« 主要百貨店、売上速報、2月度、大幅ダウン! | Main | Amazon Go Grocery、レイアウト、顧客視点! »

March 14, 2020

ニールセン、新型コロナウイルス、消費動向を公表!

新型コロナウイルス海外での影響
~感染拡大に対する消費者の懸念が世界各国のサプライチェーンに与える影響~

・ニールセン:3/5
・新型コロナウイルスが世界的なパンデミックを引き起こすのではないかとの懸念が高まっており、世界各国の消費者がさまざまな商品を備蓄し始めています。対象は、缶詰、小麦粉、砂糖、ボトル入り飲料水といった基本的なアイテムに留まらず、米国ではサプリメント、フルーツスナック、応急処置キットなどの販売も増加しています。ニールセンの最新の調査では、特に、中国、米国、イタリアで非常用の備蓄が急増しており、消費者が必需品を蓄え初めていることが見て取れます。
・人気商品を扱うメーカーのサプライチェーンは即座に影響を受けるでしょう。一部の市場ではハンドサニタイザーと医療用マスクが在庫切れを起こしており、供給がいつ安定するのか明確にされていません。マレーシアでは、ハンドサニタイザーの販売が2020年1月26日終了週に約100万リンギット(237,176米ドル:調査店合計)に達しました。これは週平均を800%以上上回っています。また、米国では、保健福祉省(HHS)のアレックス・アザール長官が議員に対し「米国では最大3億枚のマスクが必要となる」と発言しましたが、これは現在の供給量を2億7千万枚上回る数です。サンフランシスコのドラッグストアを対象としたニールセンの調査によると、医療用マスクの年初以来の売り上げは、2020年2月22日終了週の時点で既に2019年全体の売り上げを上回っており、高まり続ける需要がサプライチェーンに大きな負担を掛けていることが分かります。
・食品の家庭内在庫の増加:
・米国の消費者は生活必需品の購入を急ぐようになるでしょう。ベトナムでは、調査対象となった消費者の45%が自宅でのストックを増やしており、25%がオンラインで商品を購入していると答えています。台湾では、インスタントラーメンの店頭在庫が減っています。米国でも今後、同様の傾向となる可能性があると言えます。

Nielsen: Coronavirus has CPG shoppers changing their ways:
As COVID-19 spreads worldwide, consumer behavior crosses six ‘thresholds’
・Supermarket News:3/11
・In response to the spread of novel coronavirus (COVID-19) — today officially declared a pandemic by the World Health Organization (WHO) — consumers are changing their shopping behavior in ways that could shape future buying patterns, new research from Nielsen finds.
(Nielsenの調査により、新規コロナウイルス(COVID-19)の流行に関する懸念に直接結び付く6つの主要な消費者行動閾値レベルが特定されました。しきい値は、特に緊急のパントリー用品と健康用品の支出パターンの早期シグナルを提供します。これらのパターンは複数の市場に反映されています。:google翻訳)

PI研のコメント(facebook)
・ ここ数日、ニールセンが新規コロナウイルス(COVID-19)についての消費動向のレポートを次々に公表しています。日本だけでなく、米国、イタリアを含め、様々な国でのPOSデータ分析をもとに、新規コロナウイルス(COVID-19)の影響とそれにともなう消費行動の分析をしており、興味深い視点です。3/5の日本語版、「新型コロナウイルス海外での影響」では、「一部の市場ではハンドサニタイザーと医療用マスクが在庫切れ」の段階から、「米国の消費者は生活必需品の購入を急ぐ、・・」流れに代わって来ているとのことです。また、まだ、日本語版は出ていないようですが、3/11には「Nielsen: Coronavirus has CPG shoppers changing their ways」と、新規コロナウイルス(COVID-19)の消費行動には、6つのステップがあるとデータで特定したとのレポートを公表しています。これを見ると、最初の消費行動は衛生用品などの商品購入ですが、それが家庭内在庫確保へ発展し、すごもりの禁欲生活へ入り、元の生活にもどってゆくという流れです。ニールセン、今後も新規コロナウイルス(COVID-19)の消費行動を分析してゆくとのことで、レポートのサブテーマにもあるように、サプライチェーンに与える影響に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #新型コロナ 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 14, 2020 |

Comments

Post a comment