« ID-POS分析はAIで進化する! | Main | コンビニ売上速報、2020年4月度、-10.7%! »

May 22, 2020

併売って何?

PI研のコメント(facebook):
・併売率に関してのブログです。ID-POS分析の2大特徴、頻度と併売ですが、頻度はすでに本ブログで取り上げましたので、併売について、特に、顧客併売(期間)と商品併売(同時)の違い、AI(ベインジアンネットワーク)との関係等について解説します。通常、併売は商品併売(同時)併売が用いられ、クロスマーチャンダイジング等に活用されますが、実は、併売の本質は顧客併売(期間)の方が重要です。商品併売(同時)はPOS分析でも可能ですが、顧客併売(期間)はID-POS分析から生まれ、POS分析での商品併売(同時)を含んでいますので、広く併売分析をとらえることができます。大きな違いはレシート1枚1枚での併売を見るのが商品併売(同時)であり、顧客ごとのレシートすべてで併売を見るのが顧客併売(期間)です。したがって、頻度の高いロイヤルカスタマーは併売商品が多く、頻度の低いZ顧客は併売商品が圧倒的に少なくなり、場合によっては、分けて併売分析をした方が良いといえます。ここでは、その違いを図解し、解説します。また、AI(ベイジアンネットワーク)との関係にも言及し、その相性の良さの理由も明らかにします。併売はPOS分析、ID-POS分析、そして、AIにも通じる重要な分析ですので、今後、AIの時代も様々な活躍が期待できます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #併売 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━
 1.AI入門セミナー:5/19、20、「AI棚割り分析」「AIレイアウト分析」  
 2.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 3.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,170人
 4.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

May 22, 2020 |

Comments

Post a comment