« 小売業、業態で明暗、2月度の売上速報! | Main | 新型コロナウイルス、企業60%強に影響、帝国データバンク! »

March 10, 2020

PBR、1倍割れ急増、食品スーパーも!

トヨタやNTTなど主力株も 「解散価値」割れ56%に:
東証1部 新型コロナでマネー萎縮
・日本経済新聞:3/6
・東京株式市場でPBR(株価純資産倍率)が1倍を下回る銘柄が急増している。「解散価値」とも呼ばれる1株当たり純資産を株価が下回る銘柄は、6日時点で東証1部の約56%に達した。PBR1倍割れは、不人気銘柄だけでなく、トヨタ自動車やNTTなど主力株にも広がっている。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で投資マネーの萎縮が広がっている。
・PBRは株主の持ち分である純資産と株価を比較する指標で、株価の下値のメドとして用いられるケースが多い。
・最近PBR1倍割れとなった主な銘柄を業種別でみると、輸送用機器や電気機器、機械などの輸出関連株が目立つ。トヨタや京セラ、三菱重工業などだ。世界的な景気悪化懸念に加え、円高進行による企業業績の悪化が懸念されている。

主要食品スーパーのPBR、約58%、1倍割れ:3/6
・H2Oリテイ 0.36 リテールPA 0.44 オリンピック 0.46
・ヤマザワ 0.55 天満屋ス 0.56 アルビス 0.61 ダイイチ 0.62 スーパーV 0.63 バローHD 0.66 アークス 0.67 トーホー 0.7 北雄ラッキー 0.72 アオキスーパ 0.72 MV西日本 0.75 関西スーパ 0.75 オークワ 0.76 USMH 0.78 マミーマート 0.84
・MV九州 1.01 MV東海 1.03 エコス 1.09 いなげや 1.14 大黒天 1.18 アクシアル 1.25 ハローズ 1.35 ライフコーポ 1.39 ベルク 1.58 イオン 1.6 マルヨシ 1.82 ヤオコー 2.14 神戸物産 10.33

PI研のコメント(facebook)
・3/6の日本経済新聞に「トヨタやNTTなど主力株も 「解散価値」割れ56%に」という記事が掲載されました。PBR(Price Book-value Ratio)は株価純資産倍率、数式は、株価/1株あたりの株主資本、ないしは、時価総額/純資産であり、この値が1.0倍以上か以下かで株の価値を判断することになる指標です。PBRが1.0倍以下になると、純資産が時価総額を上回るので、純資産を現金化し会社を解散した方が良いといえ、記事の見出し、「解散価値」ともいわれる指標です。3/6、これほど異常状態になったのは、記事にあるように、「世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で投資マネーの萎縮」が原因といえるかと思いますが、「6日時点で東証1部の約56%」は異常値といえます。ちなみに、主要な食品スーパー関連の6日時点のPBRを調べてみましたが、約58%であり、ほぼ、東証1部の銘柄と同じ比率となりました。食品スーパーも全体の動向とほぼ同じ動きをしているといえます。それにしても、食品スーパー関連の株価の中で神戸物産のPBRは10.33倍と、これはこれで異常値といえ、それだけ、神戸物産の株価は投資家から別格の視線が注がれているといえます。新型コロナウイルスの動向=投資動向という状況を呈してきており、今後、株価がどう動くか、新型コロナウィルスの動向に注視が必要といえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #PBR 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.Slack開設、「AI棚割り分析」 
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,100人

March 10, 2020 |

Comments

Post a comment