« 食品スーパー株価ランキング、マイナス、2/28! | Main | カート=レジ、AI、本命か? »

March 03, 2020

Amazon Prime vs Walmart+、どっち?

Walmart is quietly working on an Amazon Prime competitor called Walmart+: Amazon Prime has devastated traditional retail. Walmart is about to fight back.
・VOX:2/27

When Amazon launched a funky membership program called Amazon Prime in 2005, Walmart boasted larger profits than Amazon had revenue. Fifteen years later, though, Prime is the key reason for Amazon’s dominance over Walmart in online sales.
(Amazonが2005年にAmazon Primeと呼ばれるファンキーな会員プログラムを開始したとき、ウォルマートはAmazonの収益よりも大きな利益を誇っていました。ただし、15年後、プライムは、オンライン販売でAmazonがウォルマートを支配する主な理由です。:google翻訳)

But Recode has learned that over the past 18 months, the world’s largest brick-and-mortar retailer has explored creating its own paid membership program that would include perks that Amazon can’t replicate, in part to avoid a direct comparison to Prime. Amazon now accounts for nearly 40 percent of all online retail sales in the US, according to eMarketer, and Prime is a huge reason why. Walmart is a distant No. 2 with only a little more than 5 percent of the US e-commerce market.
(しかし、Recodeは、過去18か月にわたって、世界最大の実店舗小売業者が、プライムとの直接比較を避けるために、Amazonが複製できない特典を含む独自の有料会員プログラムの作成を検討していることを学びました。 eMarketerによると、Amazonは現在、米国のすべてのオンライン小売売上高の40%近くを占めており、プライムがその大きな理由です。ウォルマートは、米国のeコマース市場のわずか5パーセントを超える、遠い第2位です。)

As soon as next month, Walmart plans to start publicly testing a membership program called Walmart+, according to sources. The program is expected to essentially launch as a rebrand of Walmart’s existing Delivery Unlimited service, which charges customers $98 a year for unlimited, same-day delivery of fresh groceries from one of the 1,600-plus Walmart stores in the US where the program is available. The company is also considering launching Walmart+ with a feature that would allow customers to use text messaging to place orders. Sources said that the amount of the Walmart+ fee could still change or the company might test multiple price points.
(ソースによると、来月すぐに、ウォルマートはウォルマート+と呼ばれるメンバーシッププログラムの公開テストを開始する予定です。このプログラムは、基本的にウォルマートの既存のDelivery Unlimitedサービスのリブランドとして開始され、プログラムが利用可能な米国の1,600以上のウォルマート店舗のいずれかからの新鮮な食料品の無制限の即日配達に対して年間98ドルを請求します。また、顧客がテキストメッセージングを使用して注文できる機能を備えたWalmart +の発売も検討しています。情報筋によると、Walmart +の料金は変更される可能性があり、会社は複数の価格帯をテストする可能性があるという。)

At Walmart, the Walmart+ initiative is a top priority for Janey Whiteside, the company’s chief customer officer who joined from American Express in 2018, according to sources. Other top Walmart leaders, including CEO Doug McMillon, have played an active role in planning. The goal for the program is to eventually save Walmart customers both time and money, and presumably to encourage them to keep spending heavily with the brick-and-mortar giant. Executives believe the program needs to strike a balance of being valuable enough that customers will pay for it, while different enough from Amazon Prime that it doesn’t promote a direct comparison that would likely be impossible for Walmart to win.
(ウォルマートでは、ウォルマート+イニシアチブは、2018年にアメリカン・エクスプレスから入社した同社の最高顧客責任者であるジェニー・ホワイトサイドにとって最優先事項です。 CEOのDoug McMillonを含むその他のWalmartのリーダーは、計画において積極的な役割を果たしました。このプログラムの目標は、最終的にウォルマートの顧客の時間とお金を節約し、おそらく実店舗の巨人と多額の費用をかけ続けることを奨励することです。エグゼクティブは、プログラムが顧客が支払うのに十分な価値があるというバランスをとる必要があると考えていますが、Amazon Primeとは異なるため、Walmartが勝ち得ない直接比較を促進しません。)

In a best-case scenario, Walmart executives hope Walmart+ will lead customers to pay for more products and services with better profit margins, potentially helping to bring down losses in Walmart’s e-commerce business — a stress point that previously caused friction between leaders in Walmart’s store business and e-commerce business. Walmart executives said at a recent investor event that US e-commerce losses will be flat or slightly down from last year’s numbers.
(最良のシナリオでは、ウォルマートの幹部は、ウォルマート+がより良い利益率でより多くの製品とサービスの支払いを顧客に促し、潜在的にウォルマートのeコマース事業の損失を減らす助けになることを望んでいます。店舗事業および電子商取引事業。ウォルマートの幹部は、最近の投資家のイベントで、米国の電子商取引の損失は昨年の数字から横ばいまたはわずかに減少すると述べた。)

From the time Walmart spent $3 billion to acquire Jet.com in 2016, executives have stressed both internally and externally that the traditional retailer has built-in advantages over Amazon. Walmart+ is the time to prove it.
(2016年にWalmartが30億ドルをかけてJet.comを買収して以来、経営陣は、従来の小売業者がAmazonよりも有利であると社内および社外の両方で強調しています。 Walmart +はそれを証明する時です。)

PI研のコメント(facebook)
・ウォルマートがAmazon Primeに対抗し、walmart+をスタートさせる準備に入ったとの報道が一斉に報じられています。ウォルマート自身も詳細は公表しないが、存在は認めたとのことです。ここ数年、ウォルマートはAmazonに対抗すため、デジタルシフトに本腰を入れており、急激にe-commerceを拡大しています。ただ、現時点ではAmazonが市場シェア約40%に対し、ウォルマートは約5%と、大きな差があります。その決定的な違いがAmazon Prime会員の存在だそうです。約1億5千万人という巨大な会員を獲得しているとのことですが、その参加動機が宅配無料というサービスだそうです。これ以外にも音楽、テレビ、ビデオなどAmazon独自の様々な付帯サービスがありますが、この宅配、しかも即日配送が差別化のポイントといえます。walmart+はまさにここに焦点を当て、Amazon Primeよりも安い会員料金で、全米のウォルマートから生鮮食品を含め即日配送を計画しているとのことで、Amazon Primeの優位性を打ち消し、さらに、ウォルマート独自の付加価値をサービスに加えるとのことです。今期中にはサービスがリリースされるとのことですので、「Walmart+ is the time to prove it.Walmart is about to fight back」.、ウォルマートの強さをAmazonに示し、反撃の時を迎えたとなるか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #walmart 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 3, 2020 |

Comments

Post a comment