« July 2020 | Main

August 11, 2020

いなげや、第1四半期決算、増収増益、黒字転換!


PI研のコメント(facebook):
・いなげやが8/4、2021年3月期の第1四半期決算を公表しました。食品スーパーは2月期の第1四半期決算の公表は終了、ここからは3月決算の公表へと移ります。そのいなげやですが、増収、大幅増益の好決算となりました。特に、利益は昨年が赤字であっただけに、反転、大幅な黒字決算です。決算が好転した要因ですが、新型コロナウイルス感染症の流行により、「在宅比率の高まりにより内食需要が拡大」、これがいなげやの既存店の売上高を12.9%増と押し上げたことが、固定費を下げ、経費比率を大きく引き下げたことが大きいといえます。また、原価も改善しており、利益をダブルで押し上げています。これを踏まえて、8/4、決算発表の同日ですが、業績の上方修正をしており、通期は売上高こそ1.5%増ですが、営業利益は71.7%と大幅増益と、この第1四半期決算の勢いが継続するとの予想です。ただ、率では1.5%ですので、この第1四半期決算の4.6%と比べると、厳しい予想といえます。やはり、新型コロナウイルスの先行き、不透明感がぬぐえないと思われます。いなげや、第1四半期は好調な決算となりましたが、6月度の売上高は5月度と比べ減少傾向ですので、次の四半期、どのような数値で落ち着くか、新型コロナウイルスの動向とともに、慎重に見極める必要がありそうです。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #いなげや

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━  


 New!AI入門セミナー:AI棚割り分析、AI仮想クラスター分析:8/25
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 11, 2020 | | Comments (0)

August 10, 2020

食品スーパー、株価速報、2020年8月7日!



PI研のコメント(facebook):
・2020年8月7日現在の食品スーパー、約30社の株価速報です。今週は先週と違い、全体的に株価が堅調といえます。約半数が上昇しました。上昇した株を見るとPER、PBRの高い企業も多く、投資家が食品スーパーの株価に注目しているといえそうです。今週の注目はNo.1の上昇率となったスーパーバリューです。7/7以降、スーパーバリューの株価は跳ね上がって高値が続いていますが、そのきっかけとなったのが7/7、ボリンジャーバンドが3σを超えたことにより、投資家の買いが殺到したためです。この日、売買高が跳ね上がり、異常な買いが入りましたが、それが3σのボリンジャ―バンドを超えたことにあります。株価は様々な要素で動きますが、こと、スーパーバリューを見る限り、ボリンジャーバンドの3σが決め手になったといえます。今後、株価速報にはボリンジャーバンドを加え、解説してゆきたいと思います。食品スーパーの株価、来週も注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #株価

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━  

 New!AI入門セミナー:AI棚割り分析、AI仮想クラスター分析:8/25
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 10, 2020 | | Comments (0)

August 09, 2020

食料品、家計調査データ、2020年6月度速報!

PI研のコメント(facebook):
・家計調査データ、最新、2020年6月度の速報となります。今回は特に食料品に絞り、解説しました。家計調査データの食料品には外食も入りますので、食品スーパーの商品分類とは一致しない点もあります。その結果ですが、昨対-1.2%とほぼ元にもどった結果となりました。定額給付金10万円が消費に貢献したといえます。食料品を見ても、高級鮮魚のたい、カニ等が大きく伸びていますので、消費内容にも変化があったといえます。ちなみに、外食は66.5%ですので、依然として厳しい状況です。食料品の中で好調な部門は酒117.4%、中でもウイスキー、チューハイ・カクテルが大きく伸びています。これ以外では肉類、野菜も好調です。食料品以外では子供靴、保健用消耗品、炊事用電気器具、テレビ、婦人用ファンデーション、ゲームソフトなどが好調です。一方、旅行関連、娯楽関連は50%以下の項目が続出しており、明暗が分かれたといえます。次回、7月度はこのまま安定的な消費が続くのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #家計調査データ

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━  

 New!AI入門セミナー:AI棚割り分析、AI仮想クラスター分析:8/25
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 9, 2020 | | Comments (0)

August 08, 2020

AI入門セミナー、AI棚割り分析、AI仮想クラスター分析!

PI研のコメント(facebook):
・AI入門セミナー、AI in ID-POS協働研究フォーラム主催ですが、第2回目を8/25(火)に開催します。時勢柄、Web Seminarでの開催です。今回は一般の方も有料で受講が可能です。内容ですが、「AI棚割り分析」、「AI仮想クラスター分析」の2つのテーマとなります。「AI棚割り分析」はすでに事例もでき、分析手順も確立、軌道にのりつつありますが、「AI仮想クラスター分析」ははじまったばかりです。現在、様々な分析を試みているところで、最新の研究成果を披露できると思います。それぞれ、AIのアルゴリズムが違い、「AI棚割り分析」はBN(ベイジアンネットワーク)、「AI仮想クラスター分析」はPLSA(確率的潜在的意味解析)のAIを駆使して、ID-POS分析を進化させます。特に、「AI仮想クラスター分析」は、人間が思いもかけないクラスターが出現し、しかも、商品と顧客を同時に確率的に分類しますので、いわゆる商品DNA、顧客DNAの同時、進化版ともいえるクラスター分析といえます。今回は、時間が許す限り、事例もたくさん紹介する予定ですので、是非、参加をご検討ください。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #AI

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AI入門セミナー:AI棚割り分析、AI仮想クラスター分析:8/25
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 8, 2020 | | Comments (0)

August 07, 2020

ドラックストアのPL、財務3表連環分析2020!



PI研のコメント(facebook):
・ドラックストアの最新決算をもとに集計した財務3表連環分析2020からドラックストアの各社のP/Lを集計しました。2020年度は各社新型コロナウイルスの特需もあり、増収増益となる好決算であり、特に、利益が大きく改善しています。売上高ベスト5は、ウエルシアH、ツルハH、コスモス薬品、サンドラック、マツモトキヨシHであり、特に、上位2社は1兆円に迫る勢いです。現在、ドラックストア業界はM&Aの動きが激しく、今後、1兆円を超える攻防が激しさを増すと思われます。ここでは、売上高と伸び率、売上高と営業利益率をもとに3つのクラスターをつくり、各社のポジションを明確にしました。また、利益構造を売上総利益と経費比率で分解し、各社を改めてポジションニングしました。結果、両極端、右上の経費、営業総利益大の企業と左下、経費、営業総利益小の企業に2極化し、ドラックストア業界が2分していることが鮮明な構図となりました。どちらも、営業利益が高いことから、今後、この2極化がますます進んでゆくことになりそうです。ドラックストア、2021年度も先行き不透明感が漂いますが、各社、どのような成長戦略を打ち出すのか、注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #損益計算書

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AI入門セミナー:AI棚割り分析、AI仮想クラスター分析:8/25
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 7, 2020 | | Comments (0)

August 06, 2020

ドラックストアのCF、財務3表連環分析2020!



PI研のコメント(facebook):
・ドラックストアの2020年度の本決算からCFを昨年度の本決算と比較しました。今期は新型コロナウイルスの特需もあり、大きく営業CFが増加しています。問題はその大幅に増加したキャッシュをどう配分したかですが、結論は、温存、内部留保に充てたといえます。通常、投資CFは営業CFのほぼ100%となりますが、今期は、約60%と、投資を大きく抑えています。しかも、財務CFも抑えていますので、結果、TCF、トータルなCFが大きく増加、内部留保に回っているのが、今期の特徴といえます。やはり、新型コロナウイルスの先行き不安な状況はぬぐえず、いまは、キャッシュを確保という経営判断が働いたと思われます。ちなみに、配当は昨年とほぼ同額ですので、営業CFが増加したことを考慮すると抑えたといえます。これは食品スーパーも同様な傾向ですので、新型コロナウイルスはそれだけ小売業界に大きな影響を与えているといえ、経営者は慎重に今期の動向を見ているといえます。財務3表の中ではCFが最もダイレクトに経営者の心理を表しているといえますので、特に、今期、2021年度のCFには注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #キャッシュフロー

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 6, 2020 | | Comments (0)

August 05, 2020

ドラックストアのBS、財務3表連環分析2020!



PI研のコメント(facebook):
・ドラックストアの2020年の本決算が出そろい、財務3表連環分析として、食品スーパーととともにリリースしました。今回はその中からドラックストアのBS、貸借対照表についてまとめてみました。ドラックストアのBSを見るポイントは成長戦略を担う指標、すなわち、新店にかかわる資産とそれを支える財務基盤にあります。ただ、食品スーパーと違い、土地を購入することは一部ドラックストアを除き、少ないですので、食品スーパーほど大きな資産構造ではありません。今期の最新の決算でも総資産の約40%ですので、食品スーパーの約60%と比べ少ないといえます。それでも、約40%ですので、これをどう純資産、負債で支えるかがポイントです。これ以外に大きな項目としては在庫があります。これは負債の買掛金とペアになっており、約25%あります。特に、買掛金は食品スーパーは約15%ですので、10ポイントも違い、大きな負債といえます。このように、ドラックストアのBSは新規出店構造、在庫の持ち方に大きな特徴がありますので、その視点を入れて分析することがポイントです。ドラックストア、ここ数年、M&Aも本格化しており、今後、M&Aの視点を入れたBSの分析も課題といえ、その面からもトライしてみたいと思います。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #貸借対照表

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 5, 2020 | | Comments (0)

August 04, 2020

関西スーパーマーケット、第1四半期、増収増益!



PI研のコメント(facebook):
・関西スーパーマーケットが7/30、2021年3月期の第1四半期決算公表しました。結果は増収、大幅増益の好決算です。利益が異常値となり、いずれの段階でも大幅増益となりました。また、同日、業績予想を修正しており、この中で、通期の営業利益を55.20%上方修正、今期も好決算が期待できるといえます。好調な要因ですが、原価、経費、双方が改善しており、ダブルで利益を押し上げたことが大きいといえます。この時期、人件費の高騰等のマイナス要因がある中、新型コロナウイルスの特需により、既存店の売上高が押し上げられ、結果、人件費を含め、固定費を吸収できたことが大きいといえます。加えて、関西スーパーマーケットは、今期、生産性の向上に積極的に取り組んでおり、特に、「神戸赤松台センター稼働による店舗作業削減」等も経費削減に寄与したと思われます。関西スーパーマーケット、今期も好決算が予想される中、「本年後半から景気後退の影響を受けることが予想」されるとのコメントをしていますので、新型コロナウイルスの先行き不安の中、どう業績をコントロールしてゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #関西スーパー

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 4, 2020 | | Comments (0)

August 03, 2020

株価速報、食品スーパー、2020年7月31日!

PI研のコメント(facebook):
・7/31の食品スーパー約30社の株価速報です。今週は、日経平均も-0.76%と下がり、しかも5日平均-2.92%、13週平均-0.76%と、いずれも、マイナス、株価全体が厳しい状況です。食品スーパーも上位5社の内、前日比値上がり株はわずか4社という低調な相場となりました。No.1はダイイチ、No.2はアオキスーパー、No.3はマミーマート、No.4は天満屋ストア、そして、No.5はマックスバリュ東海でした。この5社は先週のベスト5には1社も入っておらず、先週と入れかわっています。この中で注目は、今週No.1となったダイイチであり、7/15以降、株価が急騰しています。この日、Kabutanがボリンジャー、3σブレイク39銘柄を公表しており、その中にダイイチが入ったため、投資家が殺到したためです。ボリンジャーバンドは平均+標準偏差の範囲で株を判断する指標ですが、3σは標準偏差の3倍ですので、統計学的には全データの数%の稀な範囲に入りますので、明らかに異常値といえます。ここを投資家は今回高く評価し、ダイイチの株価が跳ね上がったといえます。その後もダイイチの株価は上昇が続いていますので、今後の動向に注目です。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #株価

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 3, 2020 | | Comments (0)

August 02, 2020

食品スーパーのBS、財務3表連環分析2020!



PI研のコメント(facebook):
・財務3表連環分析2020から食品スーパーのBS、貸借対照表の分析事例です。ここでは食品スーパーのBSでの最大の特徴、新規出店について分析しました。食品スーパーのBSの総資産の約60%は新規出店に関する資産で占められています。全資産の中でも最大規模の資産となります。これは食品スーパー、1店舗を出店するに、約5億円の資産がかかり、その内訳は、土地、建物、資金・保証金であり、この3つで全資産の約60%を占めます。したがって、この資産の裏付けとなる資金が必須となりますが、これをBSの右、貸方のどこで賄うかが成長戦略そのものとなります。ここでは、それを純資産との関係で見たとき、どのくらい純資産で出店関連資産を賄えているかを出店余力としています。すなわち、負債に頼らない自らの力で新規出店がどこまで可能かを見ている指標といえます。仮に、負債に頼った新規出店を繰り返すと、いずれは出店が止まり、成長が止まりかねないといえます。もちろん、経営ですので、バランスが重要ですので、ここのさじ加減が経営戦略そのものともいえます。今回はBSに焦点を当てていますが、これはCFとも連環し、さらに、P/Lとも連環しますので、総合的にとらえることがポイントといえます。それにしても、オーケーは異次元の経営といえ、食品スーパーの範疇におさまらない常人では理解できない独特の経営戦略を実践しているといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #貸借対照表

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 2, 2020 | | Comments (0)

August 01, 2020

食品スーパーのCF、財務3表連環分析2020!



PI研のコメント(facebook):
・食品スーパーの最新決算、財務3表連環分析2020をもとにCF、キャッシュフローの分析事例です。今期は前期と大きく構造変化しており、新型コロナウイルスの特需も加わり、営業CFが大きく増加しています。ところが、投資CFはむしろ抑制しており、投資を控えているのが特徴です。さらに、財務CFを見ると、財務改善にキャッシュを配分している企業も多いといえます。また、配当については、前期並みとなっています。結果、TCF、トータルキャッシュフローですが、増加しており、キャッシュを内部留保に回しているのが特徴です。ただ、オーケーはこの流れにはなく、独特なキャッシュフロー戦略といえ、キャッシュを財務キャッシュフローで資金調達し、増加させ、その増大したキャッシュを成長戦略ではなく、内部留保に回すという配分しています。ここは攻めよりも、守りを重視し、キャッシュを活用する機会を伺っているともとれます。このように、CFは食品スーパーの経営戦略がダイレクトに反映されますので、他社との違い、昨年との違いをよく見て、その戦略を見てゆくことがポイントといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #キャッシュフロー

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 

 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,240人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

August 1, 2020 | | Comments (0)