« ヨークベニマル、NSCに戦略転換! | Main | 客単価とは何か? »

November 18, 2005

注目株!! 大黒天物産が上場来最高値更新!

  大黒天物産が上場来最高値を11/17に更新し、5590円の値をつけた。10/28をピークに11月に入り、やや値を下げていたが、11/7以降じりじり値を上げ、11/17、5590となった。本ブログでも10/31に取り上げた時には上場来高値は2004/04/14の5540円であったので、今回50円の更新といえる。5590円は上場している食品スーパーマーケットの株価の中ではSHOP99の367000円を除けば、断トツのNo.1であり、2位のサンエーの4000円を大きく上回っている。しかも、PBRが何と6.1倍と食品スーパーマーケットの平均PBRが約1.5倍であり、SHOP99の7.2倍についで2位であり、3位は丸久の3.8倍であるので、如何に資産価値が高いかがわかる。ちなみに、PERは約30倍であるので、ほぼ食品スーパーマーケットの平均であり、この株価でも高すぎるとはいえない状況といえよう。

  大黒天物産の来期の予想は、売上高は416億円(144.2%)、営業利益、経常利益とも23.4億円(127.7%)であり、売上高営業利益率、経常利益率は5.6%である。この成長と収益を支える戦略が出店であり、現在、大黒天物産は24時間営業のスーパーディスカウントストアのディオ16店舗とメガディスカウントランドのラ・ムーを6店舗展開している。今期2005年度はすでに、ディオを3店舗、ラ・ムーを2店舗の計5店舗の出店をした。

  大黒天物産の特徴は、スーパーディスカウントストア、ディオの24時間営業の実現により、“エブリーデー・ロープライス”から“エブリータイム・ロープライス”を実現したことにある。もともとが物産の社名が示すように卸売業からスタートしている企業であるため、メーカー、一次卸からの1品大量仕入れをはじめ独自の仕入れルートを持っているため、ロープライスを可能にしている。さらに、最近では、現在、200点を越えるという自社PBの「D-PRICE」を開発したことも大きい。また、ロープライスで荒利が22.4%と一般の食品スーパーマーケットに比べ低めであるが、徹底的なローコスト経営にも徹しており、販管比率は何と16%である。そのため、経常利益率も今期は6.3%ときわめて収益性の高い企業をつくりあげた。経費16%の中身は、人件費率が福利厚生費も含め、荒利高の約30%強、売上高の約7%強に抑えられている点と、宣伝広告費が何と0.4%と極めて低い点である。通常の食品スーパーマーケットでは荒利高人件費比率で約35%、宣伝広告費で約2%はかけているので、この2つだけでも、約6%も違うのであるから、その分ロープライス政策をとることができる。すなわち、独自の仕入れで原価を抑え、独自のマネジメントで経費を抑え、収益を極限まで高める経営が実践されているといえよう。また、短期の1年以内に返済予定の長期借入れ金は約3億円弱とほぼ横バイであるが、長期借入金が昨年は約6億円あったが、今期は約半分圧縮し、3億円強となり、財務体質も改善が進んでいる。

  ただ、これだけ財務内容がよい大黒天物産であるが、既存店の活性化には苦労しているのが現状で、直近の10月度の数字を見ると、既存店の売上は96.4%であり、客数は横バイであるが、特に、客単価が95.2%と落ち込んでいる点である。PI値、平均単価ともに約97%であるので、既存店の活性化が今後の大きな課題である。特に大黒天物産では、生鮮構成比が約30%、グロサリー構成比が約70%と通常の食品スーパーマーケットと比べ、極端にグロサリー構成比が高い。これは企業の創業が卸売りからはじまったということもあり、グロサリー最優先のロープライス政策をとっているためといえよう。今後、いかに、生鮮構成比を上げうるかが既存店を含めた、全店の客単価アップのポイントとなろう。

« ヨークベニマル、NSCに戦略転換! | Main | 客単価とは何か? »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 注目株!! 大黒天物産が上場来最高値更新!:

« ヨークベニマル、NSCに戦略転換! | Main | 客単価とは何か? »