« 粗利PI値、「売れて儲かる商品」としての、最良指標!! | Main | アルバートソン、1/23に売却を発表!! »

January 25, 2006

野菜、果物、水産、大田・築地市場速報!

  今年に入って第2週目(1/19)の東京中央卸売市場(大田・築地)の野菜、果物、水産の相場情報が公表された。それによると、野菜は高値相場、果物は安値相場、水産は高値相場という傾向といえよう。全体の入荷量は野菜が5478トン/日(昨対99%)、果物2064トン/日(昨対96%)、水産2197トン/日(昨対101%)と果物の入荷がやや少ないが、ほぼ前年並みの入荷であったといえよう。

  まず、野菜の相場であるが、この週1番の高値はレタスであり、昨対166%と超高値であった。それでも先週は昨対206%であったことを考えると若干下降傾向といえるが、166%は超高値である。レタスの入荷量も211トン/日で昨対73%であるので、入荷も極端に減っているので、余計相場が高くなる傾向であったようだ。次に高値のものはきゅうりである。昨対148%とレタスにつぎ、やはり超高値であり、しかも先週比でも120%と、相場高が続いている。反対にトマトは相場安となっており、昨対73%と暴落とはいかないまでも、かなり安値で推移している。実はこの3品が、食品スーパーマーケットの1月度は客単価ベスト3であり、トマトは約30円、きゅうりは約20円、レタスは約15円であり、2000人/日の食品スーパーマーケットではトマトは60000円/日、きゅうりは40000円/日、レタスは30000円/日の売上となる商品である。したがって、トマトは平均単価アップ、きゅうり、レタスはPI値アップが今週は大きな課題である。その他の商品では、だいこん132%、春菊126%、じゃがいも112%、ねぎ110%、ピーマン109%が昨対100%を越えた商品である。逆に相場安になった商品はトマト以外では、ブロッコリー75%、生しいたけ78%である。その他はほぼ昨年並みであった。

  次に果物であるが、果物は全体的に相場安であった。特に、最重点商品のみかんが昨対66%と暴落に近い相場であり、先週対比も87%であり、相場安に歯止めが効かない状況であり、厳しい相場であった。みかんはこの時期958トン/日と果物全体2064トン/日の5割弱の量であり、この商品が安値で推移すると果物全体が大変厳しい状況となる。1月の食品スーパーマーケットの果物はみかんから、いちごに徐々にシフトしてくるが、それでも、客単価は50円/日はあり、2000人/日の店舗で100000円/日の売上となる超重点商品である。ちなみにいちごはこの時期、客単価90円/日であり、いちごについでNo.2の商品がみかんである。さて、そのいちごであるが、まだ1月の第2週(1/19)では入荷は170トン/日と昨対93%とやや少ないが先週対比は113%と伸びており、入荷は順調といえる。品種別ではとちおとめ昨対98%、あまおう昨対91%、さがほのか昨対82%と相場安の傾向である。その他の果物は、入荷量No.2のりんごも安く、ふじ昨対77%、王林56%と超安値相場で推移している。ちなみに昨対を越えたのはいよかん115%、入荷量はわずかだが、アールスメロン119%のみであり、その他の果物はのきなみ安値相場であった。

  最後に、水産の相場であるが、野菜同様高値相場で1月の第2週(1/19)は動いた。特に海外からの生まぐろが高値であり、昨対124%、先週比でも111%と高値基調が今年に入って続いている。反面、国内各地からの生まぐろは昨対74%、メバチは80%と安値になっており、国内各地のまぐろを主力に当面は訴求した方がよさそうである。まぐろよりもさらに高値相場で動いているのがするめいかであり、昨対129%であり、先週比も110%と高値相場が続いている。さらに、塩サケも昨対120%と高値であり、この時期の旬のかきも三陸産が昨対110%、広島産が124%と高値である。それでも、両産地とも先週比は70%弱であり、幾分、下がりつつあるとはいえる。逆に、安値相場の商品はアジの昨対71%、さばの昨対45%、いわしの昨対86%、さんまの昨対80%と、いわゆる大衆魚が安値である。

  このように、ここ当面は各地の天候も不順がつづき、相場が安定せず、野菜、水産は高値傾向、果物は安値傾向であり、相場動向をしっかり睨んだ上での、マーチャンダイジングが当面の課題といえよう。客単価動向も昨対よりも、直近のデータの方を重視した戦略、戦術の構築がポイントとなろう。

January 25, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 野菜、果物、水産、大田・築地市場速報!:

Comments

Post a comment