« コンビニ、売上速報、2020年8月度、既存店-5 5%! | Main | 第1四半期決算、ドラックストア、現金が急増! »

September 24, 2020

第1四半期、食品スーパー、営業利益、現金が急増!



PI研のコメント(facebook):
・食品スーパー、第1四半期、2月度、3月度決算企業の結果を集計しました。この第1四半期は新型コロナウイルスの最盛期、4月、5月をまたがっているため、その影響が決算にダイレクトに表れています。キーワードは、既存店、経費比率、現金、財務改善、成長抑制です。まず、P/Lを見ると売上高、営業利益ともに大きな伸びとなっており、特に、営業利益の伸びが顕著です。その中身は経費比率が下がったことが大きく、これは経費を引き下げたことよりも、既存店が好調であったため、相対的に経費比率が下がったことが要因といえます。一般的に経費比率を下げる最大のテーマは既存店を引き上げることであり、結果、固定費が相対的に下がり、劇的に経費比率を引き下げます。今回ははからずも、それがこの新型コロナウイルスの環境で実証されたといえます。一方、BSの方では現金が異常に積み上がったことです。しかも、成長戦略を抑制していますので、より、現金が積み上がっています。また、その余力で財務改善、有利子負債の削減にも及んでおり、食品スーパーの財務の改善が劇的に進んでいます。新型コロナウイルスは、食品スーパーの経営そのものを根本から変えつつあるといえます。

続きは、・・:https://twitter.com/PurchaseTW #食品スーパー

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!財務3表連環分析、2020年度版、リリース!
 1.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,290人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

September 24, 2020 |

Comments

Post a comment