« 注目株!! サンエーが上場来高値更新! | Main | PI値1%が食品スーパーマーケットの根幹商品 »

November 27, 2005

食品スーパーマーケット、先週の株価状況!

  先週の食品スーパーマーケットの株価は軟調だった。11/25の株価騰落率をみると、上場約50社の平均が-0.04%と下がってしまった。この日は小売業上場企業約400社も0.32%と微増であり、小売業界全体の株価が鈍い動きだった。その中で、上昇率トップがフジ(1963円:2.23%)、であり、ついで、ライフコーポレーション(1749円:2.10%)、バロー(3690円:1.65%)、MV東海(3170円:1.60%)、イオン九州(1779円:1.54%)、アークランド(2080円:1.46%)、CFS(770円:1.31%)、東武ストア( 351:1.15%)、OLYMPIC(1084円:1.11%)、マルヤ(842円:1.08%)、ポスフール(572:1.06%)等であり、あとはすべて1%以下の株価騰落率であった。ちなみに、この日、小売業界トップは大戸屋であり、1235円、12.78%の株価上昇率であった。大戸屋は11月に入ってから株価が急上昇し、小売業全体が低迷したこの日も10%以上の値がついた。

収益性の高い企業に買いが集中!
 ここ最近の食品スーパーマーケットの株価上昇企業を移動平均乖離率の25日、13週、26週の中期トレンドでみると、マルキョが図抜けており、25日(28.57%)、13週(38.28%)、26週(44.96%)の高い上昇率を示している。ついで、ヤオコーの25日(9.39%)、13週(14.66%)、26週(20.15%)で、平和堂の25日(9.06%)、13週(13.11%)、26週(19.06%)、オークワの25日(8.53%)、13週(14.61%)、26週(19.15%)と続く。これに続く企業がアークス、サンエー、バロー、大黒天物産であり、これら8社が現在、食品スーパーマーケットの株価を中期的に引っ張っているといえる。これら8社と上場食品スーパーマーケット約50社の経営数字を比較しみると、売上高伸び率が全社平均が約4%に対し、8社平均は約5%であるが(大黒天物産140%は図抜けているので、これを入れると10%強になる)、経常利益は何と全社平均2.48%に対し、4.07%と2倍近い数字である。また、PER、PBRは大きな違いがない。現在、株価が伸びている企業はいかに収益性が高いかがわかる。

 これに対し、11/25の週末に株価が2%以上下落した企業はドミ-(620円: -8.33%)、ヤマナカ(1200円:-4.76%)、サンエー(4320円:-2.70%)、アークス(1851円:-2.37%)、の4社であった。この内、サンエーとアークスは中期トレンドが先にも上げたように上昇基調であり、中期トレンドが下降基調な株価が移動平均乖離率でみると、ドミー、25日(-8.33%)、13週(-5.90%)、26週(-6.05%)、ヤマナカが、25日(-1.63%)、13週(-1.07%)、26週(-1.55%)の2社が大きい。さらに中期トレンドで下落率が高い企業は、3社あり、PLANTが、25日(-6.99%)、13週(-15.14%)、26週(-22.65%)、マルエツが25日(-0.24%)、13週(-8.38%)、26週(-14.07%)、そして、カウボーイが25日(-3.57%)、13週(-5.89%)、26週(-6.14%)である。これらの企業は経常利益率がドミー(1.76%)を除き1%を切り、収益性が低い企業である。また、特に、PLANT、ドミー、ヤマナカは時価総額が約70億円と、上場食品スーパーマーケット業界平均の約400億円に比べ、著しく低い状況にある。

 全体的には先週の食品スーパーマーケットの株価は以上のような軟調な相場状況であり、今週の株価がどのように推移してゆくのか見守ってゆきたい。

« 注目株!! サンエーが上場来高値更新! | Main | PI値1%が食品スーパーマーケットの根幹商品 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット、先週の株価状況!:

« 注目株!! サンエーが上場来高値更新! | Main | PI値1%が食品スーパーマーケットの根幹商品 »