« 原信ナルスホールディングス、スタート! | Main | ウォールマートの陰、日経で3回に渡って連載! »

April 07, 2006

平和堂、2006年2月期決算、営業、経常ベースで増収増益に!

  4/4、平和堂から2006年2月期の決算短信が公表された。売上3946億円(105.0%)、営業利益128億円(104.1%:売上高比3.24%)、経常利益127億円(107.1%)、当期利益23億円(46.3%)であった。営業ベース、経常ベースでは増収増益であったが、当期利益ベースでは46.3%となった。これは減損会計の適用によるものである。

  これを受けての4/4の平和堂の株価はプラスマイナス0の2645円で引けた。平和堂の株価は3月に入り株価が上昇し始め、ここのところ2600円前後でもみあっていた。4/4の株価も午前中は急上昇し、後場に入り、一時2690円まで跳ね上がったが、後半に入り、売りが増えはじめ、2645円となった。ただ、売買高は通常の2倍の10万株弱の取引となり、投資家の関心の高さがみられた。

  今期、2007年2月期であるが、売上4080億円(103.3%)、経常利益146億円(114.9%:売上高比3.57%)、当期利益73億円(317.3%)と、増収大幅増益の予想であり、特に、減損会計が一段落するので、当期利益は大幅な増益となる予定である。

  さて、2006年2月期の平和堂の営業概況であるが、平和堂はGMSタイプの店舗も多く、食品売上構成比が54.6%と食品スーパーマーケットと比べると若干低い。衣料品が19.6%と約20%あり、衣料品の構成比が高く、住関連も15.7%と食品スーパーマーケット平均の7~8%と比べると2倍あるのが特徴である。特に衣料品は荒利率が34.0%と食品の27.2%と比べ5ポイント以上高く、全体の粗利を押上げているのが現状である。また、売上の前年比を見てみると、食品101.2%、衣料品100.6%、住関連99.5%と、やや住関連が苦戦したといえる。また既存店については、衣料品のみ100.6%と100%を越えたが、その他の部門はいずれも100%を下回った。現在、ほとんどの食品スーパーマーケットが既存店は昨年対比100%を割っているが、平和堂も既存店に関しては厳しい状況といえる。

  さらに、既存店の客数、客単価につていは、客数100.1%、客単価99.5%であり、客単価が若干昨年を下回っている。客単価の中身である、PI値、平均単価については、PI値が101.3%、平均単価が98.3%であり、平均単価を下げて、PI値のアップを図ったが、残念ながら、客単価が99.5%となってしまった。また、既存店の中の食品スーパーマーケットだけで見てみると、客数101.0%、客単価98.1%と客数は100%を上回ったが、客単価が伸び悩み、結果、売上が99.6%と、若干、昨年を下回ってしまった。PI値は100.8%、平均単価は97.3%であり、平均単価を思い切って下げたにもかかわらず、PI値が100.8と伸び悩み、客単価が昨年を下回ったといえる。ここ数年、滋賀県では、ユースストア、ベイシア、イズミヤのスーパーセンター、ハズイのNSC新店と矢継ぎ早にスーパーセンター、NSCの出店があり、その競争の厳しさが、今期の数字には特に、平均単価に表れているといえよう。

  新店に関しては、今期5店舗の食品スーパーマーケットであるフレンドマートを出店するとともに、SSMタイプのアルプラザを2店舗改装し、1店舗を閉鎖している。全店89店舗であるので、スクラップ&ビルドという観点から見ると、閉店1店舗、新店5店舗であり、差引き、4店舗の増加であるので、約5%の増加数となり、やや抑制された新店戦略といえよう。今期についても、新店は5店舗の予定であり、やはり、安定成長を目指した経営戦略といえよう。平和堂の成長戦略は新店戦略によるよりも、最近では昨年9月に岐阜のヤナゲンを傘下に入れるなど、M&A戦略を重視しはじめたといえる。食品スーパーマーケット業界も業界再編成の時代に入った現在、平和堂も今後の成長戦略はM&Aが大きなポイントとなりそうである。

  平和堂は今期、食品スーパーマーケット業界としてはじめての年商4000億円台となる可能性がある。ライフ、イズミ、イズミヤ、フジ、マルエツとここ数年で年商4000億円台となる可能性の高い企業の中では、最初に年商4000億円の壁を越える可能性が高くなったといえよう。

« 原信ナルスホールディングス、スタート! | Main | ウォールマートの陰、日経で3回に渡って連載! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« 原信ナルスホールディングス、スタート! | Main | ウォールマートの陰、日経で3回に渡って連載! »