増が売上を底上げし、下旬は特に備蓄向きな商品、簡便商 材が好調。カップ麺、パスタなどの乾麺類、シリアル、カレー・レトルト類、米類、ミネラルウォータ ーなどが好調となり、一部の食品は品薄、店頭欠品もみられた。高い気温により飲料類も堅調に推移し た。前年報道によりサバ缶をはじめとする水産缶詰類や、えごま油・エマニ油に反動減がみられた。

7. 非食品 DI:24.4(かなり好調):6.8% 111.2% 108.8%
・新型コロナウイルスの影響により、マスクを中心にハンドソープ、除菌関連の衛生用品が入荷減から品薄となっており、機会ロスが発生。また、従業員が店頭での問い合わせ対応等に苦慮している。誤情報により、ティッシュやトイレットペーパー、キッチンペーパーなどの紙製品に対しても買いだめ需要が発生した。高い気温によりカイロなどの冬物商材、衣料は大きく売上を落とした店舗が多い。

PI研のコメント(facebook)
・3/23、全国食品スーパーマーケット協会から2020年2月度の全国270社、8,017店舗の食品スーパーの売上速報が公表されました。結果は、106.9% (全体) 105.5%(既存店)と、堅調な結果です。この2月度のキーワードは「1. 新型コロナウイルスによる内食需要の高まり、2. うるう年により一日多い、天皇誕生日により祝日が一日多い、3. 気温が高い」ですが、1の新型コロナウイルスの影響に加え、昨年よりもうるう年により1日営業日数が大かったこともあり、堅調な結果をもたらしたといえます。それにしても、すべての部門のコメントに「新型コロナウイルスの影響による内食需要増が売上を底上げ」が加わっており、それだけ、新型コロナウイルスの影響が全部門に割ったって影響が大きかったといえます。中でも、非食品は2桁増と最も数値が上がった部門です。「マスクを中心にハンドソープ、除菌関連の衛生用品が入荷減から品薄となっており、機会ロスが発生」とのことです。これ以外では、一般食品、日配、畜産の数値が跳ね上がっており、内食と保存食関連の需要が大きかったといえます。やや苦戦したのは青果であり、相場安と暖冬が影響したようです。食品スーパー、この傾向は当面継続すると予想されますので、新型コロナウイルス関連の商品に加え、内食需要関連の商品の在庫確保が重要といえます。次回、3月度はさらに新型コロナウイルスの影響が業績に反映されますので、ライフラインを守るためにも、各社、在庫の確保が重要な課題になるといえ、各社の取り組みに注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #食品スーパー 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 26, 2020 | | Comments (0)

March 25, 2020

コンビニ、売上速報、2月度、客数反転!

コンビニエンスストア統計調査月報 :
・2020年2月度:3/23 ・今月は、閏年やキャッシュレス還元の効果に加え、新型コロナウィルスの影響により、マスク等の衛生用品、トイレットペーパー等の紙製品や、パン類・惣菜・冷凍食品・デザート等の中食の需要が増加したこと等から、全店・既存店ともに売上高が前年を上回る結果となった。

店舗売上高:
・全店は5ヶ月連続のプラス・既存店は2ヶ月連続のプラス:
  ⇒全店849,064(百万円:2.8%)、既存店 802,682(百万円:2.6%)

店舗数:
  ⇒55,460(店舗:-0.3%)

来店客数:
・全店・既存店はともに5ヶ月ぶりのプラス:
  ⇒ 全店1,333,484 (千人:2.4%)、既存店 1,257,061(千人:2.3%)

平均客単価 :
・全店・既存店はともに5ヶ月連続のプラス:
  ⇒全店(円)636.7(0.5% )、既存店638.5(0.3%)

商品構成比および売上高前年同月比(既存店ベース)
  ⇒日配食品 36.5% 3.6%、加工食品 26.8% 3.8%、非 食 品 30.9% 3.6%、サービス 5.8% -12.2%

非食品:
・たばこ、雑誌、書籍、新聞、衣料品、袋物類、文具類、玩具、雑貨、ペットフ ード、乾電池、テープ、CD、フィルム、電球・蛍光灯、電卓、燃料、サングラ ス、園芸用品、ゲームソフト、花火、洗剤、化粧品、医薬品、医薬部外品栄 養ドリンク、紙製品、切手・はがき・収入印紙、装身具等

対象企業:7社
・(株)セイコーマート、(株)セブン-イレブン・ジャパン、(株)ファミリーマート、(株)ポプラ、 ミニストップ(株)、山崎製パン(株)デイリーヤマザキ事業統括本部、(株)ローソン

PI研のコメント(facebook)
・3/23、日本フランチャイズチェーン協会から2020年2月期の全国、主要7社、55,460店舗の売上速報が公表されました。2月度は新型コロナウイルスがどうコンビニに影響をもたらしたかが数値に反映される月といえ、注目の月です。結果は全店が2.8%増、既存店も2.6%増と「全店は5ヶ月連続のプラス・既存店は2ヶ月連続のプラス」となりました。コメントにもあるように、「新型コロナウィルスの影響により、マスク等の衛生用品、トイレットペーパー等の紙製品や、パン類・惣菜・冷凍食品・デザート等の中食の需要が増加」と、新型コロナウイルスの影響がプラスに左右したといえます。その中身ですが、客数は「全店・既存店はともに5ヶ月ぶりのプラス」、客単価は「全店・既存店はともに5ヶ月連続のプラス」と双方がプラスになっていますが、特に客数が大きく増加しているのが要因です。これは新たな顧客が増えたことに加え、既存顧客の来店頻度も上昇したものと思われます。新型コロナウイルスはコンビニの客単価よりも客数増をもたらしているといえそうです。また、商品別に見ると、ほぼすべてが万遍なく伸びており、コンビニの取扱い商品全体に及んでいるといえます。新型コロナウイルスの影響は次の3月度、さらには、今後、数ケ月は継続することが予想されますので、この傾向は長引くと予想されます。コンビはいまや国全体のライフラインを担っているといえ、商品、物流、そして、店舗をどう維持していゆくか、各社の今後の対応に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #コンビニ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 25, 2020 | | Comments (0)

March 24, 2020

テスコ、臨時人員募集、2万人!

Tesco to recruit 20,000 temporary colleagues to help feed the nation:
・Tesco:3/20
・The COVID-19 pandemic has resulted in an unprecedented increase in demand for food and household products.
(COVID-19のパンデミックにより、食品および家庭用品の需要がかつてないほど増加しました。:google翻訳)

・At Tesco, we’re working around the clock to help ensure families have access to the shopping items they need. To help us step up and meet demand, we are bringing in up to 20,000 new colleagues to work in our stores for at least the next twelve weeks.
(テスコでは、家族が必要なショッピングアイテムに確実にアクセスできるよう、24時間体制で取り組んでいます。私たちがステップアップして需要を満たすために、少なくとも今後12週間は最大20,000人の新しい同僚を店に連れて行きます。)

・We launched our recruitment drive online on Wednesday and since then, we have already been overwhelmed by support from the public and thank everyone who has applied to work with us in stores. We have seen 140,000 views on our Tesco Careers page and over the coming days thousands of new colleagues will join us in helping to feed the nation.
(私たちは水曜日に採用活動をオンラインで開始し、それ以来、すでに一般からのサポートに圧倒されており、店舗での仕事に応募してくれたすべての人に感謝しています。 Tescoの採用情報ページで140,000回の閲覧があり、今後数日にわたって、数千人の新しい同僚が参加して、国を養う手助けをするでしょう。)

・Thanks to a streamlined recruitment process, we are able to get eligible applicants in for interviews and process their applications in a single day – this includes assessing eligibility to work.
(合理化された採用プロセスのおかげで、適格な応募者を面接に招き、1日で応募を処理できます。これには、就労の適格性の評価が含まれます。)

・We will also keep monitoring the situation and expect further recruitment to take place in the coming weeks.
(また、状況を監視し続け、今後数週間でさらなる募集が行われることを期待しています。)

Tesco’s Chief People Officer, Natasha Adams said:
・“I’m so proud to be welcoming thousands of new colleagues to Tesco. Thank you to everyone offering to help as we work day and night to keep our shelves full for customers. The community spirit at Tesco is fantastic and together, we can do this.”
「テスコに何千人もの新しい同僚を迎え入れることを誇りに思います。お客様のために棚をいっぱいに保つために私たちが昼夜を問わず仕事をするのを手伝ってくれる皆に感謝します。テスコのコミュニティの精神は素晴らしいものであり、私たちは一緒にこれを行うことができます。」

PI研のコメント(facebook)
・イギリスの小売業最大手のテスコが3/20、約2万人の人員募集を公表しました。イギリス全土での「COVID-19のパンデミックにより、食品および家庭用品の需要がかつてないほど増加」に棚の補充が追い付かない状況とのことです。すでに、facebook、twitterでは世界各地の小売業の棚が空っぽになっている写真が満ち溢れていますが、イギリスでも例外ではないようです。 at least the next twelve weeks.、少なくとも12週間とのことですので、約3ケ月の期間限定だそうですが、状況次第では、expect further recruitment、さらに追加募集も検討しているとのことで、COVID-19 pandemicがイギリスでも深刻な状況といえます。募集はオンラインで実施されたとのことで、140,000 views on our Tesco Careers page、約14万人が閲覧、1日で新規募集が完了するとのことで、応募が殺到しているとのことです。小売業、恐らく、新型コロナウイルスのパンデミック次第では世界中でこのような臨時の人員募集によるライフラインの維持が喫緊の課題になったといえ、日本でも食品スーパー、ドラックストアは、ライフライン維持にどのように対応するか、新規人員募集を含め、検討の段階に入ったといえそうです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Tesco 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 24, 2020 | | Comments (0)

March 23, 2020

ウォルマート、ボーナス支給、15万人新規雇用!

Walmart Announces Special Cash Bonus
and Early Payment of Q1 Bonuses Totaling Nearly $550 Million for Hourly Associates:

Company also shares plans to hire more than 150,000 hourly associates in the U.S.
・Walmart:3/19
・BENTONVILLE, Ark., March 19, 2020 — Walmart today announced plans to provide a special cash bonus for hourly associates for their hard work and dedication to serving customers in a time of an unprecedented national health crisis. The bonus is for all U.S. hourly associates in stores, clubs, supply chain and offices. The bonus will be $300 for full-time hourly associates and $150 for part-time hourly associates and will add up to more than $365 million. Every hourly associate employed by the company as of March 1 will qualify, and it will pay out on April 2.
(2020年3月19日、アーカンソー州ベントンビル—ウォルマートは本日、前例のない国民健康危機の際に勤勉な仕事と顧客への献身のために、時給従業員に特別な現金ボーナスを提供する計画を発表しました。 ボーナスは、店舗、クラブ、サプライチェーン、およびオフィスのすべての米国の時間単位のアソシエイトに対するものです。 ボーナスは、フルタイムの時間単位のアソシエイトが300ドル、パートタイムの時間単位のアソシエイトが150ドルで、合計で3億6500万ドル以上になります。 3月1日の時点で会社に雇用されている1時間ごとのアソシエイトが対象となり、4月2日に支払いが行われます。:google翻訳)

・“Walmart associates have gone above and beyond the call of duty in serving our customers during these unprecedented times,” said Doug McMillon, President and CEO, Walmart. “We want to reward our associates for their hard work and recognize them for the work that is in front of us.”
(ウォルマートの社長兼CEOであるダグ・マクミロンは、次のように述べています。 「私たちは従業員の努力に報いるとともに、目の前の仕事に感謝します。」)

Additional Hiring:
・Walmart has a steady workforce of full-time and part-time workers helping meet the everyday needs of its customers. As part of responding to the current environment, Walmart is also hiring 150,000 new associates through the end of May to work in stores, clubs, distribution centers and fulfillment centers. These roles will be temporary at first, but many will convert to permanent roles over time. We’ve reached out to industry groups representing restaurants and hospitality to facilitate temporary roles that can be a bridge for their employees during this difficult time.
(ウォルマートには、常勤および非常勤の労働者の安定した労働力があり、顧客の日々のニーズを満たすのに役立ちます。現在の環境への対応の一環として、ウォルマートは5月末までに15万人の新しいアソシエイトを雇用し、店舗、クラブ、流通センター、フルフィルメントセンターで働いています。これらの役割は最初は一時的なものですが、多くは時間の経過とともに永続的な役割に変わります。この困難な時期に従業員の架け橋となる一時的な役割を促進するために、レストランやホスピタリティを代表する業界グループに連絡を取りました。)

PI研のコメント(facebook)
・ウォルマートが3/19、従業員に臨時ボーナスの支給と約15万人の新たな雇用計画を公表しました。アメリカでは新型コロナウイルスの感染者が1万人を大きく超え、ウォルマートをはじめ、スーパーマーケットに顧客が殺到、日本以上に棚がカラとなる異常状況が連日続いていることがフェイスブック、twwiterの写真にあふれています。従業員が疲弊していることに加え、「stores, clubs, distribution centers and fulfillment centers」と、店舗から物流センターまでの流通経路全般で人員不足が生じているとのことで、約15万人という新規雇用をせざるをえない状況にあるとのことです。取りあえず、5月末までとのことですが、新型コロナウイルスの影響拡大次第では長引き、さらに、雇用を増やす可能性もあるといえます。アメリカ、カルフォルニア約4,000万人に緊急避難声明、自宅待機勧告がでているといえ、新型コロナウイルスの猛威が止む気配が見えない状況です。食品関連の小売業はライフラインだけに、店を開け続けることが求められますので、ウォルマートも大きな決断をしたといえます。ウォルマートはもちろん、アメリカ小売業がこの新型コロナウイルスにどう対応してゆくのか、日本でも同様な状況はおきないとはいえない中、アメリカの各社、小売業の今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #walmart 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 23, 2020 | | Comments (0)

March 22, 2020

ツルハH、第3四半期、増収、大幅増益!

ツルハH、2020年5月、第3四半期決算:3/16

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:440,994百万円
・自己資本比率:50.8%(昨年55.0%)
・現金及び預金:81,191百万円(総資産比 18.41%)
・有利子負債:12,227百万円(総資産比 2.78%)
・買掛金:137,391百万円(総資産比31.16%)
・利益剰余金 :170,994百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:625,608百万円(6.7%) 、営業利益:36,528百万円(15.7%)
・経常利益:37,405百万円(14.5%)、当期純利益:23,303百万円(19.8%)
・通期予想:
  ⇒売上高:820,000百万円(4.8 %:進捗率 76.30%)
  ⇒営業利益:43,700百万円(4.5%:進捗 83.59%)
・原価:71.12%(昨年71.65%):-0.53、売上総利益:28.88%(昨年28.35%):+0.53
・経費:23.05%(昨年22.98%):+0.07
・マーチャンダイジング力:+5.83%(昨年+5.37%):+0.46
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:0.00%(昨年0.00%):+0.00
・営業利益:+5.83%(昨年+5.37%):+0.46

ツルハHのコメント:
・ドラッグストア業界においては、競合他社の出店や価格競争が一層激化する中、企業の統合・再編への動 きもさらに強まっており、厳しい経営環境が続いております。
・このような状況のもと、当社グループではカウンセリングを主体とした接客サービスの徹底を継続して行うとと もに、高齢化や競争激化に伴う商圏縮小に対応すべく利便性の強化を図るため、食品売場を中心に既存店舗の改装 を推進したほか、プライベートブランドにおいては、商品開発・販売体制を強化し、当社グループの新たなプライ ベートブランド「くらしリズム」「くらしリズムMEDICAL」への刷新と展開拡大を図りました。また、店舗運営業 務の効率化を図り生産性を高めることを目的に、人員配置・在庫管理等をサポートするシステムの導入に取り組ん でまいりました。
・店舗展開につきましては、ドミナント戦略に基づく地域集中出店および既存店舗のスクラップアンドビルドを推 進したことにより、期首より95店舗の新規出店と57店舗の閉店を実施いたしました。また2019年7月4日付で株式 会社ツルハが有限会社おおがたむら調剤薬局(秋田県)を子会社化したことにより1店舗が加わり、当第3四半期 末のグループ店舗数は直営店で2,121店舗となりました。

ツルハHの株価:3/19
・時価総額637,447百万円(3/19) =12,940円(3/19) ×149,261,768株(3/19)
・株価312,940円(3/19) =PER(会社予想):23.98倍(3/19)×EPS 539.69円(2020/5)
・株価12,940円(3/19) =PBR(実績):2.80倍(3/19)×BPS 4,629.38円(2019/5)

PI研のコメント(facebook)
・ツルハHが3/16、2020年5月期の第3四半期決算を公表しました。結果は増収、大幅増益、好決算です。5月の第3四半期ですので、2月末までの決算です。10月の消費増税に加え、新型コロナウイルスの影響も加味された決算といえます。ちなみに、客数、客単価の動向を見ると、2月に異常値が発生、客数がこれまで既存店はマイナス傾向でしたが、2月度に入り、8.3%増と大幅にプラスに転じました。一方の客単価はこれに呼応する形でプラスがマイナスに転じるという逆転が発生しています。それだけ、新型コロナウイルスによる顧客の構造変化が起こったといえます。P/Lを見ると、原価が大きく改善しており、経費のプラスを相殺、利益を押し上げたといえます。コメントにもあるように、「プライ ベートブランド「くらしリズム」「くらしリズムMEDICAL」への刷新と展開拡大」が寄与したといえます。これを受けて、投資家も買いと判断、株価は決算以降上昇基調です。ツルハH、今後、本確定な新型コロナウイルスの影響が懸念されますが、次の四半期、この好決算を維持できるか、注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #ツルハ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 22, 2020 | | Comments (0)

March 21, 2020

TOUCH TO GO1号店、高輪GW、オープン、3/23!

高輪ゲートウェイ駅 無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」がサービス開始  
商品は手に取るだけ!“ウォークスルーの次世代お買い物体験”:

・TOUCH(タッチ) TO(トゥ) GO(ゴー):3/5
・JR東日本スタートアップ株式会社(本社:東京都新宿区、以下、JR東日本スタートアップ)と、サインポスト株式会社(本社:東京都中央区、以下、サインポスト)の合弁会社で、無人AI決済店舗の開発を進める株式会社TOUCH(タッチ) TO(トゥ) GO(ゴー)(本社:東京都新宿区、以下、TTG)は、3月23日(月)にJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」構内において、無人AI決済店舗の第1号店となる「TOUCH TO GO」を開業します。
・TOUCH TO GOは、ウォークスルー型の完全キャッシュレス店舗で、カメラなどの情報から入店したお客さまと手に取った商品をリアルタイムに認識して、決済エリアにお客さまが立つとタッチパネルに商品と購入金額を表示します。お客さまは、商品を持ったら、出口でタッチパネルの表示内容を確認して支払いをするだけでお買い物ができます 。TTGは、無人AI決済システムを人材不足に悩む、小売り店や飲食店向けの省人化ソリューションとして提供していきます。今後、数人程度の人件費相当で利用可能な月額サブスクリプションのサービスとして、このソリューションを展開していく計画です。TTGは、多くの小売企業が抱える労働力不足や、地域店舗の維持など、様々な課題解決を目指していきます。
・サービス特性:
・1.商品スキャンが不要、2.対面無人で商品の識別と決済が可能、3.お客さま対応は遠隔コールセンターにて一括対応、4.既存設備に変更なしで導入可能

話題の新駅「高輪ゲートウェイ駅」にAI無人決済店舗「TOUCH TO GO」が誕生!アマゾン・ゴーにはない利便性とは?:
・ダイヤモンド・チェーンストア:3/20
・JR山手線では49年ぶりとなる新駅として3月14日に開業した「高輪ゲートウェイ」駅改札内に、AI無人決済店舗「TOUCH TO GO(タッチ・トゥ・ゴー)」が23日にオープンする。完全キャッシュレス・ウォークスルー型の店舗が、駅ナカという誰もが利用する場所で一般営業を行う事例は日本ではまだ少ない。開業に先立ち、報道関係者向けに公開されたTOUCH TO GOの全容をレポートする。
・コンビニサイズで約600アイテムを販売:
・約50台のセンサーカメラが利用客の動きを追跡 酒類の販売も可能に:
・「専用アプリが不要」という圧倒的な利便性:
・月額制のサブスクリプションモデルで外販も予定:

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #高輪ゲートウェイ 

PI研のコメント(facebook)
・高輪ゲートウェイ駅に3/23、AI無人決済店舗「TOUCH TO GO(タッチ・トゥ・ゴー)」の1号店がオープンします。これに先駆けて報道機関にお披露目し、各社が一斉に報じています。サービスの特徴は4点、「1.商品スキャンが不要、2.対面無人で商品の識別と決済が可能、3.お客さま対応は遠隔コールセンターにて一括対応、4.既存設備に変更なしで導入可能」だそうです。特に、4点目がポイントといえ、既存の設備に変更なしで導入可能だそうで、店舗改装を最小に抑えられる点が大きいといえます。また、Amazon GOとの違いは「「専用アプリが不要」という圧倒的な利便性」であるとのことで、「交通系ICカードをスキャナーにかざす」ことにより、決済が完了するとのことです。TOUCH TO GO社では「月額制のサブスクリプションモデルで外販も予定」とのことで、今後、2号店、3号店は他社での展開になる可能性もあり、どのように日本国内に広まってゆくのか、今後の動向に注目です。

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 21, 2020 | | Comments (0)

March 20, 2020

食品スーパー、2月度、売上速報!

1.ベルク114.4(2月):107.1(10)107.6(11)106.0(12)106.6(1)
2.ヤオコー111.0(2月):104.0(10)103.1(11)102.0(12)100.4(1)
3.いなげや110.1(2月):98.1(10)100.1(11)101.1(12)99.7(1)
4.アクシアルH109.3(2月):101.7(10)103.0(11)103.0(12)101.6(1)
5.ライフC108.6(2月):98.5(10)101.4(11)99.2(12)98.3(1)
6.アークス108.2(2月):96.3(10)100.4(11)99.8(12)99.9(1)
7.マルエツ107.3(2月):98.7(10)100.4(11)100.3(12)99.6(1)
8.サンエー105.8(2月):97.6(10)101.7(11)102.7(12)103.3(1)
9.カスミ103.7(2月):97.9(10)96.7(11)99.8(12)97.9(1)
10.オークワ102.7(2月):101.5(10)100.0(11)101.3(12)101.5(1)

新型コロナ:SM2月販売、大幅増も感染警戒 危機管理問われる
・日本食料新聞:3/13
・新型コロナウイルス関連の特需で、2月の食品スーパー(SM)の販売動向は前年同月と比べて2桁以上の伸びを示した企業もあった。うるう年で営業日が去年より1日多かったほか、新型コロナウイルスの影響で内食需要が伸びたため。3月に入って前年を上回って推移しているものの、従業員などの感染で休業する店も出ており、警戒感をにじませる。感染予防対策だけでなく、感染した場合の情報開示のあり方、対応を含め危機管理能力も問われる。(山本仁)
・SMの2月度の既存店売上高は有力企業を中心に前年を大きく上回った。サミットは前年同月比で12.1%増、ヤオコーも11.0%増、ライフコーポレーションも首都圏が10.8%増、ベルクも9.6%増と2桁に近い伸び率だった。今年の2月はうるう年で1日多いほか、天皇誕生日の振替休日に加え、新型コロナウイルスの影響で即席麺など加工食品や冷凍食品、コメなどの動きが良かった。

PI研のコメント(facebook)
・食品スーパーの2月度の売上速報が公表されました。主要10社を集計したところ、2桁増の企業もあり、新型コロナウイルスの影響がプラスに転じている様子が鮮明です。客数と客単価で見ると客数増が大半であり、新規顧客、ないしは既存顧客の来店頻度が激増したことが要因といえます。各社の10月、消費増税後からの推移を見ても、2月度は跳ね上げっていることから、2月に異常値、客数増が発生しはじめたといえます。気になるのは、110%以上のベルク114.4%増から103%前後のオークワ102.7%増まで企業により差があることです。集計期間が20日までと29日までなどの差も考えられますが、外部要因である新型コロナウイルスの発生地域の差なのか、内部要因であるマーチャンダイジングの差なのかわかりませんが、食品スーパー、全体に異常値が発生しているわけでもなさそうです。新型コロナウイルス、3月に入っても猛威を振るっていますので、当面、この傾向は続くといえ、食品スーパーの売上、特に、客数の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #食品スーパー 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 20, 2020 | | Comments (0)

March 19, 2020

Amazon、10万人、新規雇用、物流!

在宅人口の急増で宅配の需要が増えAmazonは10万名の倉庫労働者を緊急雇用:
・Tech Crunch:3/17
・Amazon(アマゾン)は米国時間3月16日、新型コロナウイルス騒動による需要急増に対処するため、米国における倉庫および配送関連の従業員を新たに10万人雇用すると発表した。米国のフルフィルメントセンターの労働者は、4月末まで時給が2ドル(約213円)アップする。現在のフルフィルメントセンターの時給は、最低が15ドル(約1598円)だ。また英国では2ポンド(約261円)、EU諸国ではおよそ2ユーロ(約238円)時給が上がる。これらのためのAmazonの新たな支出は、米国と欧州とカナダを合わせて3億5000万ドル(約372億8600万円)になる。
・Amazonのワールドオペレーション担当シニアバイスプレジデントであるDave Clark(デイブ・クラーク)氏は次のように述べている。「COVID-19によるパンデミックが続いている中で、Amazonとそのパートナーネットワークは、ほとんど誰にもできない方法で世界中の地域社会を助けている。どうしても必要な品物を高齢者や障害者など社会的に孤立しがちな人びとの玄関先に届けすることは、コミュニティの存亡にも関わる。需要はこのところ急増しており、この時期としては前例のないほど大きな労働力が必要となっている」

amazon、10万人を追加採用へ 新型コロナで需要増:
・日本経済新聞:3/17
・【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムは16日、米国内の物流拠点や小売店で新たに10万人を雇用すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため連邦政府や地方政府が住民らに外出を控えるよう求めており、ネット通販や食料品の宅配サービスの需要が高まっているため。確実な人材確保に向け、米国などで一時的に時給を引き上げたことも明らかにした。アマゾンの2019年末時点のグローバルの従業員数は約80万人で、今回の追加採用により1割強増えることになる。需要拡大で同社の一部の配送には遅れが生じていたという。年末商戦などで一時的に採用を増やすケースはあるが、デーブ・クラーク上級副社長は「この時期の労働需要(の増加)は前例のないものだ」としている。

PI研のコメント(facebook)
・3/17、各社が一斉にAmazonの10万人新規雇用計画を報じました。10万人は日経新聞によれば、「2019年末時点のグローバルの従業員数は約80万人」ですので、10%を優に超える膨大な雇用人数です。それだけ、Amazonの業務が逼迫=受注増が発生しているということであり、異常な状況といえます。新型コロナウイルスの中長期的な影響を予想しての対策といえます。記事によれば、「追加採用の対象となるのは「フルフィルメントセンター」と呼ぶ物流拠点や、傘下の食品スーパー「ホールフーズ」における出荷・配達業務が中心」と、対象は物流業務であるとのことです。また、同時に、「米国のフルフィルメントセンターの労働者は、4月末まで時給が2ドル(約213円)アップ」とのことですので、既存の物流業務関係の時給もアップするとのことです。結果、「米国と欧州とカナダを合わせて3億5000万ドル(約372億8600万円)」と、莫大な経費増が見込まれるとのことです。Amazon、新型コロナウイルスとの長期戦に舵を切り、物から、物の流れをどう維持するかの段階に入ったといえます。新型コロナウイルスへの対策が医療だけでなく、社会構造全体に影響を及ぼす段階に入ったともいえます。今後のAmazonのサイト動向、そして、刻々と打ち出されるAmazonの経営判断に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Amazon 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 19, 2020 | | Comments (0)

March 18, 2020

中国に見る、巣ごもり消費の実態!

新型コロナで急伸「巣ごもり消費」の実情 中国の現状分析:
・日経XTREND:3/13
・新型コロナウイルスの感染が広がったことで、小・中・高等学校の一斉休校や在宅勤務の推奨、大規模イベントの中止などの対策が打ち出され、消費者の生活スタイルに多大な影響をもたらしている。先行して新型コロナウイルスの荒波にさらされた中国では、どのようなトレンドが生まれているのか。トレンドExpress(東京・千代田)が中国のSNS投稿を分析したところ、長引く「巣ごもり生活」への対応が見えてきた。
・一足先に新型コロナウイルスの災禍に見舞われた中国では、人々の生活がどのように変化しているのか。中国の消費者ビッグデータをベースにマーケティング支援などを手掛けるトレンドExpressは、中国版ツイッターといわれる「新浪微博(Weibo)」、中国版インスタグラムといわれる「小紅書(RED)」などSNSに投稿された口コミを分析。「家の中でしていること」と「欲しいもの」の2項目について、3つのランキングをまとめた。対象となったのは、20年1月20日~2月9日までの約1337万件の口コミだ。
・家の中の行動はほとんど暇潰し:
・巣ごもりの消費者が欲しいものランキング:
・上位に並ぶのは、やはり新型コロナウイルスの感染予防グッズだ。マスクや消毒液などは、日本と同様、流行のピーク時には実際に品不足に陥っていた。
・消費が冷え込んでも積極的なプロモーションは続く:
・「巣ごもりで可処分時間は増え、広告に接する機会はむしろ増える」(濵野社長)。広告投下量が減りがちな今だからこそ、あえてプロモーションを続けるのも選択肢の一つだと話す。中国の先行事例を参考にすると「健康や衛生面の訴求」「応援や元気づけのメッセージ」「家族や周囲への愛情の訴求」などが適切な内容だろうという。

PI研のコメント(facebook)
・3/13の日経XTRENDに興味深い記事が投稿されました。「新型コロナで急伸「巣ごもり消費」の実情 中国の現状分析」という見出しの記事です。「新浪微博(Weibo)」、「小紅書(RED)」など、中国のSNSに投稿された口コミを分析、集計したもので、対象は、「20年1月20日~2月9日までの約1337万件」だそうです。「中国SNS「家の中でしていること」ランキング」を見ると、ベスト5はスマホ、ゲーム、仕事、SNS、動画であり、いわゆる時間をつぶすものに集中しているのがわかります。「中国SNS「欲しいもの」ランキング」では、ベスト5はマスク、消毒液、除菌スプレー、手袋、食料であり、いま、日本で起こっていることと大きくは変わらない動向といえます。さらに一歩進め、「中国SNS「買ったもの」ランキング」でのベスト5はマスク、消毒液、除菌スプレーまでは同じですが、次に、食料、インスタント麺と続き、食関係のランキングが上位に来ています。記事の後半では広告についても分析していますが、「消費が冷え込んでも積極的なプロモーションは続く」とのことで、日本のように自粛ムードとは対照的な広告の動向だそうです。中国の新型コロナウイルスはここ最近の報道では一段落したようですが、日本、そして、世界はこれから中国が経験した「すごもり生活」に入るといえ、日本の消費がどのように変化してゆくのか、気になるところです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #巣ごもり消費 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 18, 2020 | | Comments (0)

March 17, 2020

自動発注、食品スーパー、日配、惣菜へ!

自動発注、足早い食品も:
関西スーパーなど、牛乳・豆腐まで データ分析進化で廃棄減

・日本経済新聞:3/13
・小売企業が自動発注システムの導入を急いでいる。加工食品など日持ちする商品ではこれまでも活用例があったが、最近は牛乳や豆腐など消費期限の短い食品でも発注を自動化する動きが広がってきた。データ分析の進化で需要予測の精度が向上したためで、新興企業や日立製作所などがシステム開発で競いあっている。自動発注は人手不足や食品廃棄の問題解決にもつながる。商品の値付けまでつなげる例も海外にはあり、小売りの事業モデルを変えつつある。
・2月下旬、大阪府高槻市の「関西スーパー西冠店」。商品が並んだ陳列棚から、来店客らが思い思いの品々を買い物カゴに入れていく。一見すると普通のスーパーだが、その裏側にはテクノロジーが凝縮されている。販売する約1万種類の商品の大部分について、発注を自動化しているのだ。
導入効果は明らかだ。発注数量が少なすぎたために品切れとなった商品の種類数は導入前より3割減った。注文しすぎると値引きや廃棄を余儀なくされるが、そうした損失も約14%減った。店舗あたりの業務量は年500時間超の削減につながり、人手不足の緩和にも貢献している。
・関西スーパーが採用しているのが、総合スーパー(GMS)やドラッグストアなどにITサービスを提供するシノプス社のシステムだ。天候データや曜日、店舗の立地などからその日の来店客数を約95%の精度で予測。過去数年の価格設定や売り上げの実績データとかけあわせ、適切な発注数量をはじき出す。
・シノプスの技術を導入するのは、独自システムの開発よりむしろ早期稼働を優先する地方スーパーが多い。京急ストア(東京・港)、東急ストアなどで採用されたほか、20年初頭にはコープさっぽろ(札幌市)なども導入に向けて検討を始めた。19年12月時点の導入店舗数は5千超と、過去2年で3割増えた。シノプスのシステム経由で発注される商品の総額は、年2兆円超に上るという。

PI研のコメント(facebook)
・日本経済新聞が3/13、「自動発注、足早い食品も:関西スーパーなど、牛乳・豆腐まで データ分析進化で廃棄減」との見出しの記事を掲載しました。自動発注がここへ来て急激に食品スーパーへ浸透しはじめたという内容です。その要因は人手不足に加え、これまで取り組みが難しかった日配や惣菜、一部、生鮮食品にまで自動発注の領域が広がったことによるとのことです。記事の事例では、「大阪府高槻市の「関西スーパー西冠店」」を取材していますが、「品切れとなった商品の種類数は導入前より3割減」、「値引きや廃棄を余儀なくされるが、そうした損失も約14%減」、「業務量は年500時間超の削減」と、数値的な効果が明らかになったことが大きいといえます。関西スーパーでは、シノプス社のシステムを活用しているとのことで、「天候データや曜日、店舗の立地などからその日の来店客数を約95%の精度で予測」、店舗の客数予測の精度も向上しているとのことです。同システムは、京急ストア(東京・港)、東急ストア、コープさっぽろ(札幌市)などでも採用されているとのことで、「発注される商品の総額は、年2兆円超に上る」とのことです。記事の中ではAIというキーワードは使われていませんが、今後、食品スーパーではAIの活用も含め、自動発注、あるいは発注支援システムの導入が本格化するといえ、今後の自動発注の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #自動発注 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 17, 2020 | | Comments (0)

March 16, 2020

神戸物産、第1四半期、大幅、増収増益、好調!

神戸物産、2020年10月期、第1四半期決算:3/12

B/S関連:キャッシュの蓄積:
・総資産:144,975百万円
・自己資本比率:31.7%(昨年29.5%)
・現金及び預金:61,148百万円(総資産比 42.18%)
・有利子負債:570.76百万円(総資産比 39.37%)
・買掛金:19,414百万円(総資産比13.40%)
・利益剰余金 :48,526百万円

P/L関連:キャッシュの創出:
・売上高:81,597百万円(15.5%) 、営業利益:5,634百万円(33.5%)
・経常利益:5,751百万円(42.2%)、当期純利益:3,559百万円(32.1%)
・通期予想:
  ⇒売上高:311,800百万円(4.1%:進捗率 26.17%)
  ⇒営業利益:20,300百万円(5.5%:進捗 27.76%)
・原価:84.10%(昨年84.69%):-0.59、売上総利益:15.90%(昨年15.31%):+0.59
・経費:9.01%(昨年9.34%):-0.33
・マーチャンダイジング力:+0.00%(昨年+0.00%):+0.00
  ⇒MD力って何?
・その他営業収入:0.00%(昨年0.00%):+0.00
・営業利益:+6.89%(昨年+5.97%):+0.92

神戸物産のコメント:
・食品小売業界におきましては、消費者の節約志向が根強い中、業界の垣根を越えた競争の激化や、原材料の高 騰、人件費の上昇及び人手不足などを背景に、経営環境は引き続き厳しい環境が続いております。
・このような状況の中、当社グループは「食の製販一体体制の確立」というグループ目標のもと、積極的な商品 開発を推し進め、グループ全体の競争力を強化してまいりました。また、製造から販売までを手掛けることで、 お客様のニーズを素早く商品開発に反映させることにより、プライベートブランド商品(以下、PB商品)をは じめとした高品質で魅力のある商品をベストプライスで提供してまいりました。
・業務スーパー事業:
・当第1四半期連結累計期間の業務スーパー事業における出店状況は、出店9店舗、退店3店舗、純増6店舗の 結果、総店舗数は851店舗となりました。新規出店の内訳といたしましては、直轄エリア7店舗、地方エリア2店 舗であります。出店に関しましては関東エリアや九州地方への出店を中心に新規出店を進めており、また、営業 年数が長くなり老朽化してきた店舗の移転などを積極的にフランチャイズオーナーに勧めております。 業務スーパーの魅力であるPB商品が多くのメディアで取り上げられ、業務スーパーの認知度の向上や新規顧 客の獲得に繋がっております。そのことが業績の拡大に貢献したものと考えております。 この結果、業務スーパー事業における当第1四半期連結累計期間の売上高は71,792百万円(前年同期比16.2% 増)となりました。

神戸物産の株価:3/13
・時価総額482,220百万円(3/13) =3,525円(3/13) ×136,800,000株(3/13)
・株価3,525円(3/13) =PER(会社予想):28.49倍(3/13)×EPS 123.72円(2020/10)
・株価3,525円(3/13) =PBR(実績): 8.26倍(3/13)×BPS 426.79円(2019/10)

PI研のコメント(facebook)
・神戸物産が3/12、2020年10月期の第1四半期決算を公表しました。10月決算ですので、11月、12月、そして、1月度の集計ですので、新型コロナウイルスの影響はダイレクトには反映されていないといえます。この時期は、特に10月、11月は消費増税の影響が強く反映されていますので、その影響を受けての決算といえます。結果ですが、大幅な増収増益、特に、利益は30%以上の増益ですので、好決算といえます。コメントを見ても、「プライベートブランド商品(以下、PB商品)をは じめとした高品質で魅力のある商品をベストプライスで提供」と、特にPBの貢献が大きかったとのことです。また、タピオカブームが寄与したこともあり、新規顧客が増加したことも大きいといえます。結果を見る限り、消費増税の影響はプラスに転じているといえ、神戸物産にとってはその影響はなかったといえそうです。それにしても各社のPBRが1.0倍を切る厳しい状況が見られる中、神戸物産のPBRは8.26倍と異常値といえ、それだけ投資家からの信頼が高いといえます。時価総額もこの時期でも482,220百万円ですので、高い水準です。神戸物産、次の四半期は新型コロナウイルスの影響を直に受ける決算となりますが、消費増税を乗り越えた中、どのような決算となるか、その結果に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #神戸物産 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 16, 2020 | | Comments (0)

March 15, 2020

Amazon Go Grocery、レイアウト、顧客視点!

登場! 生鮮版Amazon Go(下)レイアウトに浮かぶアマゾンの狙い:
・日経XTREND:3/13 ・米アマゾン・ドット・コムは米国時間の2020年2月25日、米ワシントン州シアトル市に、生鮮食料品を販売するレジなし店舗「Amazon Go Grocery」をオープンした。初出店となる同業態で何を目指しているのか。実レイアウトを基に検証する。
・今回、開店直後のAmazon Go Groceryを訪問し、その情報からレイアウトを完全に再現。アマゾンがどのような意図でAmazon Go Groceryを企画したのかを分析することにした。大きな特徴は商品のカテゴリーではなく、顧客の来店意図や時間帯を考慮して陳列していることだ。
・左サイドが昼食、右が夕朝食:
・特売コーナーでコーラを4割引:
・アマゾングループのPB勢ぞろい:

・アマゾンはAmazon Go Groceryでプライベート・ブランド(PB)の販売に本腰を入れたと言える。アマゾン傘下の高級スーパー、ホールフーズ・マーケットのPBである「365 Everyday Value」、アマゾンのPBである「AmazonBasics」の商品を置いている。
・大手スーパーの脅威となる可能性も:
・Amazon Go Groceryはカメラやセンサーなどがコスト高ではあるが、アマゾンはこのほど「Just Walk Out」としてシステムを外販することを明らかにした。外部企業の利用が増えて判定精度が上がれば、カメラの数も少なくて済むようになる。運用サポート部隊も外部企業と共有し、コストを下げていくことができる。

PI研のコメント(facebook)
・日経XTRENDが3/13、「登場! 生鮮版Amazon Go(下)レイアウトに浮かぶアマゾンの狙い」との見出しの記事を配信しました。上中下の下、3つめのAmazon Go Groceryの記事です。テーマはレイアウト、詳細なレイアウト地図が掲載されており、見れば見るほど興味深いレイアウトです。記事の中でも「左サイドが昼食、右が夕朝食」と、いわゆる商品視点ではなく、顧客視点のレイアウトが組まれているといえます。食品スーパーの伝統的なレイアウトは「ヨキミセサカエル」、いわゆる商品部門管理をそのままレイアウトに反映させるのが、いまでも採用されていますが、Amazon Go Groceryは、商品部門はバラされて顧客視点で再編成されているようです。随所にそのような試みがあり、たとえば、牛肉と精肉+シーフードの冷蔵ケースの間に調味料の常温が配置され、しかも壁面です。記事でいえば夕食にあたるゾーンとなりますが、顧客から見たら一連の流れで買いやすいといえますが、商品管理から見ると、冷蔵と常温、生鮮とグロサリーが連結しており、ユニークです。ちなみに、ID-POSデータをどのように分析しているのか興味がありますが、恐らく、この一連の流れ、たとえば夕食という管理部門を設定し、その売上、利益、時間、店舗間対比などしているのではと思います。また、作業もグロサリー部門ではなく、夕食部門があるのかもしれません。レイアウトはそのまま数値管理(商品、顧客)、作業管理、在庫管理と連結すると思われますので、記事にはありませんが、そこも知りたいところです。また、これも記事にはありませんが、AIをどのようにレイアウトに活用し、このような配置になったのかも知りたいところです。Amazon Go Grocery、いろいろな意味で、挑戦的な食品スーパーといえ、今後店舗数が増えるに従い、どのように変化してゆくのか気になるとことです。ちなみに、「「Just Walk Out」としてシステムを外販」とのことですので、これそのものが外販されるとのことですので、どこが購入するか、特に、日本を含め、食品スーパーの動向にも注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #AmazonGoGrocery 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 15, 2020 | | Comments (0)

March 14, 2020

ニールセン、新型コロナウイルス、消費動向を公表!

新型コロナウイルス海外での影響
~感染拡大に対する消費者の懸念が世界各国のサプライチェーンに与える影響~

・ニールセン:3/5
・新型コロナウイルスが世界的なパンデミックを引き起こすのではないかとの懸念が高まっており、世界各国の消費者がさまざまな商品を備蓄し始めています。対象は、缶詰、小麦粉、砂糖、ボトル入り飲料水といった基本的なアイテムに留まらず、米国ではサプリメント、フルーツスナック、応急処置キットなどの販売も増加しています。ニールセンの最新の調査では、特に、中国、米国、イタリアで非常用の備蓄が急増しており、消費者が必需品を蓄え初めていることが見て取れます。
・人気商品を扱うメーカーのサプライチェーンは即座に影響を受けるでしょう。一部の市場ではハンドサニタイザーと医療用マスクが在庫切れを起こしており、供給がいつ安定するのか明確にされていません。マレーシアでは、ハンドサニタイザーの販売が2020年1月26日終了週に約100万リンギット(237,176米ドル:調査店合計)に達しました。これは週平均を800%以上上回っています。また、米国では、保健福祉省(HHS)のアレックス・アザール長官が議員に対し「米国では最大3億枚のマスクが必要となる」と発言しましたが、これは現在の供給量を2億7千万枚上回る数です。サンフランシスコのドラッグストアを対象としたニールセンの調査によると、医療用マスクの年初以来の売り上げは、2020年2月22日終了週の時点で既に2019年全体の売り上げを上回っており、高まり続ける需要がサプライチェーンに大きな負担を掛けていることが分かります。
・食品の家庭内在庫の増加:
・米国の消費者は生活必需品の購入を急ぐようになるでしょう。ベトナムでは、調査対象となった消費者の45%が自宅でのストックを増やしており、25%がオンラインで商品を購入していると答えています。台湾では、インスタントラーメンの店頭在庫が減っています。米国でも今後、同様の傾向となる可能性があると言えます。

Nielsen: Coronavirus has CPG shoppers changing their ways:
As COVID-19 spreads worldwide, consumer behavior crosses six ‘thresholds’
・Supermarket News:3/11
・In response to the spread of novel coronavirus (COVID-19) — today officially declared a pandemic by the World Health Organization (WHO) — consumers are changing their shopping behavior in ways that could shape future buying patterns, new research from Nielsen finds.
(Nielsenの調査により、新規コロナウイルス(COVID-19)の流行に関する懸念に直接結び付く6つの主要な消費者行動閾値レベルが特定されました。しきい値は、特に緊急のパントリー用品と健康用品の支出パターンの早期シグナルを提供します。これらのパターンは複数の市場に反映されています。:google翻訳)

PI研のコメント(facebook)
・ ここ数日、ニールセンが新規コロナウイルス(COVID-19)についての消費動向のレポートを次々に公表しています。日本だけでなく、米国、イタリアを含め、様々な国でのPOSデータ分析をもとに、新規コロナウイルス(COVID-19)の影響とそれにともなう消費行動の分析をしており、興味深い視点です。3/5の日本語版、「新型コロナウイルス海外での影響」では、「一部の市場ではハンドサニタイザーと医療用マスクが在庫切れ」の段階から、「米国の消費者は生活必需品の購入を急ぐ、・・」流れに代わって来ているとのことです。また、まだ、日本語版は出ていないようですが、3/11には「Nielsen: Coronavirus has CPG shoppers changing their ways」と、新規コロナウイルス(COVID-19)の消費行動には、6つのステップがあるとデータで特定したとのレポートを公表しています。これを見ると、最初の消費行動は衛生用品などの商品購入ですが、それが家庭内在庫確保へ発展し、すごもりの禁欲生活へ入り、元の生活にもどってゆくという流れです。ニールセン、今後も新規コロナウイルス(COVID-19)の消費行動を分析してゆくとのことで、レポートのサブテーマにもあるように、サプライチェーンに与える影響に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #新型コロナ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 14, 2020 | | Comments (0)

March 13, 2020

主要百貨店、売上速報、2月度、大幅ダウン!

百貨店事業、売上概況(2020年 2月):

三越伊勢丹H:3/2
・伊勢丹新宿本店 店頭 89.6% 、三越日本橋本店 店頭 84.1%、三越銀座店 63.8%
・全国的に新型コロナウイルスの感染拡大による不安が広がり、入店客数の減少や消費マインドへのマイナス影響がみられ、 首都圏三越伊勢丹(既存店)と国内百貨店(既存店)ともに、売上は5か月連続で前年実績を下回った。基幹3店の売上がインバウンド売上の落ち込み等の影響により苦戦する中、新宿店のバレンタイン催事やワインに特化した 催事のような、ターゲットが明確な企画・店頭でしか体験できない企画に対する反響は高かった。インバウンド売上に関しては、新型コロナウイルスの影響による訪日客数減と、春節の時期ずれ(本年1月、昨年2月)の マイナス反動が重なり、グループ百貨店の全店舗で前年割れとなった。

J.フロント リテイリング:3/2
・大丸 心斎橋店 ▲45.5 、大丸 梅田店 ▲22.3 、大丸 東京店 ▲16.1
・2月度の百貨店事業の売上高は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、訪日外国人観光客の大幅減により 免税売上高が大きく前年実績を下回り、さらに国内消費も外出の自粛などによる入店客数減少の影響を受けたこと から、大丸松坂屋百貨店合計では対前年▲21.8%減、関係百貨店を含めた百貨店事業合計では同▲21.4%減となった。 なお大丸松坂屋百貨店合計の免税売上高(速報値)は対前年約▲75%減(客数同▲74%減、客単価同▲3%減)となった。

エイチ・ツー・オーリテイリング:3/2
・阪急本店 81.9 、阪神梅田本店80.1
・新型コロナウイルスの感染拡大の影響で入店客数・売上高ともに大幅に減少した。既存店売上高前年比86%。 インバウンド売上は、春節期間が1月に前倒しした影響も加わり、大幅に減少した結果、売上高前年比32%。 国内売上は、外出の手控えや通勤客の減少などにより、売上高前年比92%。消費マインドの回復が見られた 1月から一転し、新型コロナウイルスのマイナス影響を受ける結果となった。特に、60代以上の高齢者や子供連れファミリーの 来店減少が目立つ。店舗の立地別状況では、都市型店舗への影響が大きく、売上高前年比83%。一方、食品シェアが高く、都心への外出 手控えの代替となっている郊外型店舗へのマイナス影響は少なく、売上高前年比97%。 支店は既存店12店舗のうち6店舗が前年を上回り、特に改装効果の高い高槻阪急は、入店客数増により 売上高が順調に推移し、4ヶ月連続で前年を上回った。
・阪急本店の概況:
・インバウンド売上は、化粧品など消耗品に対するマイナス幅が大きく、売上高前年比27%。全館的に客数が減少し、入店客数前年比83%。バレンタイン商戦が、期間中の売上高約25億円と過去最高を記録。 高額品は、売場改装中による面積減の影響があるものの、外商の富裕層顧客の大口需要が堅調な動き。

PI研のコメント(facebook)
・3/2、主要、百貨店、三越伊勢丹H、J.フロント リテイリング、エイチ・ツー・オー リテイリングが2020年2月度の売上速報を公表しました。2月度は新型コロナウイルスの影響がダイレクトの反映された月といえ、インバウンドで好調な売上増を維持してきた百貨店業界にとっては極めて厳しい月となりました。3企業とも、軒並み約20%減となり、中でも、三越銀座店 63.8% 、大丸 心斎橋店 ▲45.5の2店は約40%減となりました。各社の概況コメンドでも、「新型コロナウイルスの感染拡大による不安」を最大の要因に上げており、結果、客数が大きくダウンし、売上減をもたらしたとのことです。さらに、2月のインバウンド需要は「春節の時期ずれ(本年1月、昨年2月)」も重なり、ダブルで売上減に影響を与えたとのことです。固定費が大きい百貨店業態は損益分岐点も高めとなるため、20%売上高が減少すると経営的にも極めて厳しい状況になるといえます。3月に入っても新型コロナウイルス感染症の拡大が続いており、「特に、60代以上の高齢者や子供連れファミリーの 来店減少」が進むと予想されます。百貨店にとっては、極めて厳しい経営環境の突然の悪化といえ、3月度も2月度同様、約20%減で維持できるか、さらに、下回る結果となるか、決算月を迎え、客数増が当面、見通せない中、各社の客単価改善の施策に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #百貨店 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 13, 2020 | | Comments (0)

March 12, 2020

新型コロナウイルス対策、オープンデータ、政府!

コロナ対策で政府がオープンデータに本腰 
民間の支援情報をGoogleスプレッドシートで公開:

・ITmedia:3/10
・新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、政府や自治体によるオープンデータの公開や活用が活発化している。 内閣官房と総務省、経済産業省は3月10日、民間が提供している新型コロナ対策支援サービスなどのデータを標準化して公開する「# 民間支援情報ナビ」プロジェクトを、エンジニアの民間団体Code for Japanと共同で始めた。自宅学習用のオンライン教材無償提供など、民間の支援サービスをGoogleスプレッドシートに集約。誰でもアクセス・利用できる。このデータの活用例として、収録データを検索できるサイト「VS COVID-19 # 民間支援情報ナビ」をCode for Japanが公開した。
・検索サイト「VS COVID-19」では、教育や学習支援、テレワークなど、新型コロナ対策支援として企業が無償や低価格で提供しているサービスを横断検索できる。例えば、「プログラミング」と入力すれば、民間から無償提供されているプログラミング学習サービスを一覧でチェック可能だ。3月10日午後5時時点で登録されているサービス108で、学習支援やテレワークサービスが主体。企業から提供されたデータを順次登録していくことで、内容を拡充していく。

# 民間支援情報ナビ:
・企業等による新型コロナウイルス感染症対策支援サービスをまとめました(出典:政府オープンデータ)
ワークスタイル(テレワーク含む)医療、福祉宿泊、飲食サービス教育、学習支援教育・学習支援生活関連サービス、娯楽その他
・事例:
ローソン:"ご提供するおにぎり:おにぎり4種類(シーチキンマヨネーズ、おかか、鮭、日高昆布等)を組み合わせて、合計30,000個(10,000個・週1回×3週)を無償にてご提供各施設へのおにぎりの提供個数は、ご希望にあわせて対応(ただし、お子様1人に2個までで、1施設最大200個まで)"

PI研のコメント(facebook)
・新型コロナウイルスの影響が拡大する中、ITmediaが3/10、興味深い記事を配信しました。「コロナ対策で政府がオープンデータに本腰、民間の支援情報をGoogleスプレッドシートで公開」というテーマです。「内閣官房と総務省、経済産業省は3月10日、民間が提供している新型コロナ対策支援サービスなどのデータを標準化して公開する「# 民間支援情報ナビ」プロジェクトを、エンジニアの民間団体Code for Japanと共同で始めた。」とのことです。早速、サイトにアクセスしてみると、3/10では108件の登録でしたが、3/11、午前中にには130件を超えており、次々と新たな支援サイトが追加されています。内容は、「ワークスタイル(テレワーク含む)医療、福祉宿泊、飲食サービス教育、学習支援教育・学習支援生活関連サービス、娯楽その他」のカテゴリーに分けて検索が可能ですが、今後、さらにカテゴリ―も件数も増えてゆくと思われます。各社報道でも話題となっているローソンのおにぎりの子供への無料頒布も乗っており、これ以外にも様々なテレワーク、学習サイトが無料、有料含め目白押しです。新型コロナウイルスの拡大は予断を許さない段階に入ったといえ、このようなテレワーク、リモート学習、そして、生活支援を政府、民間が協力して進めてゆく流れができたといえ、今後の展開に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #新型コロナ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

 

March 12, 2020 | | Comments (0)

March 11, 2020

新型コロナウイルス、企業60%強に影響、帝国データバンク!

特別企画 : 新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査:
日を追って企業の危機意識が高まる
~ 企業の 63.4%が業績に「マイナスの影響」見込む ~
・帝国データバンク:3/6
・中国の湖北省武漢市を中心に発生し、世界的に拡大している新型コロナウイルス感染症(COVID19)の影響が全国的な広がりをみせている。既に大規模イベントの中止や商業施設の営業時間短縮、テレワーク・時差出勤などが各地で行われている。さらに、全国の小中学校や高校、特別支援 学校に対する臨時休校の要請など、国民生活だけでなく、経済活動にも大きな影響を及ぼすと考 えられる。 そこで、帝国データバンクは、新型コロナウイルス感染症に対する企業の見解について調査を 実施した。本調査は、TDB 景気動向調査 2020 年 2 月調査とともに行った。

調査結果(要旨):
1.新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響、『マイナスの影響がある』と見込む企業 は 63.4%。内訳をみると、「既にマイナスの影響がある」が 30.2%、「今後マイナスの影響があ る」が 33.2%となった。「影響はない」とする企業は 16.9%だった一方で、『プラスの影響があ る』(「既にプラスの影響がある」と「今後プラスの影響がある」の合計)と見込む企業は 1.7% にとどまった

2.『マイナスの影響がある』と見込む企業を日別にみると、日を追うごとに、マイナスの影響を見 込む割合が増加し、2 月 14 日の 55.7%から 2 月 29 日には 81.7%まで増加した。新型コロナウ イルス感染症の基本方針決定以降は、その傾向が顕著に表れた。特に、「既にマイナスの影響が ある」も 2 月 14 日の 24.5%から 2 月 29 日には 45.4%まで上昇しており、半数近くの企業でマ イナスの影響を受けていた

3.『マイナスの影響がある』と見込む企業を業種別にみると、「繊維・繊維製品・服飾品卸売」と 「旅館・ホテル」が 89.3%で最も高い。以下、「再生資源卸売」(87.5%)、「繊維・繊維製品・ 服飾品小売」(87.1%)、「飲食店」(80.9%)が 8 割台で続く。他方、『プラスの影響がある』と 見込む企業は、唯一「医薬品・日用雑貨品小売」(12.0%)が 1 割台となり最も高かった

まとめ:
・本調査では、6 割超の企業で新型コロナウイルス感染症により業績にマイナスの影響があると 見込んでいた。日々感染の拡大やヒト・モノの移動が制限されるなか、日を追うごとに、マイナス の影響を見込む割合の増加がみられた。また、中国からの輸出入が滞り、部材や製品などが不足 する事態が起き、『運輸・倉庫』や『卸売』など幅広い業界に影響が及んでいる。とりわけ、「旅 館・ホテル」においては、インバウンド需要や国内旅行の減少などにより、既にマイナスの影響が 顕著に表れている。また、今後は小売を中心として、商品の未入荷の継続や消費マインドの低下 などによる悪影響が見込まれている。
・さらに「SARS、MERS での経験がいかされていなかった。取引においてリスクシミュレーション を実施しておくべきだった」(生鮮魚介卸売、福岡県)とあるように、いまこそ、感染症リスクに 対する事業継続計画(BCP)の必要に迫られているのではないだろうか。 いち早い新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに、企業には、正確な情報に基づく冷 静な対応を求めつつ、政府には正確な情報提供と企業の事業継続に資する具体的な支援策の実行 が必要である。

PI研のコメント(facebook)
・帝国データバンクが3/6、新型コロナウイルスの企業業績への影響に関しての意識調査結果を公表しました。調査期間は 2020 年 2 月 14 日~29 日であり、直近の内容です。『マイナスの影響がある』と見込む企業 は 63.4%とのことで、大半の企業が影響があると回答しており、しかも、日に日にその影響が大きくなり、「 2 月 29 日には 81.7%まで増加」と、80%を超えたとのことです。業種別では「「繊維・繊維製品・服飾品卸売」と 「旅館・ホテル」が 89.3%で最も高い」とのことで、インバウンド需要と関連の深い業種が大きな影響を受けていることが鮮明です。また、「飲食店」(80.9%)と、飲食業も大きな影響を受けています。一方、唯一、「「医薬品・日用雑貨品小売」(12.0%)が 1 割台」とのことで、いわゆる、ドラックストアはプラスと回答しているとのことで、マスク等衛生用品の特需が底上げしていると思われます。現時点はまだ新型コロナウイルスの終息の目途は見えませんので、この状況は続くと思われます。まとめにもあるように、「企業には、正確な情報に基づく冷 静な対応を求めつつ、政府には正確な情報提供と企業の事業継続に資する具体的な支援策の実行 が必要」、正確な情報の把握に基づく、状況対応につきると思いますが、新型コロナウイルスの終息を願うばかりです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #新型コロナ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 11, 2020 | | Comments (0)

March 10, 2020

PBR、1倍割れ急増、食品スーパーも!

トヨタやNTTなど主力株も 「解散価値」割れ56%に:
東証1部 新型コロナでマネー萎縮
・日本経済新聞:3/6
・東京株式市場でPBR(株価純資産倍率)が1倍を下回る銘柄が急増している。「解散価値」とも呼ばれる1株当たり純資産を株価が下回る銘柄は、6日時点で東証1部の約56%に達した。PBR1倍割れは、不人気銘柄だけでなく、トヨタ自動車やNTTなど主力株にも広がっている。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で投資マネーの萎縮が広がっている。
・PBRは株主の持ち分である純資産と株価を比較する指標で、株価の下値のメドとして用いられるケースが多い。
・最近PBR1倍割れとなった主な銘柄を業種別でみると、輸送用機器や電気機器、機械などの輸出関連株が目立つ。トヨタや京セラ、三菱重工業などだ。世界的な景気悪化懸念に加え、円高進行による企業業績の悪化が懸念されている。

主要食品スーパーのPBR、約58%、1倍割れ:3/6
・H2Oリテイ 0.36 リテールPA 0.44 オリンピック 0.46
・ヤマザワ 0.55 天満屋ス 0.56 アルビス 0.61 ダイイチ 0.62 スーパーV 0.63 バローHD 0.66 アークス 0.67 トーホー 0.7 北雄ラッキー 0.72 アオキスーパ 0.72 MV西日本 0.75 関西スーパ 0.75 オークワ 0.76 USMH 0.78 マミーマート 0.84
・MV九州 1.01 MV東海 1.03 エコス 1.09 いなげや 1.14 大黒天 1.18 アクシアル 1.25 ハローズ 1.35 ライフコーポ 1.39 ベルク 1.58 イオン 1.6 マルヨシ 1.82 ヤオコー 2.14 神戸物産 10.33

PI研のコメント(facebook)
・3/6の日本経済新聞に「トヨタやNTTなど主力株も 「解散価値」割れ56%に」という記事が掲載されました。PBR(Price Book-value Ratio)は株価純資産倍率、数式は、株価/1株あたりの株主資本、ないしは、時価総額/純資産であり、この値が1.0倍以上か以下かで株の価値を判断することになる指標です。PBRが1.0倍以下になると、純資産が時価総額を上回るので、純資産を現金化し会社を解散した方が良いといえ、記事の見出し、「解散価値」ともいわれる指標です。3/6、これほど異常状態になったのは、記事にあるように、「世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で投資マネーの萎縮」が原因といえるかと思いますが、「6日時点で東証1部の約56%」は異常値といえます。ちなみに、主要な食品スーパー関連の6日時点のPBRを調べてみましたが、約58%であり、ほぼ、東証1部の銘柄と同じ比率となりました。食品スーパーも全体の動向とほぼ同じ動きをしているといえます。それにしても、食品スーパー関連の株価の中で神戸物産のPBRは10.33倍と、これはこれで異常値といえ、それだけ、神戸物産の株価は投資家から別格の視線が注がれているといえます。新型コロナウイルスの動向=投資動向という状況を呈してきており、今後、株価がどう動くか、新型コロナウィルスの動向に注視が必要といえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #PBR 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 10, 2020 | | Comments (0)

March 09, 2020

小売業、業態で明暗、2月度の売上速報!

関西主要百貨店の2月売上高、新型コロナで総崩れ:
消費増税との二重苦 全9店で2桁減
・日本経済新聞:3/3
・新型コロナウイルスの感染拡大で、関西の小売・外食の2月の既存店売上高は明暗が分かれた。百貨店は訪日客減少に加え、国内客の外出を控える動きで主要9店全てで前年同月比2桁減の総崩れとなった。一方、マスクや消毒用品の販売が増えたホームセンターやドラッグストアは前年水準を超えた。2日から百貨店などで営業時間の短縮の動きが相次いでおり、3月はさらに落ち込む可能性もある。
・主因は訪日客の減少だ。免税売上高比率が4割と高い大丸心斎橋店(大阪市)の2月の売上高は46%減だった。東京店(16%減)と比べて減少幅が際立ち、訪日客への依存度が高い関西の地域性が浮かび上がった。阪急うめだ本店(大阪市)やあべのハルカス近鉄本店(同)も免税売上高が約7割減り、売上高全体の大幅減につながった。
・ホームセンター大手のコーナン商事の2月の既存店売上高(速報値)は前年同月に比べ13%増えた。暖冬で19年12月は売上高が減少していたが、1月から反転。2月に入ると、ウエットティッシュなどを含む日用品の売上高は約4割、マスクやアルコール消毒液など健康関連は3割増えた。こうした商品は現在、品薄となっているが、入荷すると即完売するため、売上高を押し上げている。
・和歌山県を地盤とするスーパー、オークワの1月21日~2月20日の既存店売上高は前年同期比2%増だった。マスクや消毒関連の日用品が11%増だったほか、食料品も2%増。「(新型コロナの影響で)外食よりも内食・中食の需要が生まれ、食材や総菜などが伸びた」(同社)という。

北海道の食品スーパー、2月は新型コロナで内食傾向高まり2ケタ増:
・Real Economy:3/4
・北海道の食品スーパー各社の2月売り上げが前年同月比2ケタ増と堅調に伸びている。今年は閏年で昨年より1日多く、最終29日が土曜日だったことも要因。また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出を控え、家庭内で食事を取る機会が増えたこともプラス要因になっている。
・北海道のラルズやコープさっぽろ、北雄ラッキー、マックスバリュ北海道など多くの食品スーパーは2月の売り上げを集計中だが、全てのスーパーが2ケタ増になったもよう。3日に2月の売り上げを開示したダイイチは113%と大きく伸長した。
・道が緊急事態宣言を行い外出の自粛要請をした28日以降はさらに拍車がかかり、コメが前年の倍の売れ行きを示したスーパーもあった。こうした購買動向の変化に対応して量目を機動的に変更、畜産の大容量パックも揃えるなどした食品スーパーはさらに好調な売り上げを確保した。

PI研のコメント(facebook)
・小売業の2月度の売上速報が公表されはじめていますが、その動向を示す2つの記事を見ると、業態により大きく明暗が分かれたといえます。明は食品スーパー、ドラックストア、ホームセンター、暗は百貨店です。しかも、その落差は大きく、明暗ともに2桁増と減、特に減の方は約20%減から50%弱までと大きく減じています。これだけの明暗はあまり事例がないといえ、しかも、3月も同様な傾向が続く可能性が高いとのことです。その要因は「新型コロナウイルスの感染拡大」にあるといえます。通常、売上に影響があった場合、客数(顧客)か客単価(商品)に絞れますが、今回の場合は、明が客単価(商品)、暗が客数(顧客)といえ、「新型コロナウイルスの感染拡大」にかかわる商品をカバーしている業態は明、「新型コロナウイルスの感染拡大」にかかわる顧客に影響を受けている業態は暗となったといえます。「新型コロナウイルスの感染拡大」は顧客と商品、双方に大きな影響を与えているといえ、長引けば長引くほど、明暗の差はさらに拡大すると予想されます。小売業が自らの努力でどうにもならない要因だけに、最新の情報と政府、自治体の対応をいち早くつかみ、対応してゆくことが課題といえます。3月度も、引き続き同様な厳しい状況が続くと予想され、各小売業の対応策に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #新型コロナ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 9, 2020 | | Comments (0)

March 08, 2020

家計調査、2020年1月度、実質3.9%減少!

家計調査報告、2020年1月度:
・総務省:3/6
・消費支出(二人以上の世帯):1世帯当たり 287,173円、前年同月比 実質 3.9%の減少、名目3.1%の減少、前月比(季節調整値) 実質 1.6%の減少

食料76,011(202001) 75,783(201901) 100.3%:名目
・1.1 穀類 5,666 5,734 98.8%、1.2 魚介類5,723 5,928 96.5%、1.3 肉類7,162 7,422 96.5%、1.5 野菜・海藻7,832 8,153 96.1%、1.6 果物2,800 2,938 95.3%、1.7 油脂・調味料3,345 3,525 94.9%、1.8 菓子類6,824 6,873 99.3%、1.9 調理食品10,424 9,978 104.5%、1.10 飲料4,232 4,079 103.8%、1.11 酒類2,885 2,743 105.2%、1.12 外食15,458 14,757 104.8%
・参考:
・2 住居16,070 16,278 98.7%、3 光熱・水道25,688 27,288 94.1%、4 家具・家事用品9,481 10,455 90.7%、5 被服及び履物12,184 12,639 96.4%、6 保健医療13,880 13,363 103.9%、7 交通・通信38,918 41,515 93.7%、8 教育8,719 10,884 80.1%、9 教養娯楽28,174 29,377 95.9%、10 その他の消費支出58,048 58,760 98.8%

90%以下の食料:
・310 メロン【円】 7 53.8% 274 干ししいたけ【円】 21 70.0% 273 豆類【円】 35 77.8% 311 いちご【円】 435 78.4% 381 紅茶【円】 68 79.1% 178 さんま【円】 20 80.0% 335 風味調味料【円】 186 80.5%
・38Y スポーツドリンク【円】 68 81.0% 340 ようかん【円】 43 82.7% 255 ごぼう【円】 77 82.8% 177 さば【円】 83 83.0% 306 ぶどう【円】 30 83.3% 256 たまねぎ【円】 242 83.4% 327 酢【円】 51 85.0% 213 魚介の漬物【円】 184 85.2% 186 かに【円】 161 85.6% 191 かき(貝)【円】 138 85.7% 301 みかん【円】 678 86.7% 291 梅干し【円】 94 87.0% 324 みそ【円】 156 87.2% 192 しじみ【円】 29 87.9% 321 マーガリン【円】 45 88.2% 261 かぼちゃ【円】 83 88.3% 252 さといも【円】 63 88.7% 3X5 ウイスキー【円】 116 89.2% 281 油揚げ・がんもどき【円】 236 90.1% 290 こんにゃく【円】 167 90.3% 328 ソース【円】 57 90.5% 258 れんこん【円】 80 90.9%

110%以上の食料:
・131 乾うどん・そば【円】 79 143.6% 307 柿【円】 46 135.3% 3X8 チューハイ・カクテル【円】 278 120.3% 296 他の野菜・海藻のつくだ煮【円】 30 120.0% 3XX 他の酒(2014年までは3X8を含む)【円】 84 120.0%
・36B おにぎり・その他【円】 385 116.7% 38X 茶飲料【円】 555 116.4% 194 ほたて貝【円】 72 116.1% 1.6.2 果物加工品【円】 322 115.4% 373 ハンバーグ【円】 113 115.3% 387 炭酸飲料【円】 377 113.6% 215 魚介のつくだ煮【円】 70 112.9% 3X3 焼酎【円】 429 112.6% 305 梨【円】 9 112.5% 313 他の果物【円】 225 111.9% 364 うなぎのかば焼き【円】 76 111.8% 365 サラダ【円】 426 110.9%

PI研のコメント(facebook)
・3/6、総務省統計局が2020年1月度の家計調査データを公開しました。結果は、「1世帯当たり 287,173円、前年同月比 実質 3.9%の減少、名目3.1%の減少」でした。ロイターによれば、総務省は「記録的な暖冬で、さまざまな費目の支出が減少した」とコメントしており、また、「新型コロナウイルス感染拡大の影響については、調査実施時点で大きな影響はみられなかったと説明」とのことです。気になる食料ですが、100.3%と微増です。したがって、全体が減少したのは食料以外といえます。水道94.1%、家具・家事用品90.7%、交通・通信93.7%、教育80.1%、養娯楽95.9%等が要因といえます。食品が堅調だった要因ですが、1.9 調理食品10,424 9,978 104.5%、1.10 飲料4,232 4,079 103.8%、1.11 酒類2,885 2,743 105.2%、1.12 外食15,458 14,757 104.8%等が底上げしたといえます。一方、1.2 魚介類5,723 5,928 96.5%、1.3 肉類7,162 7,422 96.5%、1.5 野菜・海藻7,832 8,153 96.1%、1.6 果物2,800 2,938 95.3%と、生鮮は全滅といえます。この1月時点では消費増税、新型コロナウィルスの影響はまだ数値には表れていないといえそうですが、次の2月度、どこまで数値に影響が表れるか、注視が必要といえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #家計調査 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 8, 2020 | | Comments (0)

March 07, 2020

全国スーパーマーケット協会、新型コロナウィルス情報サイト創設!

一般社団法人全国スーパーマーケット協会:3/3

首相官邸厚生労働省WEBサイト外務省

・農林水産省:
・「現在、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていない」「食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い等の一般的な衛生管理が実施されていれば、食品を介した感染を心配する必要はない」とし、引き続き、一般衛生管理等を十分に行うとともに、取引先に不当な取引条件を課すことのないよう求めているものです。

消費者庁:
・「中国産として原料原産地表示を行っている商品について、原料原産地表示の中国産との表記と実際に使用されている原材料の原料原産地に齟齬(そご)がある場合であっても、一般消費者に対して、店舗等内の告知、社告、ウェブサイトの掲示板等により当該商品の適正な原料原産地に係る適切な情報伝達がなされている場合に限り、食品表示基準を弾力的に運用する」としています。

経済産業省:
・親事業者においては、今回の新型コロナウイルス感染症の発生に伴って、下請事業者に対し、①通常支払われる対価より低い対価による下請代金の設定、②適正なコスト負担を伴わない短納期発注や部品の調達業務の委託など、負担を押しつけることがないよう、十分に留意すること、親事業者においては、今回の新型コロナウイルス感染症により影響を受けた下請事業者が、事業活動を維持し、又は今後再開させる場合に、できる限り従来の取引関係を継続し、あるいは優先的に発注を行うよう配慮すること
・全国マスク工業会及び関係省庁(厚生労働省・消費者庁・経済産業省)連名による、消費者の方など向けの「マスクについてのお願い」ポスターデータが公開されています。店頭への掲示が可能です。情報発信にご協力をいただきたいとのことです。

PI研のコメント(facebook)
・全国スーパーマーケット協会が3/3、食品スーパーマーケット加盟企業向けに「新型コロナウィルス情報サイト」を創設し、オープンしました。首相官邸をはじめ、関係省庁の新型コロナウィルス関連、しかも、食品スーパーマーケットと関係の深い情報がこのページに集約され、クリックひとつで閲覧できるサイトです。特に、農林水産業の所を見ると「現在、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていない」と、食品の現時点での安全性を強調したコメントがあるなど、食品を強く意識した内容となっています。また、消費者庁では中国産の食品表示基準についての内容、さらに、経済産業省では、下請事業者に対しての対応、いま最も関心の高いマスクについても言及しています。テレビ、新聞等では中々食品スーパーマーケットと関係の深い政府関連の情報を把握するのが難しいといえますが、このサイトを閲覧すれば、食品スーパーマーケットに関わる特化した情報を見ることができますので、関係者にとっては、貴重なサイトといえます。3/3、まだ始まったばかりですが、今後、新型コロナウィルスの動向次第では、いち早く情報を入手し、対応が迫られるかもしれませんので、今後、注視し、最新情報を掴むために活用できるサイトといえ、注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #新型コロナ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 7, 2020 | | Comments (0)

March 06, 2020

Amazon Go Grocery、価格、PB、生鮮!

登場! 生鮮版Amazon Go(上)本気の価格とPB戦略:
・日経XTREND:3/3
・米アマゾン・ドット・コムは米国時間の2020年2月25日、米ワシントン州シアトル市に、生鮮食料品を販売するレジなし店舗「Amazon Go Grocery」をオープンした。従来のAmazon Goに比べて、床面積が4~6倍程度広くなり、野菜や果物を陳列して販売しているのが特徴だ。値付けも従来とは異なる戦略を打ち出している。Amazon Goの同形態は初の出店となる。
・店舗はマンション1階のスペースを利用して出店している。床面積は約930平方メートル(約1万平方フィート)で商品は5000アイテムをそろえているという。従来店舗は150~200平方メートル程度だったので4~6倍の規模となる。買い物カートを利用するため、通路も多少広いようだ。従来通り、アマゾンのアカウントと連携させたスマホアプリで入店する。
・多数の店員で生鮮品を品出し:
・ウォルマートよりも安価、ホールフーズのPBも:
・レシート発行まで1時間以上:

登場! 生鮮版Amazon Go(中)AI以外に必要なあの作業:
・日経XTREND:3/5
・米アマゾン・ドット・コムが米ワシントン州シアトル市にオープンした、生鮮食料品を販売するレジなし店舗「Amazon Go Grocery」。どのようにして顧客が商品を手にしたのかを把握しているのか。従来のAmazon Goとの比較で分析する。
・Amazon Goと異なるセンサー活用も:
・1個売りで粒をそろえる作業が必要に:
・値札はすべて紙、ディスプレーで特売告知:

PI研のコメント(facebook)
・日経XTRENDでAmazon GO Groceryが3回に渡って特集されています。いずれも、詳細な写真付きであり、興味深い記事です。2/25に米ワシントン州シアトル市にオープンした店舗ですので、その後、各報道機関が次々に記事を配信していますが、この日経XTRENDの記事は3回に分けてということもありますが、様々な視点から写真を交えて解説していますので、現時点のAmazon GO Groceryを知る上に貴重な内容といえます。記事によれば、大きなポイントは価格とPB、そして、何といっても生鮮といえます。Amazon GOのレジ無しシステムがいよいよ生鮮食品をカバーしたといえ、今後、生鮮を扱う食品スーパーでもレジ無し店舗が実現することを実証したといえます。記事の中の写真を見ると、バナナ1本0.19ドルであり、しかも、ウォルマートよりも安いとのことですので、生鮮食品の価格も意識した商品戦略といえます。まだ、電子棚札を活用したダイナミックプライシングは採用されていないとのことですが、いずれ、Amazonのサイトのようなダイナミックプライシングも視野に入っているのではと想像されます。約300坪、5,000アイテムの店舗、第1号店のAmazon GO Groceryですが、次の2号店、そして、3号店とどう進化してゆくのか、Amazonのリアル店舗への挑戦に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #AmazonGoGrocery 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 6, 2020 | | Comments (0)

March 05, 2020

Amazonとマスク、100万件を削除!

アマゾンはマスクなどの“便乗値上げ”に対抗し、すでに100万点もの商品を削除している:
・WIRED:2/29
・新型コロナウイルスの感染が広がるにつれ、マスクなどの便乗値上げが横行している。こうした動きに対抗するため、アマゾンがすでに100万点以上もの商品を削除したことが明らかになった。削除対象は大幅な高値で出品されたマスクなどの商品と、新型コロナウイルスに対する防御や治癒といった虚偽の効果を謳った商品だ。アマゾンが、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」に関連する商品の販売について、同社のポリシーに違反している出品者の取り締まりを強化している。

新型コロナウイルスの影響でマスク価格が高騰、それをアマゾンは止めようとしている
・WIRED:2/26
・新型コロナウイルスの影響が深刻化するなか、マスク不足が社会問題となっている。便乗値上げも相次ぐなか、アマゾンはマスクを高値で販売する出品者の削除などで対抗しようとしている。
いまやマスクは、拡大するエピデミック(局地的な流行)の象徴となっている。世界が新型コロナウイルスの感染拡大を阻止しようとするなか、ソーシャルメディアやニュースサイトには日常生活で感染を予防するためにマスクを着用する人の写真で溢れている。街やショッピングモールは、まるで病院のようだ。

新型コロナウイルスの関連記事:WIRED
・現地レポート:感染拡大を招いた原因は、中国での情報統制による「初動の遅れ」にある、ついに「市中感染」が米国で始まり、見えてきた2つの懸念、「マスク価格が高騰、それをアマゾンは止めようとしている、「ダイヤモンド・プリンセス」が、新型ウイルスの“危険地帯”になった3つの理由、新型ウイルスの感染拡大は、今後どんな結末を迎えるのか? 考えられる「3つのシナリオ」、“封鎖”された中国・武漢で、いま起きていること、米国は新型ウイルスの「抗体」の開発を急いでいる、新型ウイルスの拡散経路を、人工知能がSNSから解き明かす、渡航禁止と隔離では、もはや新型ウイルスの勢いは止められない、あの「伝染病シミュレーションゲーム」が新型コロナウイルスの影響で思わぬ注目、開発元が対応に苦慮、新型コロナウイルスについて、改めて知っておくべき「4つのこと」、感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋

PI研のコメント(facebook)
・WIREDが新型コロナウイルスの関連記事の様々な記事を配信していますが、注目はAmazonとマスクの記事です。マスクは今、日本では店舗での入手が困難となり、ネットでの購入へ消費者が殺到、結果、需要供給の法則から価格がつり上げっているのが現状です。これは、何も日本だけではなく、世界的に、しかも大規模で起こっていることをWIREDが報じています。中でも、Amazonの対応は凄まじいといえ、「すでに100万点もの商品を削除」と、膨大な便乗値上げをする出展者との戦いが起こっているとのことです。2/26のWIREDの記事では「新型コロナウイルスの影響でマスク価格が高騰、それをアマゾンは止めようとしている」、そして、2/29の記事では「アマゾンはマスクなどの“便乗値上げ”に対抗し、すでに100万点もの商品を削除している」というタイトルですが、この2つの記事を読むだけで、Amazonとマスクの戦いが異常な状況にあることがわかります。いまやリアルの店舗のマスクとネットのマスクが同時に激しく連動しており、店舗、ネット、マスク、価格、しかも、マスクは記事によれば中国、メキシコ等で大半が生産されているとのことですので、世界全体がマスク=新型コロナウイルスで連動しているといえます。Amazonのマスクの価格がいつ落ち着くのか、その後、店頭にいつマスクが並ぶのか、マスクのリアル店舗の動向は、ネットのマスクの動向とも連動しており、Amazonの状況を見る限り、店頭にマスクが並ぶには相当の時間を要するのではないかと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #マスク 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 5, 2020 | | Comments (0)

March 04, 2020

カート=レジ、AI、本命か?

買い物かごが自動会計、東芝テックが21年度実用化へ:
・日本経済新聞:3/1
・東芝テックは2021年度中に、買い物かごに商品を入れるだけで、合計金額を自動的に算出するシステムを実用化する。かごに設置したカメラと人工知能(AI)で商品を認識し、既存店舗にも低コストで導入できる。消費者にとって煩わしい会計作業を簡単にするほか、小売りの現場の人手不足にも対応する。
・出資先で、画像認識AIシステムを手掛けるニュージーランド企業、IMAGRホールディングスの技術を活用する。国内で普及するPOS(販売時点情報管理)に接続できるシステムを開発し、9月までに大手小売店で実証実験を始める。
・かごの前面にはタブレット端末を取り付け、消費者は画面で購入する商品を確認できる。例えばカレールウを入れると、牛肉やジャガイモといった食材の割引クーポンを配信することも可能だ。商品をかごに入れる順番などを分析し、小売店は店舗棚の配置の改善などにも生かせるという。

ニュージーランドのIMAGR(イマジャー)社への出資のお知らせ:
・東芝テック株式会社:1/23 ・東芝テックは、小売店向けのAIカートシステムの開発を手掛けるIMAGR Holdings Limited(本社:ニュージーランド、CEO:William Chomley、以下「IMAGR社」)に対して、5.0百万米ドルの出資を実施しました。
・IMAGR社は2016年に設立され、コンピュータビジョン・AIテクノロジーをコアとして、消費者がバスケットに入れた商品をその場で画像認識するAIカートシステムを開発・提供しているベンチャー企業です。強みである画像認識精度に加えて、既存の実店舗でも導入・運用しやすいシステム構成になっています。ニュージーランドでは実証実験も行っております。
・中期経営計画で発表したとおり、当社はリテールソリューション事業において省人化対応ソリューションへの強化を図っております。IMAGR社と当社のリソースを組み合わせることで新たなシナジーを創出し、リテールソリューション事業のソリューション強化を実現できると考え出資を行いました。

Image Holdings Limited:
・初めまして、IMAGRです。「どうして、今どきお店のレジで並ばないといけないの?」と不満に思ったことはありませんか。思ったことがある方は、IMAGRがお届けする新しいショッピング体験のメリットがすぐにお分かりいただけることでしょう。56%の人が「レジの待ち時間が短くて済むならば、他のスーパーで買い物をする」と答えています。もっともなことです。レジで並んで待つのが楽しいという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。 そこでIMAGRでは、新しく、より便利な方法を考案しました。ショッピングカートに商品を入れて会計に進むだけの「フィルアンドゴー」方式によるフリクションレスな小売店ソリューション。お買い物が再び楽しくなる革新的なシステムです。より素早く、よりパーソナライズされた、より楽しいお買い物をIMAGRが可能にしました。 想像してみてください。

PI研のコメント(facebook)
・3/1の日本経済新聞に「買い物かごが自動会計、東芝テックが21年度実用化へ」との記事が掲載されました。東芝テックが「2021年度中に、買い物かごに商品を入れるだけで、合計金額を自動的に算出するシステムを実用化」とのことです。2021年ですから、来年のことですが、実用すれば、これまでのAmazon GO等のレジ無し店舗の取り組みとは一線を画すものであり、目的は同じですが、新たなアプローチといえます。技術としてはカメラ+AI+カートが組み合わさった内容ですので、画期的な技術革新ではありませんが、発想がこれまでとは違うアプローチであり、しかも、既存の小売業のオペレーションにも合致し、顧客も違和感のない低コストな仕組みです。これが将来のレジ無し店舗の本命となる可能性を秘めているといえます。ちなみに、この技術開発は東芝テックではなく、ニュージーランドのヴェンチャー企業、Image Holdings Limitedです。東芝テックが約5億円強出資しており、すでに、日本法人も設立し、営業活動を展開しています。「ショッピングカートに商品を入れて会計に進むだけの「フィルアンドゴー」方式によるフリクションレスな小売店ソリューション」と、今回の仕組みを定義しています。「フィルアンドゴー」方式、レジ無し店舗の本命となるか、すでにニュージーランドでは、実証実験も実施しているそうですが、今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #東芝テック 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 4, 2020 | | Comments (0)

March 03, 2020

Amazon Prime vs Walmart+、どっち?

Walmart is quietly working on an Amazon Prime competitor called Walmart+: Amazon Prime has devastated traditional retail. Walmart is about to fight back.
・VOX:2/27

When Amazon launched a funky membership program called Amazon Prime in 2005, Walmart boasted larger profits than Amazon had revenue. Fifteen years later, though, Prime is the key reason for Amazon’s dominance over Walmart in online sales.
(Amazonが2005年にAmazon Primeと呼ばれるファンキーな会員プログラムを開始したとき、ウォルマートはAmazonの収益よりも大きな利益を誇っていました。ただし、15年後、プライムは、オンライン販売でAmazonがウォルマートを支配する主な理由です。:google翻訳)

But Recode has learned that over the past 18 months, the world’s largest brick-and-mortar retailer has explored creating its own paid membership program that would include perks that Amazon can’t replicate, in part to avoid a direct comparison to Prime. Amazon now accounts for nearly 40 percent of all online retail sales in the US, according to eMarketer, and Prime is a huge reason why. Walmart is a distant No. 2 with only a little more than 5 percent of the US e-commerce market.
(しかし、Recodeは、過去18か月にわたって、世界最大の実店舗小売業者が、プライムとの直接比較を避けるために、Amazonが複製できない特典を含む独自の有料会員プログラムの作成を検討していることを学びました。 eMarketerによると、Amazonは現在、米国のすべてのオンライン小売売上高の40%近くを占めており、プライムがその大きな理由です。ウォルマートは、米国のeコマース市場のわずか5パーセントを超える、遠い第2位です。)

As soon as next month, Walmart plans to start publicly testing a membership program called Walmart+, according to sources. The program is expected to essentially launch as a rebrand of Walmart’s existing Delivery Unlimited service, which charges customers $98 a year for unlimited, same-day delivery of fresh groceries from one of the 1,600-plus Walmart stores in the US where the program is available. The company is also considering launching Walmart+ with a feature that would allow customers to use text messaging to place orders. Sources said that the amount of the Walmart+ fee could still change or the company might test multiple price points.
(ソースによると、来月すぐに、ウォルマートはウォルマート+と呼ばれるメンバーシッププログラムの公開テストを開始する予定です。このプログラムは、基本的にウォルマートの既存のDelivery Unlimitedサービスのリブランドとして開始され、プログラムが利用可能な米国の1,600以上のウォルマート店舗のいずれかからの新鮮な食料品の無制限の即日配達に対して年間98ドルを請求します。また、顧客がテキストメッセージングを使用して注文できる機能を備えたWalmart +の発売も検討しています。情報筋によると、Walmart +の料金は変更される可能性があり、会社は複数の価格帯をテストする可能性があるという。)

At Walmart, the Walmart+ initiative is a top priority for Janey Whiteside, the company’s chief customer officer who joined from American Express in 2018, according to sources. Other top Walmart leaders, including CEO Doug McMillon, have played an active role in planning. The goal for the program is to eventually save Walmart customers both time and money, and presumably to encourage them to keep spending heavily with the brick-and-mortar giant. Executives believe the program needs to strike a balance of being valuable enough that customers will pay for it, while different enough from Amazon Prime that it doesn’t promote a direct comparison that would likely be impossible for Walmart to win.
(ウォルマートでは、ウォルマート+イニシアチブは、2018年にアメリカン・エクスプレスから入社した同社の最高顧客責任者であるジェニー・ホワイトサイドにとって最優先事項です。 CEOのDoug McMillonを含むその他のWalmartのリーダーは、計画において積極的な役割を果たしました。このプログラムの目標は、最終的にウォルマートの顧客の時間とお金を節約し、おそらく実店舗の巨人と多額の費用をかけ続けることを奨励することです。エグゼクティブは、プログラムが顧客が支払うのに十分な価値があるというバランスをとる必要があると考えていますが、Amazon Primeとは異なるため、Walmartが勝ち得ない直接比較を促進しません。)

In a best-case scenario, Walmart executives hope Walmart+ will lead customers to pay for more products and services with better profit margins, potentially helping to bring down losses in Walmart’s e-commerce business — a stress point that previously caused friction between leaders in Walmart’s store business and e-commerce business. Walmart executives said at a recent investor event that US e-commerce losses will be flat or slightly down from last year’s numbers.
(最良のシナリオでは、ウォルマートの幹部は、ウォルマート+がより良い利益率でより多くの製品とサービスの支払いを顧客に促し、潜在的にウォルマートのeコマース事業の損失を減らす助けになることを望んでいます。店舗事業および電子商取引事業。ウォルマートの幹部は、最近の投資家のイベントで、米国の電子商取引の損失は昨年の数字から横ばいまたはわずかに減少すると述べた。)

From the time Walmart spent $3 billion to acquire Jet.com in 2016, executives have stressed both internally and externally that the traditional retailer has built-in advantages over Amazon. Walmart+ is the time to prove it.
(2016年にWalmartが30億ドルをかけてJet.comを買収して以来、経営陣は、従来の小売業者がAmazonよりも有利であると社内および社外の両方で強調しています。 Walmart +はそれを証明する時です。)

PI研のコメント(facebook)
・ウォルマートがAmazon Primeに対抗し、walmart+をスタートさせる準備に入ったとの報道が一斉に報じられています。ウォルマート自身も詳細は公表しないが、存在は認めたとのことです。ここ数年、ウォルマートはAmazonに対抗すため、デジタルシフトに本腰を入れており、急激にe-commerceを拡大しています。ただ、現時点ではAmazonが市場シェア約40%に対し、ウォルマートは約5%と、大きな差があります。その決定的な違いがAmazon Prime会員の存在だそうです。約1億5千万人という巨大な会員を獲得しているとのことですが、その参加動機が宅配無料というサービスだそうです。これ以外にも音楽、テレビ、ビデオなどAmazon独自の様々な付帯サービスがありますが、この宅配、しかも即日配送が差別化のポイントといえます。walmart+はまさにここに焦点を当て、Amazon Primeよりも安い会員料金で、全米のウォルマートから生鮮食品を含め即日配送を計画しているとのことで、Amazon Primeの優位性を打ち消し、さらに、ウォルマート独自の付加価値をサービスに加えるとのことです。今期中にはサービスがリリースされるとのことですので、「Walmart+ is the time to prove it.Walmart is about to fight back」.、ウォルマートの強さをAmazonに示し、反撃の時を迎えたとなるか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #walmart 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 3, 2020 | | Comments (0)

March 02, 2020

食品スーパー株価ランキング、マイナス、2/28!

食品スーパー、株価ランキング:2/28

株価ベスト10:
・8279ヤオコー東15,840-40-0.68%、9956バローHD東11,635-19-1.15%、8182いなげや東11,259-23-1.79%、8255アクシアル東13,435-65-1.86%、9974ベルク東15,180-100-1.89%、9890マキヤJQ706-14-1.94%、9948アークス東11,728-37-2.10%、8167リテールPA東2692-16-2.26%、9823マミーマートJQ1,835-49-2.60%、9977アオキスーパJQ2,435-67-2.68%

ベスト20:
・8267イオン東12,014.5-61.0-2.94%、 2791大黒天 東13,045-110-3.49%、8217オークワ東11,329-52-3.77%、8242H2Oリテイ東1833-34-3.92%、3222USMH東1855-35 -3.93%、7475アルビス東11,909-81-4.07%、9919関西スーパ東1868-39-4.30%、289 オリンピック東1497-23-4.42%、3094スーパーVJQ382-18、-4.50%、8194ライフコーポ東12,351-112-4.55%

ベスト31:
・7643ダイイチJQ629-31-4.70%、8198MV東海東21,940-110-5.37%、8142トーホー 東11,572-92-5.53%、2742ハローズ東12,477-151-5.75%、3038神戸物産 東13,935 -250-5.97%、7520エコス東11,419-97-6.40%、8287MV西日本東21,490-110-6.88%、9993ヤマザワ東11,462-125-7.88%、3171MV九州JQ1,791-196-9.86%、9846天満屋ス東21,004-113-10.12%、2747北雄ラッキーJQ2,513-329-11.58%

PI研のコメント(facebook)
・ 2/28の食品スーパー上場企業のランキングを集計しました。株価上昇率の高い順にベスト31社のランキングです。日経平均は21,142.96-805.27ですので、全体が下がっている中ですが、No.1の8279ヤオコー東15,840-40-0.68%と、何とマイナス-0.68%です。結果、すべての上場食品スーパーがマイナスと全面安の結果です。No.2、No.3は9956バローHD東11,635-19-1.15%、8182いなげや東11,259-23-1.79%であり、この時点で約2%弱のマイナスの株価です。ちなみに、ワースト3は、3171MV九州JQ1,791-196-9.86%、9846天満屋ス東21,004-113-10.12%、2747北雄ラッキーJQ2,513-329-11.58%であり、約10%の下落となりました。新型コロナウィルスの影響が深刻になりつつある中、投資家は食品スーパー全体を売りと判断したといえ、厳しい結果といえます。3月からは、さらに影響が強まるといえ、今後、食品スーパーの本決算の公表がはじまりますが、今期、最終四半期、予断を許さない厳しい経営環境が続くといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #食品スーパー 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 2, 2020 | | Comments (0)

March 01, 2020

アメリカ企業、0利益成長、2020、Goldman Sachs見通し!

新コロナ感染拡大でゴールドマン・サックスが米企業ゼロ成長を予測、株式は再値下がり
・TechCrunch Japan:2/28
・新型コロナウイルスが経済成長に影響を及ぼすとの懸念から、米国株式市場は2月27日に再び大きく下げた。そして多くのテック企業が直近の売上高や業績予想に感染拡大の影響を盛り込み始めた。正午の時点でダウ平均はおおよそ650ポイント下げ、ナスダックも240ポイント下げた。いずれも今年初めに達成した過去最高値からかなりの下落だ。米国(北カリフォルニア)で初めて市中感染が報告されたのに伴い、ドナルド・トランプ大統領は昨夜、広がりつつあるコロナウイルス感染への政権の対応を国民に示した。大統領のスピーチは感情的なもので、世界そして米国が受けるコロナウイルスの影響はかなり大きく、想定していた以上長引くかもしれないとの懸念を抑制することはできなかった。
・そして本日、Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)は、コロナウイルスの影響で米企業の2020年の利益成長率はゼロになる、との経済見通しを発表した。グローバル経済の落ち込みからして、多くのアナリストが最近の市場のレベルはデタラメだとするのに消極的だったことが明らかになった一方で、ゴールドマン・サックスがはっきりとさせた。

Goldman sees zero earnings growth for US companies this year because of coronavirus:
・CNBC:2/27
・Goldman Sachs revised its earnings estimate for the year for U.S. companies to $165 per share, representing 0% growth in 2020.
This is a dramatic break from the consensus forecast of Wall Street, which still calls for earnings to climb 7% this year.
・“Our reduced profit forecasts reflect the severe decline in Chinese economic activity in 1Q, lower end-demand for US exporters, disruption to the supply chain for many US firms, a slowdown in US economic activity, and elevated business uncertainty,” the firm’s chief U.S. equity strategist, David Kostin, said in a note to clients.
・Earnings growth for U.S. companies will be stagnant in 2020 as a result of the coronavirus, according to Goldman Sachs.

PI研のコメント(facebook)
・ 2/28、Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)の2020年のアメリカ企業の利益予想が0になるとの報道を各社が報じました。日本語版ではTechCrunch Japanが報じており、「Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)は、コロナウイルスの影響で米企業の2020年の利益成長率はゼロになる、との経済見通しを発表」とのことです。新型コロナウィルスがアメリカ経済にも深刻な影響を今後与えてゆくとの見通しです。TechCrunchによれば、2/27の株価は、「新型コロナウイルスが経済成長に影響を及ぼすとの懸念から、米国株式市場は2月27日に再び大きく下げ」とのことで、「今年初めに達成した過去最高値からかなりの下落」とのことです。2020年はまだはじまったばかりですが、この時点でGoldman Sachsがアメリカ企業の利益成長率、ゼロの見通しを示したことで、それだけ、アメリカ経済にも新型コロナウィルスの深刻な影響がではじていると思われます。アメリカ経済はもちろんですが、翻って、日本経済も予断を許さない状況に入ったといえ、2020年度は厳しい年になる覚悟が必要な段階に入ったといえそうです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #Goldman 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 1, 2020 | | Comments (0)