April 17, 2021

株価速報、食品スーパー、4月16日、低調!

PI研のコメント(facebook):
・食品スーパー、上場企業33社の4/16時点の株価速報です。今週は2月度決算の公表も一段落し、やや低調な株価となりました。ベスト5はライフコーポレーション2.1%、マルヨシ2.0%、神戸物産1.2%、ヤマザワ0.5%です。この内、ライフコーポレーションは先週もベスト5となっており、2週連続です。この日、日経平均は29,683.37円、+0.14%と微増、5日移動平均、26週移動平均、いずれもプラスですので、日経平均は上昇基調にあるといえますが、食品スーパー33社の平均は2,558円、-0.3%ですので、やや下げています。全33社中、プラスになったのは14社ですので、投資家の食品スーパーへの関心は低かったといえます。6番目以降ですが、マックスバリュ東海、ハローズ、マックスバリュ西日本、北雄ラッキー、イオン、いなげやと続きます。このような中で、今週、注目の企業は、No.1となったライフコーポーレションといえます。実際、過去9ケ月間の日別の動向を追ってみると、ここ数ケ月間、横ばいでしたが、決算発表のあった4/9以降、株価は上昇に転じ、この4/16も株価は上昇、売買高も高い水準で続いています。ボリンジャーバンドの上値圏に近いところで推移していますので、投資家は買いと判断、積極的な動きです。食品スーパー、2月度決算発表もほぼ終わり、今後は3月期決算の発表に関心が集まりますが、来週以降、どう株価が動いてゆくか、投資家の動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ライフコーポレーション 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,990人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 17, 2021 | | Comments (0)

April 16, 2021

コスモス薬品、5月、第3四半期、増収増益!

PI研のコメント(facebook):
・コスモス薬品が4/12、2021年5月期の第3四半期決算を公表しました。結果ですが、売上高が9.9%増、営業利益が33.8%増と、増収、大幅増益の好決算となりました。今期のコスモス薬品の決算のポイントは何といっても他社にない積極的な成長戦略といえます。コメントでも、「自社競合による一時的な収益性の低下も厭わず、次々と新規出店を行いました。同時に、新商勢圏への店舗網拡大も図ってまいり、・・」と、この時点で42店舗の新規出店を行い、1,097店舗へと店舗数を伸ばしています。しかも、「関東地区に9店舗、中部地区に15店舗、関西地区に7店舗、中国地区に5店舗、四国地区に2店舗、九州地区に4店舗の合計42店舗」ですので、日本全国ともいっても良いくらい、ドミナントの拡大がみられます。これだけ、この新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、新規出店を果たした小売業はほとんどなく、P/Lにも表れているとおり、成長率の高い結果となっています。また、これだけ成長戦略に力を入れているにも関わらず、原価、経費、双方を改善しており、ダブルで利益を押し上げ、営業利益も133.8%と大幅増益となっています。ちなみに、コスモス薬品の強さのポイントは経費比率が15.3%、昨年は16.0%でしたので、これが競争力の原動力となっています。さらに、食品の構成比が57.9%と昨年の56.3%よりも一段とアップし、ドラックストアだけでなく、食品スーパー、コンビニにも十分対抗できる商品力の強さも大きなポイントです。一方、BS、貸借対照表の方ですが、自己資本比率が昨年の45.5%から51.7%へと大きく改善し、財務基盤が強化されています。有利子負債が84.2%と約10億円削減し、買掛金も86.9%と約150億円削減し、負債を大きく圧縮しています。特に、コスモス薬品は買掛金が総資産の37.1%と、他社、他の業種とも比べ、大きな比重を占めていますので、今期の改善は財務構造を大きく変え、安定化が一段と進み、競争力を財務面からも補強したといえます。これを受けて株価の方ですが、この数週間株価は下げていましたが、この決算発表後、株価は反転しており、投資家は買いと判断したといえます。ただ、現状、ボリンジャーバンドの下値圏に近い位置にありますので、今後の展開が気になるところです。現状、株価は16,590円、PERは30.16倍、PBRは3.98倍、時価総額、約6,600億円が純資産の約4倍ですので、投資家の期待は極めて高いといえ、割り高感が強い株価といえます。コスモス薬品、今期も怒涛の出店による成長戦略と財務改善を同時に図ってゆくと予想され、本決算がどのような数字で落ち着くか、注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #コスモス薬品 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,980人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 16, 2021 | | Comments (0)

April 15, 2021

大黒天物産、5月、第3四半期、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・大黒天物産が4/12,2021年5月期の第3四半期決算を公表しました。結果ですが、増収、大幅増益の好決算です。特に、営業利益は117.9%増、昨年の2倍強ですので、大きく改善しています。その要因ですが、原価が98.8%、経費が94.3%と、ダブルで利益を押し上げており、これが好決算をもたらしています。コメントでも、「ESLP(エブリデイ・セーム・ロープライス)による地域最安値価格を目指すことに加え、自社開発商品の中身を徹底的に「アナライズ」(分析)し改良を重ねた、「高品質・低価格」なラインナップを前面に打ち出して展開」と、価格訴求と高品質を追求した施策が大きいといえます。これを受けて、通期予想ですが、売上高が2.7%、営業利益が25.6%と控えめな数字ですが、これは、「2021年1月7日公表の業績予想を据え置いて」とのことで、実際は「計画を上回る水準で推移」とのことですので、恐らく、大きく予想を上回ってくるものと思います。一方、BS、貸借対照表の方ですが、自己資本比率が昨年の49.3%から57.6%へと大きく上昇、財務改善が進んでいます。これは、キャッシュを有利子負債と買掛金の削減に大きく振り向けたことが大きく、負債が圧縮されたことによります。したがって、この好決算の結果を財務改善に力を入れ、財務の安定化を図っているといえます。これを受けて、投資家はこの決算をどう判断したかですが、決算後、株価は上昇、売買高も大きく伸びていますので、買いと判断しています。この数週間、大黒天物産の株価は上昇基調で推移しており、特に、この数日、ボリンジャーバンドの上値圏にぶつかる勢いです。現状、株価は8,210円、PERは24.85倍、PBRは2.83倍、時価総額が純資産の約3倍ですので、投資家の期待値は極めて高いといえ、割り高感のある水準になっています。大黒天物産、本決算も好調さが予想され、株価もどこまで上昇するのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #大黒天物産 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,980人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 15, 2021 | | Comments (0)

April 14, 2021

ベルク、2月期本決算、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・ベルクが4/9に2021年2月期の本決算を公表しました。結果ですが、営業収益が18.5%、営業利益が14.0%となる増収増益の好決算です。ただ、これまで公表された食品スーパーの本決算とは違い、営業利益を営業収益が伸び率で上回っており、利益よりも成長性を重視している傾向が鮮明です。ベルクはこの1年間の売上速報を見ても、上場食品スーパーの中で唯一、客数が100%を超える企業であり、他社とは一線を画した経営戦略をこのコロナ下でも貫いた食品スーパーといえます。実際、CFを見ても、投資CFが昨年の123.4%と大きく増加、営業CFの80.7%を成長戦略に配分しており、成長性重視のキャッシュの割り振りであることがわかります。ここまで、この新型コロナウイルス感染症が猛威を振るった中で、この決断は他社では見られないといえます。さらに、財務CFも有利子負債の返済を増加させており、この時点で営業CFを上回るキャッシュの配分です。結果、現預金を若干取り崩していますので、それだけ、成長戦略を重視し、攻めの経営を貫いているといえます。BSを見ても、有利子負債が削減されており、結果、自己資本比率も改善しています。現預金が若干減少しているのは気になりますが、総資産の5.4%、しかも総資産が108.2%で増加していますので、財務は安定しています。これを踏まえて、通期予想ですが、今期は厳しい見方をしており、営業収入は-0.3%、営業利益は-5.2%です。さて、この決算を投資家はどう見たかですが、株価を見ると、決算発表は4/9の15時に公表されていますので、4/9の株価には反映されていませんが、ここ数日、横ばいで推移しています。したがって、4/12以降の株価にその判断が反映されますが、投資家が積極的に買いに入るのは難しい状況かと思います。ベルク、新年度も引き続き、成長戦略を堅持するのか、それとも利益改善に舵を切るのか、その経営戦略に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ベルク 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,980人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 14, 2021 | | Comments (0)

April 13, 2021

ライフコーポレーション、2月本決算、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・4/9、ライフコーポレーションが2021年2月期の本決算を公表しました。結果ですが、営業収益が6.2%増、営業利益が97.3%増となる、増収、大幅増益の好決算となりました。営業利益が大幅増益になった要因ですが、原価、経費、双方が改善し、ダブルで利益を押し上げたことが大きいといえます。ただ、不動産収入、物流収入等のその他営業収入は99.3%と昨対を割り、トリプルでの利益改善にはならなかったといえます。結果、営業利益率は3.6%、昨年が2.0%ですので、178.1%の上昇、率でも高でも大幅な増益となりました。これを受けて、通期予想ですが、営業収益0.1%増、営業利益-29.6%増と、増収、減益の厳しい数値です。ただ、今年が異常といえますので、昨年と比べると、大きく増益ですので、新型コロナウイルス感染症の特需を除けば、実質、増益といえるかと思います。コメントでは、「今後、食品スーパー業界も、景気後退の影響を多分に受けることは避けられないと考えています。」と、慎重な見方をしています。一方、CF、BSですが、今期は投資CFが昨年の128.1%と増加しており、積極的な投資をしています。新規出店として、8店舗を展開しており、中でも「ビオラル丸井吉祥寺店」は、「ナチュラルスーパーマーケットの首都圏1号店」ですので、新業態の開発にも挑戦しています。また、財務CFでは、昨年同様、借入れの削減を図っています。結果、BSでは、有利子負債が減少し、自己資本比率が改善しています。これを受けて、株価の方ですが、4/9の決算発表が金曜日ということもあり、投資家の判断は来週となるといえますが、ここ数週間の動向は横ばいといえ、週明け、投資家がどうこの決算を評価するか、気になるところです。ライフコーポレーション、今期は、Amazonプライム会員向けサービスも本格的な展開がはじまりましたので、今後、リアルとECを含め、どのような成長戦略を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ライフコーポレーション 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,970人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 13, 2021 | | Comments (0)

April 12, 2021

USMH、2月期本決算、増収、大幅増益!

PI研のコメント(facebook):
・USMHが4/8、2021年2月期の本決算を公表しました。USMHはマルエツ、カスミ、マックスバリュ関東が合併してできた食品スーパーマーケット連合です。その結果ですが、営業収益が6.1%増、営業利益が104.4%増と、増収、大幅増益の好決算となりました。特に、当期純利益は536.7%と、異次元の利益です。コメントでも「食品を中心とした生活必需品は堅調に推移」した中、「家庭内喫食の高まりに対応したメニューレシピの提供や品揃えの強化」を進めたことが大きいといえます。原価、経費、双方改善しており、ダブルで利益を押し上げています。たた、不動産収入、物流収入等のその他営業収入は91.8%と昨年を下回っており、トリプルでの利益改善にはなりませんでしたが、好決算です。これを受けて、通期予想ですが、営業収益は-0.9%、営業利益は-32.0%と、減収減益予想であり、厳しい見方をしています。コメントでも「変異種の発生など現時点において収束の見通しが立たない状況」とのことで、今期、新型コロナウイルスの先行きが見通せないことが大きいと思われます。一方、CF、BSの方ですが、営業CFは183.7%と大きく増加していますが、投資CFは86.2%と抑制、営業CF比でも53.3%ですので、投資を抑制しています。また、財務CFは昨年のマイナスから一転、プラスに転じており、長期借り入れを増やし、キャッシュを確保しています。結果、BS、貸借対照表を見ると、自己資本比率が昨年の54.0%から52.0%へと若干減少、有利子負債の122.0%と増加しています。ここは投資を控え、借り入れを増やしてでも、キャッシュを確保することを優先しているといえます。これを受けて株価ですが、決算発表が4/8の15時ですので、翌4/9の株価は若干の上昇、投資家は積極的な買いに入っていませんが、冷静に先行きを見極めているようです。USMH、「首都圏は新型コロナウイルスの感染リスクが高いエリアであると同時に、肥沃かつ有望な市場」と、2面性がある難しい首都圏市場で、今後、どのような成長戦略を打ち出すのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW 
            #カスミ #マルエツ  #マックスバリュ関東  

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,970人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 12, 2021 | | Comments (0)

April 11, 2021

イオン、2月期本決算、大幅減益、赤字決算!

PI研のコメント(facebook):
・イオンが2021年2月期の本決算を4/9に公表しました。結果は営業段階では大幅な減益となる厳しい決算となりました。さらに、当期純利益では377億円の赤字、親会社株主に帰属する当期純損失においては710.24億円となる厳しい決算となりました。P/Lを見ると、原価が101.3%と上昇、経費は97.1%と減少しましたが、その他営業収入が92.7%と大きく減少、結果、営業利益は率では2.0%、昨年が2.9%でしたので、高でも利でも大幅な減益となりました。これを受けて、通期予想ですが、一転、「さらなる収益性改善を進め、コロナ前の 2020 年2月期の水準にV字回復する見通し、・・」とのことです。一方、CFとBSですが、営業CFは減少、投資CFは新店開発関連は抑制しましたが、金融関係、有価証券の取得は積極的な投資を実施しています。イオンは連結に金融事業も含まれますので、特に、CF、BSを見る時は注意が必要です。また、財務CFですが、昨年よりは抑制していますが、借入を増やしています。結果、BSでは、有利子負債が104.7%と増加、3兆円を超える巨額な負債となっています。自己資本比率も減少、金融を除いても15.3%ですので、かなり厳しい財務構造といえます。各事業別に見ると、柱のGMSが営業損失、SMとドラックストアは堅調ですが、金融が苦戦しており、業態による明暗が大きく分かれたといえます。これを受けて、株価の方ですが、決算発表があったのが17:30ですので、4/9時点の株価には直接反映されていませんが、この1週間下がっています。来週、投資家がこの決算をどう判断するか、気になるところです。イオン、新型コロナウイルス感染症の先行きが見えない中、今後、どう財務を立て無し、成長戦略を打ち出してゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #イオン 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,970人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 11, 2021 | | Comments (0)

April 10, 2021

株価速報、食品スーパー、4月9日、堅調!

PI研のコメント(facebook):
・4/9の食品スーパー、33社、今週からアイスコが加わり、1社増えましたが、株価速報です。この日ベスト5は、大黒天物産5.8%増、ライフコーポレーション2.4%増、USMH2.3%増、ヤオコー2.1%増、そして、いなげや1.7%増です。全体平均は2,521円、0.7%増と微増ですが、先週のベスト5と比べると、伸び率が高く、堅調な株価といえます。現在、2021年2月期の本決算の公表がはじまり、株価が大きく動いています。先週と比べると、全体的には下がった株が多いといえますが、2社、突出して伸びた企業があります。大黒天物産とヤオコーです。特に、大黒天物産は今週No.1でもあり、投資家の注目が集まっています。実際、過去9ケ月間の株価の推移を見ると、特に、この数週間は大きく株価が上昇しており、投資家の関心が高いことがわかります。大黒天物産は5月期決算ですので、本決算の公表はまだ先ですが、投資家からの期待感が高いといえます。今週の全33社ですが、6番目はトーホー、7番目はリテールパートナーズ、8番目はJMHD、9番目はエコス、そして、10番目はオーシャンシステムです。23番目までがプラスですので、堅調な株価といえます。ちなみに、今週から登場したアイスコですが、22番目、0.0%増です。食品スーパー、来週も2月期本決算の公表が続きますが、投資家がどう評価するか、今後の2月期決算企業の決算発表に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #株 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,970人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 10, 2021 | | Comments (0)

April 09, 2021

セブン&アイH、2月期本決算、減収減益!

PI研のコメント(facebook):
・セブン&アイHが4/8、2021年2月期の本決算を公表しました。新型コロナウイルス感染症の影響がどう決算に影響したか、注目の決算です。その結果ですが、営業収益が-13.2%、営業利益が-13.7%と、大幅減収、大幅減益の厳しい決算となりました。大幅減収となった要因は海外コンビニエンスストア事業が-20.0%、百貨店事業が-26.4%、専門店事業が-22.3%と、この3事業が特に厳しい結果となり、全体に影響を与えたためです。いずれも、新型コロナウイルスの影響をダイレクトに受けた事業といえます。一方、大幅減益になった要因ですが、百貨店事業と専門店事業が赤字となり、これが減益の直接の要因といえます。ただ、スーパーストア事業は39.3%増と、大きく伸びており、食品がメインのヨークベニマル、イトーヨーカ堂等が貢献したといえます。原価、経費の面で見ると、原価は96.8%と改善、経費が114.4%増と大きく増加、ただ、その他営業収入は112.0%と大きく増加しており、率では差し引き101.8%と、若干のプラスとなっています。高では厳しい結果ですが、率ではプラスという営業利益の結果です。これを受けて、通期予想ですが、今期は大型M&A、アメリカのセブンイレブンがMarathonPetroleumCorporation社の買収に入っていますが、現時点では取引の完了が遅れているとのことで、未定となっています。一方、CF、キャッシュフローと、BS、貸借対照表ですが、この大型M&Aもあったことにより、財務構造が激変しています。多額の短期借入、社債の発行があり、財務CFが昨年のマイナスから一転、大きくプラスとなり、投資CFも営業CFの123.9%と異常値となっています。BSでも自己資本比率が減少、有利子負債は2兆円近くに上昇、現金も2兆円を超え、異常値です。それだけ、このM&Aはセブン&アイH全体の財務構造に大きな影響があったといえます。さて、これを受けて、投資家はこの決算をどう評価したかですが、決算発表の4/8は15時に決算結果が公表されたため、株価には反映されていませんが、翌日、4/9の株価は大きく下げていますので、投資家は売りと判断したといえます。セブン&アイH、今期の決算は厳しい結果となりましたが、来期、新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中、どのように収益改善をはかってゆくのか、その動向に注目です。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #セブンイレブン 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,970人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 9, 2021 | | Comments (0)

April 08, 2021

ウエルシアH、2021年2月本決算、増収増益、1兆円へ!

PI研のコメント(facebook):
・ウエルシアHが4/7、2021年2月期の本決算を公表しました。結果は増収増益の好決算となりました。経費は若干上昇しましたが、原価がそれ以上に改善、利益を押し上げたといえます。特に、今期は新型コロナウイルス感染症により、「感染症予防対策商品や食品等の需要増により売上高は好調に推移」したことが寄与したと思われます。これを受けて通期ですが、増収増益予想であり、今期の売上高が9,496億円ですので、いよいよ、1兆円が射程に入ったといえます。一方、CF、キャッシュフローとBS、貸借対照表の方ですが、今期は好決算であるにも関わらず、仕入債務が昨年の22.7%と減少、結果、営業CFが66.1%と減少しました。結果、投資CF、財務CFへ十分なキャッシュを配分できず、どちらも抑制したキャッシュの配分といえます。BSでは、有利子負債が増加、現預金は増加しましたが、自己資本比率はほぼ昨年と同じ水準となりました。今期のウエルシアHですが、新規出店もさることながら、M&Aも積極的に進め、よどや24店舗、クスリのマルエ59店舗などを子会社化し、店舗数を増やしています。結果、総店舗数は2,217店舗となり、来期も積極的な新店開発に取り組むとのことです。これを受けて株価ですが、決算発表が15時ということもあり、4/7時点の株価には反映されいませんが、現状3,870円、PER31.94倍、PBR4.65倍と、高い水準であり、割高感のある株価となっています。明日以降、投資家がこの本決算をどう評価するか、気になるところです。

続きは、・・https://twitter.com/PurchaseTW #ウエルシア 

━━━━━━ お知らせ! ━━━━━━━━━━━━━━━ 
 New!AIによる「第3の客数」取得・実践活用セミナー  
 1
.週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ
 2.facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」グループ創設_1,960人
 3.YouTubeスタート、チャネル登録はこちら!

April 8, 2021 | | Comments (0)