« レシート分析と顧客指向 | Main | 青果市場、鮮度競争の時代へ! »

May 28, 2006

食品スーパーマーケット、先週の株価(20060526)

 連休明け以来下がり続けていた株価であったが、5/26、日経平均が反発した。この日、277.01円(1.77%)アップの15,970.76円で引けた。前日の欧米市場の上昇に加え、アジア市場の株価が堅調であったとのことで、この日の日本の市場にも買いが入ったという。連休前は17,000円を越えていた日経平均株価であったが、その後、先先週には16,000円を割り込み、先週は一時15,500円まで下がったが、この数日、先週の後半ぐらいから少し上がりはじめ、先週末には16,000円寸前まであがった。ただし、小売業界全体は東証一部で見る限り、騰落率が全33業種中30位の0.66%であり、厳しい株価が連休後も続いているといえる。

  小売業界の上場企業は現在、約400社であり、その内、約50社が食品スーパーマーケットである。この日、食品スーパーマーケットでNo.1の上昇率の企業は九九プラスであった。前日比8,000円(4.65%)高の180,000円で引けた。九九プラスは今年のはじめから株価は下がり基調で推移し、先先週までは株価が下がり続け、12,000円台まで下げていた。しかし、先週に入り、株価が反発し、5/22、16,000円といっきにあがり、その後徐々に値をあげ、5/26は18,000円となった。先週はまちづくり3法のひとつ都市計画法の法案も成立し、中心市街地の活性化の中心企業となる可能性への期待と、ここのところ青果の相場高が続き、100円の値頃感が見直され、客数増につながるのではという期待からの買いといえよう。

  食品スーパーマーケットNo.2の株価上昇率は北海道のアークスである。70円(4.53%)高の1,615円で引けた。アークスも連休明け、株価を下げ、一時1,500円付近まで下げたが、先週に入り、株価が上がりはじめ、5/24、5/25、5/26と3日間株価が上昇し、特に5/26は大きく株価が上昇した。特に5/26はアークスの2006年2月期の有価証券報告書も公表され、売上、当期利益ともに約110%の増収増益の好決算であったため、買いがより入ったものといえよう。

  そして、食品スーパーマーケットNo.3は山口の丸久である。39円(3.90%)高の1,039円で引けた。丸久は3月末は750円前後の株価が連休明けまで一本調子に株価が上昇し、一時、1,200円まで株価をあげ、食品スーパーマーケット業界の中でも注目の企業であった。しかし、先先週から少し株価が下がりはじめ、1,000円前後でもみ合っていた。そして、先週に入ると少し、株価が持ち直し、先週後半には株価が少し上昇に転じ、5/26、1,039円となった。丸久の業績は2006年2月期、売上105%、営業利益113.5%、経常利益121.3%、当期利益122.1%と絶好調であり、来期の予想も売上103.8%、経常利益105.6%と健全な成長が期待される。

  食品スーパーマーケット、No.4はマルヤ、27円(3.50%)高の797円、No.5がマツヤ、13円(2.28%)高の583円であった。No.6はフジ、34円(1.87%)高の1,852円、No.7がユーストア16円(1.75%)高の928円、No.8が天満屋ストア13円(1.22%)高の1,075円、No.9がカスミの9円(1.17%)高の778円、そして、No.10がイズミヤの10円(1.08%)高の933円だった。以上がベスト10であるが、総じて、株価がここ最近上がっている企業ではなく、5/26のみ買いが入り、株価を上げた企業である。

  上記以外の食品スーパーマーケットで特徴的な株価であった企業はバローである。バローの株価はこの日-145円(-5.24%)と下げ率が下位の方となる2,620円であった。しかし、バローの株価は5月の初めの2,300円前後から現在までほぼ上昇傾向にあり、この日は下げたが、前日の5/25は年初来最高値を更新している。食品スーパーマーケット業界全体が連休明け以降にぶい動きであるが、バローの動きには今後とも注目といえよう。

  ちなみに、まちづくり3法の成立で最も影響を受ける可能性の高いPLANTは-6円(-0.69%)と900円を割り、855円となり、年初来最安値を更新した。また、イオンはこの日40円(1.59%)高の2,545円であったが、4月は3,000円であった株価の下げが4月、5月と止まらず、連休明けも下げ続け、5/24には年初来最安値となる2,470円をつけた。現在2,500円前後でもみ合っているが厳しい株価である。

  このように先週の日経平均は反発し上昇したが、小売業、とりわけ、食品スーパーマーケット業界の株価はまだまだ上昇基調にはほど遠く、一部の企業を除き、厳しい株価がしばらく続きそうである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート

« レシート分析と顧客指向 | Main | 青果市場、鮮度競争の時代へ! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット、先週の株価(20060526):

« レシート分析と顧客指向 | Main | 青果市場、鮮度競争の時代へ! »