« BSEの牛肉消費への影響について | Main | 今年は企業合併、加速の予感!! »

March 14, 2006

食品スーパーマーケット、最新の株価状況(20060313)!!

  3/9、約5年間つづいていた日銀の量的緩和がついに解除され、日本経済は新たな段階に入った。それにともない、このところ低調気味だった株価が動きはじめた。食品スーパーマーケット上場企業約50社も株価が変化しはじめた。3/13現在の最新株価をもとに現在の食品スーパーマーケットの株価状況をみてみたい。

  3/13の株価は、日経平均245.88円高の16361.51円で引けた。東証全体の株価も上場基調になってきたようである。この日、食品スーパーマーケットの株価上昇率No.1はサンエーであった。240円高(5.49%)の4610円でひけた。サンエーは1/16、昨年来高値の5700円をつけて以来、2月以降下げに転じ、4500円近くまで下げ続けた。その後、一時盛り返したが、3月に入り、また下げに転じていた。そして、3/13、いっきに値を上げ、4610円となった。

  ついで、No.2の株価上昇率は、東武ストアであり、13円高(4.10%)の330円で引けた。東武ストアはここ数年業績が低迷していたが、2006年2月期は増収増益の予想であり、現在のPERは17.90倍、株価は300円台と上場食品スーパーマーケットの中では低めであり、上昇の期待が込められた株価上昇率といえる。

  No.3はバローであり、150円高(3.16%)の4890円で引けた。バローの昨年来高値は2/7の5100円であるが、3/13の株価は4890円であるので、食品スーパーマーケットの中でも急激な株価の回復が見られる。特に、2/20以降は一本調子で株価が上昇を続けており、投資家からの人気を集めている。

  ベスト4以下ベスト10は、No.4がヤマナカの35円高(2.88%)1250円である。ヤマナカは昨年来高値1340円を1/25につけて以来、株価は下がり2月以降1230円前後で低迷していたが3/13、1250円まで上昇した。No.5は大黒天物産の80円高(2.80%)の2930円である。大黒天物産は食品スーパーマーケットの中では成長性、収益性が抜群であり、現在の2930円はけっして高いとはいえない株価であり、今後も期待できよう。

  そして、No.6はジョイスの30円高(2.65%)の1160円、No.7がアークスの40円高(2.45%)の1667円、No.8はドミーの13円高(2.25%)の589円、No.9は東急ストアの13円高(2.12%)の626円、No.10はマツヤの12円高(2.04%)の600円である。

  また、逆に、食品スーパーマーケットの中で3/13の株価が大きく落ちた企業は、ワースト1がマルミヤストアの-15円(-2.15%)の680円である。マルミヤストアは2/15に昨年来高値の755円をつけて以来下げに転じ、3/9以降の日銀の量的緩和以降も株価にあまり変化がなく、700円前後で推移している。今期業績も増収増益であり、創業以来はじめて年商300億円を越える見込みであり、ここ数年も増収増益であるが、株価はいまひとつ伸びない状況である。

  ワースト2は九九プラスであり、-5000円(-1.85%)の264000円である。九九プラスは今年はじめは450000円前後で推移していたが、その後株価が下がり始め、1月中旬には一旦400000円前後で落ち着いていたが、イオン、ユニー等のまちづくり3法を睨んだ新業態開発の発表がなされるとさらに株価が下がりはじめ、2月の中旬には300000円付近まで下落した。現在、250000円強でもみ合っている状況である。

  そしてワースト3はオオクワ-22円(-1.33%)の1627円であるが、オオクワは3月に入り、株価はほぼ一本調子で上昇しており、3/13は-22円の下げであったが、一時的なものといえよう。

  以上が食品スーパーマーケットの3/13の株価上昇率ベスト10およびワースト3であるが、バロー、大黒天物産のように今期の業績予想が良い企業に加え、東武ストア、ドミー、東急ストアのように株価が比較的低い値頃な株に買いが集中している傾向がある。また、ワーストについては九九プラスのように明確な要因がある場合もあるが、3/13の下げは一時的な下げのケースが多いといえ、総じて食品スーパーマーケットの株価は上昇基調に入ったといってよさそうである。

March 14, 2006 in |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット、最新の株価状況(20060313)!!:

Comments

明日、3/20のブログをご覧下さい。

BSEと鮮魚消費への影響についてというテーマの予定です。

Posted by: PI研 鈴木 | Mar 19, 2006, 10:02:07 PM

いつも参考にさせて頂いております。今後の魚喜、魚力はどうなりますか?BSEなどを考えると期待出来ると思うのですが。。。

Posted by: ロータス | Mar 19, 2006, 7:13:06 PM

Post a comment