« マックスバリュ東海のマーチャンダイジング戦略! | Main | 食品スーパーマーケット、先週の株価(20060331)! »

April 02, 2006

家計調査月報、2月度速報! 週末商品を分析する!

  2006年2月度、家計調査月報が3/31、総務庁統計局からやっと公表された。家計調査月報は平成12年から平成18年まで、7年間の月別データが公開されており、時系列に過去の推移を把握するには大変役に立つ統計資料である。また、毎月、日別データも公表されており、日々の動向をしる上でも重要な資料である。今回は、その日別データを用いて、2月1日から2月28日までの日々のデータの中から、週末、土日のみのデータをピックアップし、週末、食品スーパーマーケットとして強化すべき商品群をまとめてみたい。

  まず、食品スーパーマーケットの取り扱い商品の食料品の推移であるが、この数字には外食も含まれており、外食を除外する必要がある。1日あたりの食品の平均金額は食品のみでは1923円であり、外食も含めると2283円となる。したがって、差引き、外食には360円が平均して消費されていることがわかる。この食品への平均消費額1923円のうち、週末である土日の平均消費指数を2月度で見てみると、108.4%であり、ほぼ土日は10%弱消費金額が跳ね上がることがわかる。食品スーパーマーケットでいう客単価が約10%週末はアップするということになる。

  そこで、この週末に特に跳ね上がる商品群を2月度の家計調査月報からみてみたい。全体では約110%弱であるが、130%以上週末に跳ね上がる商品が何と10品ある。この指数を仮にここでは週末指数と呼ぶが、2月度の週末指数No.1商品は粉ミルクであった。週末指数148.4%である。1日当りの消費額、食品スーパーマーケットでいう客単価は3円とけっして大きくはないが、週末指数は全商品の中で最高の商品であった。2/12(日)、2/19(日)は少し低いが残りの週末は150%以上の数字がほとんどであり、2/11(土)は238.0%と通常の約3倍の週末指数である。No.2は貝のかきである。週末指数142.9%と140%を越える週末指数である。この2品が140%を越える週末指数の商品である。かきについては季節的な要素も多分にあると思うが、週末は特に消費額が跳ね上がるという特徴がある。ただ、季節商品だけあって、2月度の前半は150%から200%で跳ね上がっているが、後半の週末は100%強であり、2月中旬までの週末指数の高さが特徴である。

  No.3の週末指数は、アイスクリーム・シャーベット137.5%である。冬であるにもかかわらず、週末はアイスクリームの消費額が跳ね上がるのが特徴であり、毎週、週末はきれいに140%前後の週末指数で推移している。No.4はやきとりの136.9%、No.5は発泡酒の13.6.8%、No.6がかにの135.6%、No.7がビールの135.0%、No.8が同率でケイキの135.0%、No.9がワインの133.1%、そして、No.10が牛肉の132.1%である。以上が、週末指数130%を越える商品群であり、ちょうど10品となる。この中で、酒類が発泡酒、ビール、ワインと健闘しているのが目立つ。大分類でみても酒類は週末指数トップであり、133.3%である。ちはみに、大分類では、No.2が貝類の121.1%、No.3がコーヒー・ココア118.6%、No.4がめん類115.6%、No.5が生鮮肉115.3%である。

  次に、2月度週末指数が120%以上の商品を見てみると、つゆ・たれ (128.9%)、焼ちゅう(128.7%)、さしみ盛合わせ(127.6%)、茶飲料(127.0%)、まんじゅう(126.7%)、即席めん(125.7%)、炭酸飲料(125.4%)、コーヒー飲料(125.2%)、カップめん(124.9%)、清酒(123.5%)、カレールウ(122.8%)、ソース(122.5%)、中華めん(121.0%)、せんべい(120.2%)の14品である。

  さらに、もうひとつランクを下げ、2月度の週末指数115%以上の商品を見てみると、弁当(119.4%)、たこ(118.9%)、もち(118.8%)、おにぎり・その他(118.7%)、はくさい(117.8%)、調理パン(117.8%)、えび(117.5%)、カステラ(117.5%)、砂糖(117.2%)、チョコレート(117.0%)、いちご(116.0%)、コーヒー(116.0%)、生しいたけ(115.0%)の13品である。

  このように、商品の中にはあきらかに週末指数の極めて高い商品があることは2月度の最新の家計調査月報をみても、明らかであり、食品スーパーマーケットとしても週末強化の場合は商品群を慎重に選定し、ちらし、インプロ等の販促はもちろん、商品づくり、棚割り、レイアウト等についても週末マーチャンダイジングを確立することがポイントである。

« マックスバリュ東海のマーチャンダイジング戦略! | Main | 食品スーパーマーケット、先週の株価(20060331)! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 家計調査月報、2月度速報! 週末商品を分析する!:

« マックスバリュ東海のマーチャンダイジング戦略! | Main | 食品スーパーマーケット、先週の株価(20060331)! »