« 食品スーパーマーケット! ライブドアショック後の注目株!! | Main | 粗利PI値、「売れて儲かる商品」としての、最良指標!! »

January 23, 2006

PBR(株価純資産倍率)でみた小売業界の現状!!

  PBR(株価純資産倍率)は、企業の解散価値を示す指標といえ、これが1.0倍を下回ると、その企業の株価に対しての資産価値が著しく低く評価されていることになる。数式的には、PBR=PER×ROEであり、また、時価総額との関係はPBR=時価総額÷純資産となる。したがって、PBRを上げるためには、PERか、ROEか、あるいは双方を上げるか、または、時価総額をいかにあげるかが課題となる。

  余談だが、ライブドアが時価総額にこだわっていたのは、PER=時価総額÷純利益でもあるので、PER、PBRを世界最高にするという目標とおきかえることもできるが、純資産である株式の1万分割等により、結果的に純資産も同時に増加したので、PERは高くなっても、PBRの方は分母も大きくなってしまうのであがりづらくなる。1/20時点でライブドアのPBRは1.82倍、PERは18.01倍であり、ヤフーのPBR12.50倍、PER33.36倍と比べるとPBRの方により大きな差がある。

  さて、以上の観点から、ここではPBRの1/20時点の全小売業の現状を見てみたい。まず、食品スーパーマーケット業界であるが、PBRが3.0倍以上の企業は九九プラス7.24、大黒天物産6.94、イズミ3.36、丸久3.17、ハローズ3.00の5社である。この中でイズミのみがROEが10%をわずかに切り、9.34%であるが、イズミは食品スーパーマーケット業界No.1の時価総額2659億円であり、これがPBRに大きく貢献している。また、ROE15%以上が大黒天物産20.01%、ハローズの15.58%、九九プラスの15.10%と食品スーパーマーケットの中でもこの3社は極めて高い収益性を誇る企業である。

  ドラックストア業界は食品スーパーマーケット業界よりもPBRは極めてよく、5.0倍以上の企業は富士バイオ11.30、ウエルシア7.33、スギ薬局6.44、コスモス薬品5.94、サンドラック5.52、アインメディカ5.51と6社あり、3.0倍以上では13社もある。特に、サンドラックはドラックストア業界No.1の時価総額2216億円である。また、ROEもこの6社は極めて高く、特に、コスモス薬品30.13は業界No.1であり、ウエルシア29.97、アインメディカ24.49と続く。

  ホームセンター業界のPBRは3.0倍以上の企業がドン・キホーテ4.19、コメリ3.34の2社である。ドン・キホーテはROEが業界No.1の15.24%であり、コメリは時価総額が業界No.1の2183億円である。ホームセンター業界はまだまだPBRも低い企業が多く、企業価値を業界全体としていかにあげるかが課題である。

  百貨店・GMS、コンビニ・100円ショップでは、PBR3.0倍以上の企業は松屋7.94、大丸7.02、近鉄百4.58、伊勢丹3.64、岩田屋3.61、三越3.32、イオン5.12、セリア3.17の8社である。特に、伊勢丹、三越は時価総額が5304億円、3739億円と業界屈指の高さがPBRを押上げている。

  専門店のPBRは小売業界でも極めて高く、上場専門店150社弱の平均が3.0倍である。10.0倍以上の企業がゼンショー16.17、ポイント15.28、ハニーズ11.91、バルス11.37、パル10.38と5社もある。特にカジュアル衣料専門店のポイントは業界No.1のROE34.66%であり、時価総額も2266億円である。専門店時価総額No.1の1兆2846億円のヤマダ電機のPBRは6.90である。専門店業界にはPBR5.0倍以上が25社、3.0倍以上が45社と小売業界でも図抜けている。

  外食産業のPBRも高く、7.0倍以上の企業は一六堂14.11、フジオフード12.98、関門海9.43、TRNコーポ9.27、チムニー8.12である。これらの企業は特に純利益率が4~5%と極めて収益性が良いのが特徴である。上場企業約70社の内、25社がPBRで3.0倍以上である。

  通販業界では、PBRが5倍以上の企業は、ネットプライス19.54、アスクル6.40、ベクター5.69である。特にアスクルは時価総額が1491億円と通販業界No.1である。

  このようにPBRで見ると企業価値の高い企業が比較的明確に浮かび上がり、これに、PER×ROE、そして時価総額を参考に判断すれば企業の評価をより正確に見極めることができよう。現在、PBRの高い企業は小売業界約400社の中で上記約40社であり、全体の約10%である。これらの企業が当面、小売業界の中で注目されよう。

January 23, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference PBR(株価純資産倍率)でみた小売業界の現状!!:

Comments

Post a comment