« 注目株!! 11/4、オオゼキが大商い! | Main | 野菜ビジネススクールがPPI論議で盛り上がる! »

November 06, 2005

注目株!! マックスバリュ東海 年初来高値目前!

 マックスバリュ東海の株価が上昇中である。9月前半までは2,700円前後で揉み合っていた株価が中旬以降上昇しはじめ、3,000円越えが目前となった。特に11/4はそれまでやや売られ気味だった株が一気に買われ、145円アップの3,000円ジャストの値を着け、株価上昇率も、上場食品スーパーマーケット約50社の中で4番目と検討した。ただし、売買高は11,500株と、通常とあまり大きく変わらず、大商いではなかった。年初来高値は3,030円(10/05)であり、年初来高値更新も真近といえる。

PER、PBRともに低い!
 マックスバリュ東海の注目ポイントは株価が3,000円と上場食品スーパーマーケットの中でベスト10に入るにもかかわらず、PER、PBRともに平均以下である点である。ちなみに、現在、株価は九九プラスの391,000円は別格として、No.1は大黒天物産の5,160円、No.2はサンエーの4,150であり、3,000円台の企業がナフコ、イズミ、ヨークベニマル、バロー、オオゼキと続き、その次がマックバリュ東海である。PERは17.0倍と上場食品スーパーマーケットの中では下位グループであり、トップクラスの50倍前後の企業、平均の約30倍と比べても低すぎるといえよう。また、PBRは1.23倍と平均の1.5倍以下であり、トップクラスの3.0倍前後の企業と比べても低い状況である。では、成長性、収益率はどうかというと、今期の売上高伸び率は115.4%と上場食品スーパーマーケット約50社の中でベスト5に入る。また、経常利益率も4.6%とベスト10に入り、ヨークベニマルの4.2%、ヤオコーの4.1%をしのぐ収益率である。企業業績が食品スーパーマーケットの中では極めてよいにもかかわらず、PER、PBR共に低い点からから考えると、現在の3,000円の株価は決して高いとはいえない。

ヤオハンからイオンへ
 マックスバリュ東海の前身は1948年創業の八百半百貨店であり、1986年東証1部に上場したが、1997年、中国事業で失敗し、会社更生法を申請した。その後、イオンが100%子会社化し、会社再建に着手。2002年会社更生手続きが終了し、社名がマックスバリュ東海と変わり、2004年7月に東証2部へ上場したばかりの企業である。現在は、イオングループの東海地区の中核企業であり、48店舗を静岡(39)、神奈川(6)、愛知(1)、山梨(2)へ出店している。

マックスバリュ東海のマーチャンダイジングの強さ
 マックスバリュ東海は今期を含め今後3年間に30店舗の新規出店を計画しており、少なくとも今後3年間は急成長が見込める。特に、イオングループではあっても、地域密着型のマーチャンダイジングに徹しており、年間7000件の顧客からの提案も加味し、従業員の提案にもとづく品揃え等が実施され、特に、青果、グロサリー等において地場商品の導入に積極的である。また、生鮮、惣菜強化策としても「ワンデイ ファイブサイクル」というきめ細かな製造体制に取り組み、できたて、作りたての商品展開や少量パック、バラ販売にも積極的に取り組み、顧客重視の商品政策を目指している。商品構成比も生鮮の中では青果13.9%と鮮魚の9.5%、精肉の7.5%に比べ青果重視の政策であり、さらに、日配の23.4%に加え、グロサリーが何と27.8%と高く、今期全部門で最高の伸び率123.0%となった。マックスバリュ東海のマーチャンダイジングはグロサリーを戦略商品にすえ、日配と青果重視のPI値アップ戦略が確立されつつあるといえる。

« 注目株!! 11/4、オオゼキが大商い! | Main | 野菜ビジネススクールがPPI論議で盛り上がる! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 注目株!! マックスバリュ東海 年初来高値目前!:

« 注目株!! 11/4、オオゼキが大商い! | Main | 野菜ビジネススクールがPPI論議で盛り上がる! »